海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.516 フランス北部、黄金に輝く「エルドラド...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月21日

No.516 フランス北部、黄金に輝く「エルドラド」イベントの数々


No.516 フランス北部、黄金に輝く「エルドラド」イベントの数々

2004年リル(リール)が欧州文化首都に選ばれたのをきっかけに生まれたLille3000は、以来さまざまな文化行事をリルで計画する文化組織です。


516-1.jpg

Eldoradoポスター


Lille3000が提案する2019年版のテーマは、ずばり「エルドラド(Eldorado)」
エルドラドとは、もともとは、大航海時代に中南米へ渡ったスペイン人たちが夢見た黄金郷を指す言葉です。けれども、ここではもっと広義に、現代の私たちが目指す世界を、環境問題や移民問題も視野に入れて問いかけます。


核となるのはメキシコ・アート。文学、食文化にまで及ぶさまざまな形のカルチャーイベントが、リルとその周辺の自治体で、今年いっぱいかわるがわる展開されているところです。


すべてを網羅しようとすれば、数十ページのレポートになってしまうので、ここでは、この夏休みリルにいらっしゃる方が目にしやすいものだけピックアップしてご紹介します。

町中のオブジェ


516-2.jpg

Luke Jerram Museum of Moon 2018 installation Cathédrale de Liverpool ©Gareth Jones


まず、リル・フランドル駅に着いた方が最初に目にするであろう物は、駅の天井から私たちを見下ろす大きな月!本物の35万分の一、直径10メートルの大きさです。今年7月21日人類が月に足をおいて50年 となる節目を記念する意味もこめた展示です。


516-3.jpg

Métamorphose urbaine Simulation Alebrijes Rambla © Romain Greco


リル・フランドル駅を背にして町に向かう人が次に目にするのは、フェデルブ通り(rue Faidherbe)のアレブリヘス(Alebrijes)でしょう。アレブリヘというのは、メキシコのポピュラーな民芸で、木材やカートンで作った想像上の動物の像にカラフルな色彩を施したものです。駅から町へ続く真っすぐなフェデルブ通りの両側に、これがずらーっと並ぶ様子は、目を奪われるほどに非現実的です。


516-4.jpg

Métamorphose urbaine Betsabeé Romero, Soles de Oro, simulation, 2018 © Betsabeé Romero

そうしてたどり着くグラン・プラスの旧証券取引所には、黄金の太陽がきらめいています。
いずれも展示は2019年12月1日まで。


リル市内の夏期エキスポ


また、夏休みの期間、リル市内の主な会場では下のようなエキスポが開かれています。


トリポスタル(Tripostal)
古代から現代にいたるまでのすべての「エルドラド」を紹介するエルドラマ(ELDORAMA)展。「ここでないどこか」「より良い場所」を求める人の性(さが)をも考えさせます。
期間:2019年9月1日まで


516-5.jpg

Eldorama - Tripostal © Yayoi Kusama / Cnap / Photographe : Musée des Beaux-Arts - Métropole Rouen Normandie


オスピス・コンテス博物館(Musée de l'Hospice Comtesse)


メキシコ現代アート美術館から、48作品を紹介するアンテンソ/メキシカノ(Intenso/Mexicano)展と、ストリート・アートの展示。
期間:2019年8月30日まで


516-6.jpg

Tlacolulokos - Musée de l'Hospice Comtesse Tlacolulokos Visualizing Oaxaca in LA


リル美術館(Palais des Beaux-Arts)


・黄金の部屋(Golden Room)
地下の古代から中世、またルネッサンスまでの美術展示室が、黄金の部屋に姿を変えています。これは、複数のアーティストが、常設展示に自由にプラスαすることで、黄金の物語を紡いだものです。
期間:2019年9月2日まで


516-7.jpg

Golden Room 写真©Maxime Dufour


・マチアス・キス(Mathias Kiss)展
リル美術館の真ん中に空と空間を感じさせるスペースを作ります。
期間:2020年1月6日まで


516-8.jpg

Mathias Kiss - Palais des Beaux Arts« Besoin d'Air ? », simulation de l'installation de Mathias Kiss dans l'atrium du Palais des Beaux-Arts de Lille, printemps 2019 © Mathias Kiss, « Besoin d'Air ? », ADAGP, Paris, 2019


・黄金の本(Golden Books)展
12~16世紀の貴重な装飾写本を展示します。
期間:2019年9月2日まで


サン・ソヴァー駅(Gare Saint Sauveur)


旧サン・ソヴァー駅では、エコロジカルな面に目を向けたエルドラド関連のエキスポが複数開かれています。その中には、住人ともども都会の畑を作る試みなども含まれています。
期間:2019年11月3日まで


516-9.jpg

La déesse verte - Gare Saint Sauveur Miguel Penha Arvore cambara amarelo acrílica 50 x 100 cm 2014 © Miguel Penha


他にも、近郊の町や公園などあちらこちらで、お祭りなどが計画されています。
詳しくは公式サイト をご覧ください。


それぞれの描くエルドラドを探してみたくなるイベントです。


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2019年6月21日
« 前の記事「No.515 Skytrax 2019年世界の航空会社ランキング発表!」へ
»次の記事「No.517猛暑のヨーロッパ、涼しい場所はどこ?日本と異なる注意点も!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.430フランスの砂浜人気ベストテン!by TripAdvisor
No.429フランス国鉄7月以降のストの行方+4月5月の定期券払い戻し方法(追記足しました)
No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)
No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!
No.426フランス北部Asnapioで楽しむ考古学の日
No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集