海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.512パリで観る!自らのルーツと向き合う《イ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月16日

No.512パリで観る!自らのルーツと向き合う《イナバとナバホの白兎》


No.512パリで観る!自らのルーツと向き合う《イナバとナバホの白兎》

ケ・ブランリー美術館


512-1.jpg

Musée du quai Branly - Jacques Chirac ©Architecture de Jean Nouvel


パリのケ・ブランリー美術館は、西欧以外の地域の文化を扱うミュージアムです。故シラク大統領が、パリ市長時代から推進していたプロジェクトであり、2016年からはその名を冠し「ケ・ブランリー - ジャック・シラク美術館(Musée du quai Branly - Jacques Chirac)」が正式名称となりました。


劇場、映画上映室も備えており、文化を広い角度から紹介できるようになっています。



日本文化とインディアン文化のつながり


512-0.jpg

© musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Cyril Zannettacci


この劇場で、今月上映されるのが、宮城總率いる劇団SPACによる《イナバとナバホの白兎(Le lièvre blanc d'Inaba et des Navjo)》です。


イナバの白兎は、言わずと知れた『古事記』のお話です。細かいことは覚えていなくても、だましたワニに毛を剥がれたウサギを、大国主命が助けるという大筋は、大抵の日本人の頭に入っているのではないでしょうか。


じゃぁ、ナバホってなんだろう?


ナバホというのは、アメリカ大陸先住民族であるインディアンの部族名です。
つまり、この劇は、日本とインディアンの文化の根っこのつながりを示唆・検証する内容となっているのです。


文化に優劣を認めなかった人類学者


なんとも大胆なこの仮説は、実はクロード・レヴィ=ストロース(Claude Lévi-Strauss)が立てたものです。


レヴィ=ストロースは、20世紀後半の学問思想に多大な影響を及ぼした構造主義の祖として知られる人物です。同氏の日本に関する考察を集めた『月の裏側 日本文化への視角(L'Autre face de la lune. Ecris sur le Japon)』で、氏はアジアの特定の神話とアメリカン・インディアン文化が呼応しているように見える点を指摘しています。


簡単に言えば、まだ多くの島が大陸とつながっていた時代に、神話の素のようなものが、インドネシアからアラスカを経てアメリカ大陸まで広がったのではないかと考えたわけです。


レヴィ=ストロース没10年目の再演


この劇は、レヴィ・ストロースの考えにインスピレーションを得た宮城總氏が創作したもので、初演は、ケ・ブランリー美術館10周年を記念する2016年のことでした。
今年は、レヴィ・ストロース没から10年という節目で、ケ・ブランリー美術館での再演となったわけです。


512-2.jpg

© musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Cyril Zannettacci


上演は下の5回を予定しています。


【日時】


6月19日(水)20時~
6月20日(木)20時~
6月21日(金)20時~
6月22日(土)18時~
6月23日(日)17時~


【料金】


20ユーロ(同日のケ・ブランリー美術館入場料金も含む)
席は自由席。開場は30分前。


チケットの購入はこちらのサイト からどうぞ。


【場所】


ケ・ブランリー - ジャック・シラク美術館
住所:37 Quai Branly 75007 Paris
開館時間:11時~21時
最寄り駅:メトロ9番線Alma-Marceau ou Iéna駅、8番線Ecole Militaire駅、6番線Bir Hakeim駅、RER C線Champ de Mars-Tour Eiffel駅


海外を旅したり、海外に住んだりしていると、自らが無意識のうちに拠り所としているアジア文化を意識する機会が多くあります。
《イナバとナバホの白兎》鑑賞は、真っ白な気持ちで、アジアの文化遺産を眺める最適な機会となることでしょう。


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2019年6月16日
« 前の記事「No.511ノルマンディ上陸D-Dayから75年の記念式典開催」へ
»次の記事「No.513フランス北部:アールデコを巡るおはなし、あれこれ」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.521フランス北部リルのメトロ夏期工事のお知らせ
No.520フランス北部リルのトラム夏期工事の詳細
No.519パリ交通機関2019年夏期工事による一部閉鎖のお知らせ
No.518ユネスコ文化遺産:仏北部ドゥエの伝統16世紀から続くガイヤン祭!!
No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!
No.516 フランス北部、黄金に輝く「エルドラド」イベントの数々
No.515 Skytrax 2019年世界の航空会社ランキング発表!
No.514パリの公園52か所、6月8日から喫煙禁止に!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.430フランスの砂浜人気ベストテン!by TripAdvisor
No.429フランス国鉄7月以降のストの行方+4月5月の定期券払い戻し方法(追記足しました)
No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)
No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!
No.426フランス北部Asnapioで楽しむ考古学の日
No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/7/17更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集