海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.513フランス北部:アールデコを巡るおはなし...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月17日

No.513フランス北部:アールデコを巡るおはなし、あれこれ


No.513フランス北部:アールデコを巡るおはなし、あれこれ

建設から110年になるグラン・ブールヴァール


フランス北部のリル(リール)には、北方に向けて、トラム(路面電車)の路線が走っています。マルカンバロル(Marcq-en-Baroeul)から、二手に分かれ、あるいはトゥルコアン(Tourcoing)、あるいはルーベ(Roubaix)へと続きますが、どちらも、「グラン・ブールヴァール」と呼ばれる大通りを通って行きます。


513-1.JPG

夏のグラン・ブールヴァール ©冠ゆき


グラン・ブールヴァールについては、ずっと以前こちらの記事 にも書いたので簡単に記しますが、ちょうど110年前の1909年に作られたものです。先見の明があったのでしょう、幅50メートルもの広い通りで、最初からトラム敷設計画込みでした。


513-2.JPG

枯れ葉舞う秋のグラン・ブールヴァール ©冠ゆき


高い木が連なり、車で走っても気持ちのいい通りですが、ジョギングやサイクリング用のレーンも整っていて、時間があれば、いくらでも遠くへ遠くへと足を伸ばしたくなります。


建築のショーウィンドー


513-3.JPG

グラン・ブールヴァール沿いの家。手前の線路はトラム ©冠ゆき


また、グラン・ブールヴァール沿いの建築には、なかなか見応えのあるものが多く、特にアールデコ調のものが目立ちます。というのも、この地方が、主に繊維産業で経済的繁栄を迎えたのは、20世紀前半のこと。すなわちアールデコ全盛期だったのです。
建築家たちにとって、グラン・ブールヴァールは、名刺代わりとなるショーウィンドーのようなもので、特に凝った力作が並んでいるというわけです。


散策せずにはいられないバルビユー公園


さて、上述の通り、リルから北に延びるこのグラン・ブールヴァールは、マルカンバロルで、二手に分かれ、右はルーベへ、左はトゥルコアンへと続きます。

このうち、ルーベへと延びるグラン・ブールヴァールは、途中からバルビユー公園(Parc Barbieux)に沿って走ります。バルビユー公園は、19世紀末から計画され、1905年に完成した公園です。1.5キロメートル、34ヘクタールという細長い形をしており、池や遊び場も充実した緑多い美しい公園として知られます。1911年には、国際博覧会の会場にもなりました。


513-4.JPG

つい足を踏み入れたくなるバルビユー公園 ©冠ゆき


513-5.JPG

バルビユー公園で寛ぐ人々 ©冠ゆき


東京都庭園美術館と繋がるエスプリ、カヴロワ邸


このバルビユー公園からクロワ(Croix)の閑静な住宅街に入ったあたりにあるのが、カヴロワ邸 です。繊維産業で財を成したカブロワ=マイユ―(Cavrois-Mahieu)社のオーナー、ポール・カヴロワが自宅用に建てたもので、デザインしたのは、建築家ロベール・マレ=ステヴァンス(Robert Mallet-Stevens)。アールデコの宮殿を作ればこうなるに違いないと思える傑作です。


513-6.JPG

カヴロワ邸 ©冠ゆき


余談になりますが、日本で、アールデコの建物といえば、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)が有名です。この建物は、フランス滞在中に負傷した朝香宮鳩彦王が、やむなくパリ滞在を延ばし、その間に見学の機会を得た1925年パリ万国博覧会(アール・デコ博覧会とも呼ばれる)でアール・デコに感銘を受けたことから現在のスタイルで建設されることになりました。
直接朝香宮邸建設にはかかわっていませんが、カヴロワ邸を建てたマレ=ステヴァンスも、このパリ万国博覧会では、パヴィリオンのひとつを設計していましたから、鳩彦王の目に留まったことは想像に難くありません。


カヴロワ邸の話に戻りましょう。詳しくはこちらの記事 に書きましたが、このカヴロワ邸は、第二次世界大戦時ドイツ軍に占拠され、戦後も手入れされることなく、長く放置されていました。その後、これを丁寧に修復し、四年前2015年の6月に博物館として公開したのが、国立モニュメントセンター(Le Centre des monuments nationaux)です。
以来、さまざまな展覧会や、イベント、また映画ロケの舞台として活躍しています。


例えば、現在開催中のドデーニュ展についてはこちらの記事 をご覧ください。


カヴロワ邸で朝ヨガのレッスン!


前置きが長くて恐縮ですが、実は、ここからがようやく本題です。
この夏は、このカヴロワ邸で、ヨガのレッスンが開かれます。


513-0.JPG

夏はバラが美しいカヴロワ邸庭園 ©冠ゆき


【カヴロワ邸】


住所:60 Avenue JF Kennedy, Croix
最寄り駅:LilleからRoubaix行きトラムのVilla Cavrois停留所下車。徒歩10分。
URL: http://www.villa-cavrois.fr/Actualites/Yoga



【日時】


6月21日(金)8時半~
7月13日(土)9時~
8月10日(土)9時~(予約は6/28以降から)
8月31日(土)9時~(予約は6/28以降から)


予約必須予約はこちらから


【料金】
18.6ユーロ


ヨガ用のシートは持参不要ですが、水分補給のためのミネラルウォーターと、タオルをお忘れなく。


整然とした幾何学模様の広い庭園に囲まれたカヴロワ邸で、フランスの爽やかな夏の朝をヨガで始めるのはいかがでしょうか?


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年6月17日
« 前の記事「No.512パリで観る!自らのルーツと向き合う《イナバとナバホの白兎》」へ
»次の記事「No.514パリの公園52か所、6月8日から喫煙禁止に!」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.521フランス北部リルのメトロ夏期工事のお知らせ
No.520フランス北部リルのトラム夏期工事の詳細
No.519パリ交通機関2019年夏期工事による一部閉鎖のお知らせ
No.518ユネスコ文化遺産:仏北部ドゥエの伝統16世紀から続くガイヤン祭!!
No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!
No.516 フランス北部、黄金に輝く「エルドラド」イベントの数々
No.515 Skytrax 2019年世界の航空会社ランキング発表!
No.514パリの公園52か所、6月8日から喫煙禁止に!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.430フランスの砂浜人気ベストテン!by TripAdvisor
No.429フランス国鉄7月以降のストの行方+4月5月の定期券払い戻し方法(追記足しました)
No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)
No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!
No.426フランス北部Asnapioで楽しむ考古学の日
No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/7/17更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集