海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.490フランス、夏・冬時間廃止後のタイムゾー...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月24日

No.490フランス、夏・冬時間廃止後のタイムゾーンの行方


No.490フランス、夏・冬時間廃止後のタイムゾーンの行方

No.482 にも書いたように、今週末2019年3月30日(土)と31日(日)の間に、ヨーロッパでは、冬時間から夏時間への切り替えがされます。
夏時間になる時は、時刻を進めることになるので、夜中の2時が3時となります。つまり、いつもと同じ時間に起きるとすれば、睡眠時間が一時間減るわけです。


482.jpgのサムネイル画像


ところで、上述のNo.482に書いたように、2018年夏のヨーロッパでの調査を経て、同年9月、欧州委員会は、「夏時間/冬時間の切り替えは廃止するべき」と明言。そのうえで、通年使うタイムゾーンは各国が選ぶべしとしました。


それを受け、フランスでは、今月頭まで、国民にアンケート調査が行われました。210万人が回答したというこのアンケート結果は次の通り。


・回答したフランス人のうち83.71%が、夏時間/冬時間の切り替え廃止に賛成。
・どのタイムゾーンを選ぶかという質問には、59.17%が夏時間、と返答。


とはいえ、この結果に危機感を抱く専門家も少なくありません。
例えば、フランス国立保健医学研究所リヨン研究所所長である神経生物学者クロード・グロンフィエ(Claude Gronfier)氏は、20Minutes紙のインタビュー に答え、夏時間の通年適用がいかに心身に悪影響を及ぼすかを説明しています。


一言でいえば、太陽の巡る時間により合っているのは冬時間なので、そちらの方が、心身への負担も少ないというのがその理由です。


統計データをまとめているStatista も、下のようなグラフィックを公開しています。これは、夏時間を適用した場合、それぞれの都市で12月21日の日の出と日の入り時間が何時になるかを明らかにしたものです。


Infographie: Heure d'été : quelle conséquence sur nos journées d'hiver ? | Statista Vous trouverez plus de infographies sur Statista


これを見ると、例えば、パリでは日の出が9時41分、日の入りが17時56分。ブルターニュのブレストでは、日の出が10時6分、日の入りが18時25分。単純計算しても、日が最も高くなるのが、14時過ぎというずれた時間であることがわかります。


わが北部リールでは日の出が9時46分。冬時間であれば8時46分ですが、それでもすでに真っ暗な朝は気がめいりがちですから、それがさらに一時間も遅くなるとなると想像するだけでかなりなストレスです。
実際、同教授も、日の出が遅いと、季節性鬱などを誘発しやすいと述べています。つまり、日照時間が少ないということだけでなく、朝が暗いということが、心身の健康へはダメージとなるのです。


Internaute誌の記事 によれば、欧州委員会は、最終的なタイムゾーンの適用実施を2021年までにと考えています。それまでに、メディアや公的機関による啓蒙が進み、賢明な判断が下されることを祈りたいものです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2019年3月24日
« 前の記事「No.489目前に迫ったブレグジット、フランス北部に見える影響」へ
»次の記事「No.491今年70周年を迎えるエマウス、春の大市開催!」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.500今週末はドゥエでヴィデオ・マッピング!
No.499フランス北部の巨人ガイヤン、ハリウッドデビュー!
No.498パリ・ノートルダム寺院に寄付できるメダルの買い方、教えます!
No.497これからはアップ↑で楽しもう!連休のパリでアップサイクリングを満喫!
No.496フランスAccroLille地上10メートルの高さを散歩するコース誕生!
No.495ヨーロッパ、五月の旅なら、お薦めはこの国々!
No.494オスピス・コンテス博物館で「職人技の週末」を!
No.493パリ、パンテオンのドーム一般公開が始まりました!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.412仏スト続報:新たな日程+払い戻し方法
No.411今年もあります!エマウス春の大市!
No.410今週末(3/23-24)は、リールのマッピングフェスティバルへ!
No.409フランス2018春のスト情報まとめ

フランス ツアー最安値


2019/4/24更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集