海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.527欧州最大級の蚤の市「リルのブラッドリー...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月27日

No.527欧州最大級の蚤の市「リルのブラッドリー」2019年は8/31-9/1開催!


No.527欧州最大級の蚤の市「リルのブラッドリー」2019年は8/31-9/1開催!

毎年のことですが、8月も15日を過ぎると、フランスのヴァカンシエ(ヴァカンス中の人々)たちが、ぞろぞろと都市部に戻ってきます。そうして、夏の間、町ではまばら気味だったイベントの類が、一気にあちこちで再開します。


今年は、9月1日が日曜日。9月の第一週末が、8月と9月の狭間にあたるため、8月31日(土)はイベントに事欠く場所がないくらいです。


527-1.JPG

ブラッドリーを楽しむ人々©Kanmuri Yuki


フランス北部を例にとれば、まずは、この8/31-9/1の週末予定されているのが、中世から続くブラッドリー(Braderie)。リル(リール)のブラッドリーと言えば、欧州最大級の蚤の市。最近では、近隣国からのヴィジターも急増しています。


527-2.JPG

これもそれもみんな売り物!©Kanmuri Yuki


8000人以上の住人、骨董品屋、商人がフリーマーケットを出し、町中の通りがその会場と化すブラッドリー。買うにせよ買わないにせよ、一度は見る価値があるというものです。
8月31日朝の8時~9月1日夕方18時まで34時間ノンストップで続くイベントです。


527-3.JPG

いつぞやは、こんなものも見かけました©Kanmuri Yuki


リル市による公式サイトはこちらから


伝統では、このブラッドリーで食するべきなのは、ムール貝とポテトフライ。飲み物は当然ビールです!


480-4.JPGのサムネイル画像

ムールフリット©Kanmuri Yuki


リルのブラッドリーについては、これまでも何度か紹介してきていますが、そのうち去年のものだけ紹介しておきます。ブラッドリーの歴史に興味のある方は、どうぞ、リンクを辿って読んでいただけると幸いです:去年の記事はこちらから


なお、この間、リル・メトロポルの交通機関ilévia(イレヴィア)では、トラムも地下鉄も便数を増やして対応する構えです。ただし、リル町中はバスは走りませんし、地下鉄も止まりません。詳しくはこちらのイレヴィアの地図 をご覧ください。ちなみに一日券は4.9ユーロ、二日券は8.8ユーロで求めることができます。


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2019年8月27日
« 前の記事「No.526マティス美術館庭園を占拠する真っ赤な彫刻!」へ
»次の記事「No.528マッピング・フェス最後を飾るのはアラス!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.438リールの9月:国際ショートフィルム・フェスティバルご案内
No.437この夏ノルマンディ、トゥルーヴィルを賑わす日本文化イベント
No.436夜のリール動物園で見る映画『ミーアキャット』
No.435夏休み明けのお楽しみ!リールのブラッドリー2018の特徴は?

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集