海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.482これが最後になるかも?夏時間への切り替...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月20日

No.482これが最後になるかも?夏時間への切り替え


No.482これが最後になるかも?夏時間への切り替え

ヨーロッパの国のほとんどは、1998年から3月最後の日曜と10月最後の日曜のグリニッジ標準時1時AMに冬時間と夏時間の切り替えを行っています。
フランスも例外ではなく、来月3月30日(土)と31日(日)の間の2時=3時になります。つまり、睡眠時間がいつもより1時間短くなるわけです。


482.jpg

ここまで読んで、
あれ?まだ2月なのに、まだ一ヶ月も先の話を、なぜ今頃書いているの?と思った方、


それには理由があります。実は、現在フランスでは国民議会が「夏時間冬時間切り替え」についての国民意識調査の真っ最中(3月3日まで)。そうして、もしかしたら夏時間冬時間の切り替えは、この3月が最後となるかもしれないのです。
というのも、スケジュール通りに進めば、欧州連合(UE)に属する国々は、2019年4月中に、それぞれの国の時間をどうするかを決めることになっているからです。


EU28か国のタイムゾーン


ちょっとおさらいすると、
今現在ヨーロッパ28か国は、3つのタイムゾーンを使っています。
グリニッジ標準時(UTC)との差で並べると、冬時間使用時には、次の通り。


UTC+0:アイルランド、ポルトガル、イギリス。

UTC+1:スペイン、フランス、イタリア、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、デンマーク、ドイツ、ポーランド、オーストリア、スロヴェニア、クロアチア、スロヴァキア、チェコ、ハンガリー、スウェーデン、マルタ。

UTC+2:ブルガリア、キプロス、エストニア、フィンランド、ギリシア、リトアニア、ラトビア、ルーマニア。


フランスは、現在冬時間ではUTC+1時間。夏時間になるとUTC+2時間となるわけです。


フランスとイギリスは同じタイムゾーンだった


ところで、フランスがこの時間を使うようになったのは、1940年からのこと。それ以前は、UTC+0であるイギリスと同じ時間を使っていました。


では、1940年には何があったのか?


実は、フランス北半分を占領したドイツが、ドイツ時間(UTC+1)を導入したというのが真相です(参照:No.22
そのため当時は、フランス国内の占領地域と自由地域に1時間の時差がありました。


1944年パリが解放され、ドイツのフランス占領はなくなりますが、なぜか、時間はドイツ時間の方に合わせ、今に至っています。


切り替え廃止後は?


時間変更が廃止になった場合、現在の冬時間(UTC+1)を選ぶか、夏時間(UTC+2)を選ぶかは、それぞれの国の判断にかかっています。


フランスの場合、もし冬時間を一年中使うことになると、夏の夜、フランス北部では夜9時には日没を迎えることになります(夏時間なら夜10時過ぎ)。逆に夏時間を一年中使うことになると、冬の朝は10時近くまで暗いままという計算になります。


もともと夏時間は、経済的効果を期待して導入されたものですが、最近の研究では、それほど大きな効果はないという報告もされています。また、毎年2回の時間切り替えで身体の調子を崩す人も多く、統計でも心臓発作や交通事故数の増加が明らかになっています。


ここは是非とも1年を通しての影響を鑑み、賢い選択で、フランスの時間を定めてほしいところです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2019年2月20日
« 前の記事「No.481統計に教わる極意:航空券安く買うなら〇曜日!乗るならX曜日!」へ
»次の記事「No.483パリ・オルリー空港ターミナル変更のお知らせ」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.580フランス北部リル、星つきホテル1泊€30からのキャンペーン(住民限定)
No.579フランスの父の日、意外なルーツ?
No.578リルのピアノフェスティヴァル、今年はYouTubeで!
No.577フランス人が連休明けを心待ちにする理由とは?
No.576なじみのあの店も?!新型コロナウイルスで存続の危機
No.575フランス北部オープンしたビーチ一覧
No.574フランスの母の日:なぜ2020年は6月なの?
No.573フランス北部5月11日以降も開かないショッピングセンターは?
1年前の同じ月に投稿された記事
No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい
No.407リールの町中五つ星ホテルは500年の歴史をもつ施療院
No.406パリ近郊列車2/15のストについて
No.405小食でも菜食主義でもコース料理OK!リールのお勧めレストラン

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集