海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.486パリで50余年ぶりにツタンカーメン秘宝...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月15日

No.486パリで50余年ぶりにツタンカーメン秘宝展開催!


No.486パリで50余年ぶりにツタンカーメン秘宝展開催!

ツタンカーメンの墓発掘からもうすぐ100年


古代エジプト第18王朝のファラオのひとりトゥト・アンク・アメン。ツタンカーメンという表記で、より広く知られます。B.C.1340年頃生まれ、20年に満たぬ短い一生を終えたこのファラオの墓が、考古学者ハワード・カーターにより発見・発掘されたのは、今からおよそ100年前、1922年のことでした。盗掘をほとんど受けていなかったツタンカーメンの墓からは、数多くの副葬品が見つかり、その宝物の数々は、世界中の人々を沸かせました。


発掘からちょうど100年後にあたる2022年には、エジプト、ギゼーに、大エジプト博物館が完成し、これらの発掘物はすべてそこに納まることが決まっています。この博物館完成を待つ間、ツタンカーメンの秘宝の数々が、エジプト国外で展示されることになりました。エジプト国外に持ち出されるのは、ひょっとするとこれが最後となるかもしれないということで、世界の注目を浴びています。


486-1.jpg

ツタンカーメン、ファラオの秘宝展ポスター


パリで「ツタンカーメン、ファラオの秘宝」展


フランスでは、パリ北東部のラ・ヴィレットにあるグランド・アールで、来週3月23日から、9月15日まで『ツタンカーメン、ファラオの秘宝(TOUTANKHAMON, Le trésor du Pharaon)』展として、これらの秘宝から150点以上が展示されます。


パリでツタンカーメンの墓の埋葬品が展示されるのは、50数年ぶりのこと。1967年の展覧会には、なんと120万人もの見学者が集まったそうです。。


とはいえ、前回とはまた異なるアプローチとなる今回の展覧会。展示物も同じではなく、今回初めてエジプトの外に持ち出された秘宝も含まれます。例えば、下の写真の像。


486-2.jpg

警戒態勢をとるツタンカーメン王像, B.C.1336-1326


これはツタンカーメン王を象った等身大の像です。肌の黒さはナイルの肥沃さと、永遠の命への甦りを象徴し、金色は太陽と、王の神性を表しています。


また、ツタンカーメンと王妃アンケセナーメンの様子を刻んだ黄金の木製ナオス(祠堂)や、ツタンカーメン王を象ったミニチュア像のカノプス(ミイラ化の施術を行う際、取り出される臓器を収める器)も、注目に値します。ポスターに見られるのがカノプスの写真です。


486-3.jpg

ツタンカーメン王と王妃アンケセナーメンの様子を描いたナオス, B.C.1336-1326


ルーヴルと古代エジプト学


今回の展示は、エジプト考古学に造詣の深いルーヴル美術館の協力も得ており、ルーヴル美術館からも、「ツタンカーメンを守護するアモン神」の像など、貴重な展示物が加わっています。


もともと古代エジプト学というのは、ヨーロッパで培われた面があります。上述したように、ツタンカーメンの墓発掘も、英国人考古学者によるものでしたし、それに先立ち、1822年ヒエログリフを解読したのも、フランス人ジャン=フランソワ・シャンポリオンでした。ルーヴル美術館の古代エジプト学部門は、まさにシャンポリオンによって設立されたものなのです。それらを考え併せれば、パリで古代エジプトの造詣を深めるのにも、意味があることに思えます。


事前の予約は必須ではありませんが、ネット予約をした方がスムーズな見学が望めるかと思います。また、フランスの学校の休みの時期や週末は値段も高いので、できれば、平日を選んでお越しください。詳細は下をご覧ください。


「ツタンカーメン、ファラオの秘宝(TOUTANKHAMON, Le trésor du Pharaon)」展


会期:2019年3月23日~9月15日
場所:ヴィレットのグランド・アール(Grande Halle de la Villette)
住所:avenue Jean Jaurès, 75019 Paris
開場時間:毎日10時~20時
オンラインブッキング:www.expo-toutankhamon.fr
会場でのチケット売り場:10時~19時
入場料:大人ひとり22ユーロ、週末・祝日やCゾーンの学校休みは24ユーロ


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 文化・芸術・美術
2019年3月15日
« 前の記事「No.485第二回ヴィデオ・マッピング・フェスティバル開幕のお知らせ!」へ
»次の記事「No.487実はベルギーでは珍しい!無料で水道水を出してくれるレストラン」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.515 Skytrax 2019年世界の航空会社ランキング発表!
No.514パリの公園52か所、6月8日から喫煙禁止に!
No.513フランス北部:アールデコを巡るおはなし、あれこれ
No.512パリで観る!自らのルーツと向き合う《イナバとナバホの白兎》
No.511ノルマンディ上陸D-Dayから75年の記念式典開催
No.510パリのサン・ジャック塔、夏期のみの見学始まりました!
No.509フランス国鉄6月4日ストのお知らせ
No.508フランス人の好きな村1位に輝いたフランドル地方のカッセル、観光客が倍増!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.412仏スト続報:新たな日程+払い戻し方法
No.411今年もあります!エマウス春の大市!
No.410今週末(3/23-24)は、リールのマッピングフェスティバルへ!
No.409フランス2018春のスト情報まとめ

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/6/20更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集