海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.501フランス労働祭に湧く社会宮殿ファミリス...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月28日

No.501フランス労働祭に湧く社会宮殿ファミリステール


No.501フランス労働祭に湧く社会宮殿ファミリステール

5月1日は、労働祭。この日はフランスでは祝日です。


商店や美術館のほか、地下鉄やバスなど公共交通機関もお休みのところが多いので、ご旅行中の方は、どうぞお気を付けください。


501-1.JPG

すずらん売り


誰も働いていないかと思いきや、この日だけあちこちに出没するのが、スズランの花束やさん。この日だけは、許可なくして、誰でも町角でスズランを売ることができます。5月1日のスズランは幸せを運んでくると言われているので、自分のため、大切な人のために小さなブーケを買い求める人が必ず足を止めるのも、毎年恒例の光景です。

フランス労働祭の先駆け


さて、フランスで労働祭が祝日となったのは、比較的最近で、20世紀に入ってからのことでした。けれども、それより前の世紀から、文字通りの「労働祭り」をはじめた人がいます。


それは、自ら傾倒する社会思想の理想郷を作り上げたギーズのジャン・バティスト アンドレ ゴダンです。


501-2.jpg


一番近い高速道路からも30キロメートル離れた静かな町ギーズには、城かと見紛う立派な建物があり、通りかかった人々を驚かせます。これが、ゴダンの作り上げた社会宮殿、ファミリステールです。ゴダンは、このファミリステールのガラス張りの天井を持つ中庭で、労働祭を祝う習慣を作ったのです。


362-6.jpg

1870年当時、ファミリステール中庭で開かれた労働祭


まさに先駆的イベントだったファミリステールの労働祭!


2019年度版ファミリステールの5月1日


これを記念し、21世紀に入ってから、ファミリステールで、5月1日のお祭りが復活しました!今年の5月1日も様々なイベントが予定されています。


501-3.jpg

La Spire ©Jean-Louis Fernandez


屋内外で、展示やサーカスのような大胆なパフォーマンスが繰り広げられ、まるでビエンナーレの賑わいです。ゴダンが築いた劇場でも、劇が演じられます。


501-4.jpg

Transumante©David Dubost


入場料3ユーロは、ファミリステールの見学料も含みますから、もし、初めてファミリステールを訪れるなら、社会宮殿ミュージアムもしっかり見て回る機会です。この日は特別にガイド付きのツアーも複数組まれています。例えば、普段は見ることのできない修復工事中の社会宮殿左翼部分も特別公開されます。


501-5.jpg

祭りに集うファミリステール前の広場©Lucie Nicolas


ギーズのファミリステール(Familistère de Guise)
住所:Place du Familistère 02120 Guise
日時:2019年5月1日10:00~18:00
入場料:3ユーロ、12歳未満は無料


5月1日は、フランス国鉄のSt-Quentin駅から無料の送迎バスが出ます。
行きは11時45分St-Quentin駅発。
帰りは17時30分発。
無料ですが、席数に限りがあるので、要予約です。(予約は電話03 23 61 35 36)


より詳しくは、是非こちらの記事を!


なお、ゴダンの一生と、彼の築いたファミリステールについては、以前、下の記事に詳しくまとめましたので、合わせて読んでいただけると、様子がよりよく分かるかと思います!


まるで宮殿のような労働者たちの共同住宅フランス・ギーズの社会宮殿


No.362ユートピアをかたちにした男:フランス、ギーズのゴダン


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2019年4月28日
« 前の記事「No.500今週末はドゥエでヴィデオ・マッピング!」へ
»次の記事「No.502エッフェル塔公開130年を記念するイベント紹介!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.419ベルギー・イープル、もうすぐ3年に一度の猫行列!
No.418音楽の福袋!第15回リール・ピアノ・フェスティバル
No.417フランス国鉄スト!代替交通手段は?
No.416ベルクの青空に世界の凧が集まる9日間
No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」
No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて
No.413フランス国鉄スト初日4/3の運行状況+エールフランススト速報

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集