海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.480フランス北部の郷土料理、今日の主役はウ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月14日

No.480フランス北部の郷土料理、今日の主役はウェルシュ!


No.480フランス北部の郷土料理、今日の主役はウェルシュ!

交通網が発達した現代でも、フランスでは、地方料理が健在です。


フランス北部を例にとると、牛肉のビール煮であるカルボナード(Carbonnade)だとか、


480-1.JPG

フランドル風カルボナード


特産チーズを使ったマロワル・タルト(Flamiche au Maroilles)だとか、


480-2.JPG

マロワルチーズを使ったタルト


お肉の煮凝りのようなポチェフレシュ(Potjevleesch)だとか、


480-3.JPG

ポチェフレシュ


はたまたムール貝にポテトフライを付け合せるムール・フリット(Moules frites)だとかが挙げられます。


480-4.JPG

ムール・フリット


そうして、今日の主役ウェルシュ(Welsh)もそんな郷土料理のひとつ。
名前を見てもわかるように、おそらく英国から渡ってきたと思われるこの料理、材料もその推測を裏付けるもので、チェダーチーズがふんだんに用いられます。


480-5.JPG

ウェルシュ


色んなレシピが存在するようですが、基本は、溶かしたチェダーチーズとビール、マスタードを混ぜ、これを、トーストしたパンとハムの上にたっぷりとかけて、オーブンで焼くというもの。上に卵を載せることも多いようです。


ご想像通り、相当に「重い」料理で、ダイエットには向きませんが、健全な青少年は、時折無性に食べたくなる(らしい)料理のひとつです。


なぜ今日はウェルシュが主役なのかというと、実は、先週末2/10、リル(リール)のパブレストラン、ル・シルク(Le Cirque) で、ウェルシュのレシピを競うコンクールが開かれたからです。


競い合ったのは、料理のプロではなく、市井の6人。それぞれのレシピによるウェルシュを、審査員と観客それぞれが試食して投票した結果、審査員賞はウォリーに、パブリック賞はルイに決まりました。彼らのウェルシュは、4月27日から同レストランのメニューに載る予定だそうです。


ル・シルク(Le Cirque)


住所:130 rue des Postes, Lille
営業時間:月曜~土曜:12時~0時(金曜は1時、土曜は2時まで)ただし、料理は22時まで(土曜は21時半まで)
日曜:18時~0時(料理は21時半まで)
最寄り駅:メトロGambetta駅


また、リルの隣町ヴィルヌーヴダスクには、ウェルシュの味で知られたレストランも存在するので、下に紹介しておきましょう。


ラ・メゾン・コミュヌ(La maison commune)


27 place dela république, 59650 Villeneuve d'Ascq
営業時間:月曜~木曜12時~20時、金曜12時~22時
定休日:土日


上に挙げた料理、どれも飲み物はビールが一番良く合います。北の料理には北のビールを合わせてお楽しみください。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2019年2月14日
« 前の記事「No.479ベルギーゼネストのお知らせ」へ
»次の記事「No.481統計に教わる極意:航空券安く買うなら〇曜日!乗るならX曜日!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.580フランス北部リル、星つきホテル1泊€30からのキャンペーン(住民限定)
No.579フランスの父の日、意外なルーツ?
No.578リルのピアノフェスティヴァル、今年はYouTubeで!
No.577フランス人が連休明けを心待ちにする理由とは?
No.576なじみのあの店も?!新型コロナウイルスで存続の危機
No.575フランス北部オープンしたビーチ一覧
No.574フランスの母の日:なぜ2020年は6月なの?
No.573フランス北部5月11日以降も開かないショッピングセンターは?
1年前の同じ月に投稿された記事
No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい
No.407リールの町中五つ星ホテルは500年の歴史をもつ施療院
No.406パリ近郊列車2/15のストについて
No.405小食でも菜食主義でもコース料理OK!リールのお勧めレストラン

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集