海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.499フランス北部の巨人ガイヤン、ハリウッド...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月23日

No.499フランス北部の巨人ガイヤン、ハリウッドデビュー!


No.499フランス北部の巨人ガイヤン、ハリウッドデビュー!

フランス北部の町ドゥエ(Douai)の鐘楼とカリヨン


フランス北部の町ドゥエは、リル(リール)から30kmほど南方に位置します。


499-1.JPG

美しいドゥエの鐘楼©Kanmuri Yuki


その歴史は古く、1188年以前にはすでに自由都市としての地位を獲得していたことが知られています。自由都市の象徴であった鐘楼は、1380年から1475年までほぼ一世紀を掛けて完成したもので、UNESCO世界遺産「ベルギーとフランス北部の鐘楼群 」の一つでもあります。


ドゥエの鐘楼には、1391年からカリヨンが設置されています。カリヨンというのは、音色の違う鐘を打ち鳴らして弾くもので、ドゥエのカリヨンの鐘の数は62と、フランス国内では5番目の規模を誇ります。すべての鐘を合わせると18トンというとてつもなく重い楽器です。ドゥエのカリヨンの一番大きな鐘にはジョワイユーズという名がつけられていて、その重さは5.5トンだそうです。


499-2.JPG

ドゥエの鐘楼内にあるカリヨン©Kanmuri Yuki


カリヨンのある多くの町がそうであるように、ドゥエでも、15分おきにそれぞれ異なるカリヨンの自動演奏が聞かれます。カリヨンって、どんな音?という方!
こちらのドゥエ市のサイト から、試聴ができます!


また、土曜日10時45分には、カリヨン奏者の生の演奏が約20分ドゥエの町に鳴り響きます。土曜日ドゥエにお越しの方は、是非耳を澄ませてみてください。

ドゥエの巨人、ガイヤン


さて、前置きが長くなりましたが、ここからいよいよ本題です。
このドゥエの魂ともいえるのが、巨人(ジェアン)、ガイヤンです。


499-3.JPG

フランス北部のジェアンたち(*注*ガイヤンではありません)©Kanmuri Yuki


フランス北部に特徴的なジェアン。この地方では、多くの自治体が、それぞれの巨人(ジェアン)を有していて、伝統的な祭りや、何か町を挙げての行事があると、担ぎ出すのを常としています。普段は市庁舎や大きなホールにしまわれたり飾られたりしているジェアンたちは、一見、日本の神輿のような役割に見えます。とはいっても宗教的な意味合いはなく、あたかも実在する人のように話に上るのを聞くと、「おらが町のスター」という位置づけなんだろうなと感じます。


フランス北部からベルギーにかけてジェアンは数多く存在しますが、ドゥエのジェアン、ガイヤン(Gayant)は、最も有名なジェアンのひとりです。なんといってもその誕生は1530年と、500年近く前のこと。家族も増えて、今では、ガイヤン夫妻に子どもが3人います。


他の町のフェスティバルに出現するジェアンも多い中、ガイヤン一家のお目見えは一年に一度だけ。7月5日以降の最初の日曜日がその日にあたります。
夏の暑い盛り、8.5メートルの高さに370キログラムあるガイヤンを動かして町を練り歩く担い手は6人。マダムは、幾分小柄で6.25メートル250キログラムですが、やはり担い手は6人です。
3人の子どもたちは、更に小さく2.4~3.4メートル、45~80キログラム。しかしながら、子どもの担い手はそれぞれたった一人ずつ!というのですから、これまた重労働です。


担い手となる家は決まっており、その家の子孫がずっと引き継いできているそうです。


500年続く伝統、ガイヤン祭が映画に!


フランス北部ではかなり有名なこのガイヤン祭り(Fêtes de Gayant)ですが、500年間、商業目的に使われたことがないこともあり、フランスでも他の地方ではそれほど知られていません。


ところが、今年2019年の3月、このガイヤンがハリウッドでデビューを飾りました!
というのも、ハリウッドの国際独立ドキュメンタリーコンテストで、ガイヤン祭りを扱った映画『Géant(ジェアン)!』(英語名『Giant!(ジャイアント!)』が賞を取ったのです。
制作したのは、フランス人監督トーマ・デエ(Thomas Deshays)氏。ドゥエ出身のデエ監督は、ニューヨークに住んで7年になるそうですが、最近になって故郷が懐かしくてたまらなくなり、このドキュメンタリー映画製作に踏み切ったのだそうです。


内容は、アメリカ人の友人二人を連れて、ドゥエのガイヤン祭りを訪れ、町や人々に分け入り触れ、発見していくというもの。


下は予告編ですが、これを見るだけでも、ジェアンやガイヤン祭りへの人々の愛情が伝わってきませんか?



ジェアンに出会えるフランス北部の祭


ジェアンの登場する祭りについては、これまでもあちこちで紹介してきました。下に主なものをまとめてみましたので、参考にしてください。


499-4.JPG

ワットルローのジェアンたち©KanmuriYuki


【ワットルローのベルルーフ祭】
開催時期:毎年9月第2週末
関連記事:フランス北部のローカルなお祭り!フランドルの庶民性を楽しむ「ベルルーフ祭」


【トゥルコアンの巨人の週末】
開催時期:フランスBゾーン冬休みの週末(大体2月から3月にかけての週末にあたります)
関連記事:巨人たちがズラリと並ぶ!フランス北部の「巨人の週末」


【コミーヌのおたま歴史祭】
開催時期:10月第2週末
関連記事:おたまをキャッチして幸運をゲット!「コミーヌのおたま歴史祭」


【アラスのアンドゥイエット祭】
開催時期:8月最後の週末
関連記事:No.221今週末はフランス北部アラスでアンドゥイエット・フリット!


【シュテンヴォルドの夏のカーニヴァル】
開催時期:4月末(2019年は4月27-28日)
関連記事:No.143フランドル地方シュテンヴォルド(Steenvoorde)夏のカーニヴァル


【ドゥエのガイヤン祭り】
開催時期:毎年7月5日以降の最初の日曜
関連記事:No.198フランス北部ドゥエで、世界遺産の巨人、ガイヤンファミリーに会おう!


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2019年4月23日
« 前の記事「No.498パリ・ノートルダム寺院に寄付できるメダルの買い方、教えます!」へ
»次の記事「No.500今週末はドゥエでヴィデオ・マッピング!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.419ベルギー・イープル、もうすぐ3年に一度の猫行列!
No.418音楽の福袋!第15回リール・ピアノ・フェスティバル
No.417フランス国鉄スト!代替交通手段は?
No.416ベルクの青空に世界の凧が集まる9日間
No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」
No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて
No.413フランス国鉄スト初日4/3の運行状況+エールフランススト速報

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集