海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.534フランス北部ワットルローのベルルーフ祭...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 4日

No.534フランス北部ワットルローのベルルーフ祭!


No.534フランス北部ワットルローのベルルーフ祭!

9月に入り、週末は何かとイベントの多いフランス。今年は、9月1日が日曜なので、9月の第一週末を、8/31-9/1と考えるか、9/7-8と考えるか、それぞれのイベントで差があるようです。


リル(リール)のブラッドリーは、8/31-9/1を第一週末と考えました(No.527 )が、アルマンティエールのニユール祭(No.533 )は、そうではなく、今年は9/14-15を第二週末と考えています。


と思えば、同じく毎年9月第二週末に開かれるワットルローのベルルーフ祭 の今年の開催日は、9/8(日)!となっています。


ついでに先回りして言っておくと、毎年9月第三週末に開かれる欧州世界遺産の日(2018年についてはこちら )の今年の開催日は、9/21-22です。


534-1.JPG

ワットルローのサン・マクルー教会 ©Kanmuri Yuki

ということで、気がつけば目前に迫っていたワットルロー(Wattrelos)のベルルーフ祭(Fête des berlouffes)!急ぎご紹介しておきましょう。


16世紀の史実を基にはじめられたこのお祭り(由来について、詳しくはこちら を是非ご覧ください)も、2018年には40年を過ぎ、住民数世代に親しまれる行事となった感があります。


上にも書いたように今年の開催日は、9/8(日)

前日の9/7(土)からスポーツイベントで盛り上がったあと、
当日9/8朝8時~17時まで、市内の中心地がブラッドリー(フリーマーケット)会場となります。リルのものと比べればずっと小規模ですが、ローカルであるだけに何が見つかるかわからない楽しさも秘めています。
また、子どもたち向けに移動遊園地もやってきて、にぎやかな一日の始まりです。


10時半には、"巨人"のパレードも始まります。


17時には、中世の衣装を身に着けた大道芸人のショー。


534-2.JPG

盛り上げる大道芸人たち©Kanmuri Yuki


ベルルーフ祭り最高潮となるのが、17時半。サン・マクルー(Saint Maclou)教会の鐘楼からベルルーフ人形が投げられ、何とかキャッチしようと老若男女が広場にひしめきます。


534-3.JPG

教会上からつぎつぎ投げられるベルルーフ人形©Kanmuri Yuki


17時45分、ジャン・デルヴァンキエール(Jean Delvainquière)広場にて大きなベルルーフ人形が燃やされ、キャンプファイヤーのような雰囲気の中で祭りは終了となります。


534-4.JPG

巨大ベルルーフが燃やされておひらき©Kanmuri Yuki


ワットルロー(Wattrelos)は、トゥルコアン(Tourcoing)やルーベ(Roubaix)と、ベルギーに挟まれた国境の町です。



ワットルロー市によるベルルーフ祭についての公式ページはこちら


ベルルーフ祭の地図や情報は、ワットルローの観光局 で手に入ります。
当日も例外的に9時~17時半まで開いています。
住所:189 rue Carnot, 59150 Wattrelos


【行き方】


クライマックスのシーンが見られるのは、サン・マクルー教会と市庁舎が面するジャン・デルヴァンキエール(Jean Delvainquière)広場
こちらへは、イレヴィアのバスMWR線利用が便利です。
ワットルロープラス(Wattrelos Place)という停留所で降りてください。


MWR線は、ルーベ(Roubaix)のユーロテレポート(Eurotéléport)と隣国ベルギーのムスクロン駅(Mouscron Gare)をつなぐ線。時刻表はこちらから

ルーベからワットルロープラスまで、約12分の距離です。
ルーベのユーロテレポートまでは、リルからトラム、あるいはメトロ2番線が延びています。


今週末のベルルーフ・キャッチ。ご一緒にいかがですか?


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年9月 4日
« 前の記事「No.533仏北部アルマンティエール、中世に起源をもつニユール祭!」へ
»次の記事「No.535フランス北部ブーヴィーヌ「音と光」中世祭のご案内」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.547ノエルの季節到来! パリ・プランタンのクリスマス・ショー・ウィンドウ開幕!
No.546 マリー・アントワネット最期の76日に寄り添ったロザリーの話
No.545フランス国鉄10/19も続く「予告のないスト」と今後
No.544 フランス第一回「城の夜」開催!
No.543仏リール、ロミーにはもう会いましたか?
No.542 ベルギーで一番美味しい!? えびコロッケが食べられるレストラン!
No.541ヨーロッパ文化遺産の日は、今週末です!
No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開催!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.442現代アートの息吹を感じる京都の夜『ニュイ・ブランシュKYOTO 2018』
No.441『ゴーモン120年の映画』展、リールで無料公開中!
No.440フランス北部リールで幕開け、新映画祭の紹介
No.439ヨーロッパ文化遺産の日 #JEP2018 フランス北部のお勧めは?

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集