海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.505フランス北部で味わう、ポルトガル伝統パ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月27日

No.505フランス北部で味わう、ポルトガル伝統パステイス・デ・ナタ!


No.505フランス北部で味わう、ポルトガル伝統パステイス・デ・ナタ!

フランス北部の町リル(リール)を訪れた人が、かならず観光に訪れるのが旧市街(Vieux-Lille)。モネ通り(rue de la Monnaie)は、その旧市街のメインとなる通りです。石畳の道の両脇に並ぶ古い建物には、ちょっと一味違うと唸らせるブティックやレストランが並びます。


505-1.JPG

リル旧市街モネ通り


そのモネ通りに今月(2019年5月)新しく登場したのが、Dona Bica(ドナ・ビカ)。ずばり、ポルトガルの伝統菓子パスティス・デ・ナタの専門店です。


505-0.jpg

ドナ・ビカのパステル・デ・ナタ ©Lille City Crunch

店主はリスボン出身のパウロ・マーティンス(Paulo Martins)さん。


505-2.jpg

パウロ・マーティンスさん©Vozer Lille


パウロの経歴はちょっと変わっていて、経済学のマスター取得後、投資バンクで5年間働きました。ファイナンスの仕事も気に入っていたそうですが、いつかは独立して、誇りとできる仕事をしたいと考えてきたそうです。
そこで、2017年にポルトガルの製菓を学びなおし、実際にパティスリー店でパステイス・デ・ナタなどのお菓子職人として働く経験を積み、一日に3000個ものパステイスを作っていたそうです。


505-3.jpg

出来立てのパステイス・デ・ナタたち©Lille City Crunch


なぜリルに開店したかというと、それは、リルが彼の愛妻の町であるからにほかなりません。


ドナ・ビカでは、客の目の前でパステイスを作り、温かいお菓子を供します。コーヒーやカプチーノと一緒に味わう場所もあります。昼食時には、サンドイッチやサラダなどの軽食も取れるように整備中とのこと。


次にリル旧市街へいらっしゃる時は、ポルトガル本場の味を是非ご賞味ください。


505-4.jpg

Dona Bica ©Vozer Lille


【ドナ・ビカ(Dona Bica)】


住所:14 rue de la Monnaie, 59800 Lille
開店時間:火曜~土曜の13:30~18:30と、日曜の13:00~18:00
定休日:月曜
URL: https://donabica.com/
Facebook: https://www.facebook.com/donabica.pasteis/

ついでに言えば、私が旅したヨーロッパの国々の中でも、ポルトガルは、リピートして訪れたいと思う国の上位に位置します。何しろ人が穏やかで親切。魚介類が新鮮で、手付かずの自然が多く残っている、というのがその理由です。ちょっとマイナーながら、美しい南西部の海辺については、最近こちらの記事 にまとめましたので、よろしければご覧ください。


フランス北部からは遠く思うかもしれませんが、近頃では、リルのレカン空港 からリスボン、ポルト、ファロなどへ直通の飛行機も多く飛んでいて、下手をすると、国内の田舎町へ行くよりも手軽に早く、ポルトガルへ行けたりするのですから、面白いものです。


(冠ゆき)


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ レストラン・料理・食材
2019年5月27日
« 前の記事「No.504カンヌ国際映画祭レッド・カーペットの行方」へ
»次の記事「No.506現代のシャンポリオン募集!仏ブルターニュ岩に刻まれた謎の文字」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.548フランス交通機関12/5から無期限ストの可能性高まる
No.547ノエルの季節到来! パリ・プランタンのクリスマス・ショー・ウィンドウ開幕!
No.546 マリー・アントワネット最期の76日に寄り添ったロザリーの話
No.545フランス国鉄10/19も続く「予告のないスト」と今後
No.544 フランス第一回「城の夜」開催!
No.543仏リール、ロミーにはもう会いましたか?
No.542 ベルギーで一番美味しい!? えびコロッケが食べられるレストラン!
No.541ヨーロッパ文化遺産の日は、今週末です!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.424アートとTVドラマの関係を探る!リール美術館オープンミュージアム
No.423フランス・トゥルコアンで振り返る、中東キリスト教徒2000年の歴史
No.422フランス北部:今週末の三連休、ファンファーレ・フェスティバルはいかが?
No.421今週末は博物館の夜!フランス、リールでの見どころは?
No. 420フランス北部まだまだ続くヴィデオ・マッピング・フェスティバル

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集