海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月16日

No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開催!


No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開催!

日本で花火というと、やはり季節は夏!ですが、海外ではそうとも限りません。


フランスの場合、確かに7月14日のパリ祭には花火が欠かせませんが、夏至から間もない時期とあり、日が驚くほど長く、花火が始まるのは11時も回ってから。子どもなどは、花火開始前に寝入ってしまいそうな時刻です。


秋分に近づきつつある現在は、パリの日の入りも随分早くなり20時前後。このくらいだと花火も21時前に始められて、ちょうど良いように思います。


540-1.jpg

Les Masters de Feu 2019のポスター

国際花火コンクール『マスター・ド・フゥ(Les Masters de Feu)』


さて、フランス・コンピエーニュでは、4年前からこの季節に国際花火コンクールを行ってきました。
コンピエーニュは、パリの北方約80kmに位置する町で、18世紀に建てられた宮殿や、歴史の舞台となってきたコンピエーニュの森が有名です。


『マスター・ド・フゥ(Les Masters de Feu)』と名付けられた花火コンクール。今年は、過去3年の受賞者3組を集めてのファイナルとなります。


(1)まず2016年の入賞者イタリアのParente Fireworks社。同社が手掛けたクウェート独立50周年の花火ショーは、2012年最も長い花火ショーとして、ギネスブックに載りました。


(2)次に2017年の入賞者は、ギリシアのNanos Fireworks社。今の代表者ナノス兄弟が4代目となる、歴史ある花火会社です。


(3)最後、2018年の入賞者はフランスのGrand Final社。2010年創立の若い会社です。


コンクールはこの三組が競いますが、それに加えて、フランスのArt Eventia社が2つの花火ショーを準備しています。


プログラムとチケット


大まかなプログラムは下の通り。


18時:開門
18時半:音楽の催し
20時:参加者の順番を決めるくじ引き
20時半:開会式とオープニングショー
21時:参加者1番の花火ショー
21時半:参加者2番の花火ショー
22時:参加者3番の花火ショー
22時半:閉会式とショー
22時50分:優勝者発表


540-2.jpg

2018年のオープニングショー Photo: FREDERIC LEPLA


国際花火コンクール『マスター・ド・フゥ(Les Masters de Feu)』

開催日時:2019年9月21日18時(開門)~23時
場所:コンピエーニュ競馬場
住所:Avenue du Baron Roger de Soultrait, 60200 Compiègne
公式サイト:https://www.mastersdefeu.com/


当日現地ではチケット販売をしていませんので、あらかじめオンライン予約が必要です。予約サイトはこちらから
シャンパーニュやカナッペつきのVIP席、指定椅子席などは、すでに満員となっています。


今現在あいているのは、芝生エリアのチケットのみで料金は大人19.5ユーロ。毛布など芝生の上に敷けるものをご持参ください。簡易椅子などの持ち込みは認められていません。


優勝の栄誉を得るのは、イタリアか、ギリシアか、フランスか?
日本とは一味違う花火ショーをどうぞお楽しみください。


(冠ゆき)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒
2019年9月16日
« 前の記事「No.539フランス北部9/14イベントまとめてご紹介」へ
»次の記事「No.541ヨーロッパ文化遺産の日は、今週末です!」 へ
おすすめ記事
トゥルコアン特派員 新着記事
No.544フランス第一回「城の夜」開催!
No.543仏リール、ロミーにはもう会いましたか?
No.542 ベルギーで一番美味しい!? えびコロッケが食べられるレストラン!
No.541ヨーロッパ文化遺産の日は、今週末です!
No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開催!
No.539フランス北部9/14イベントまとめてご紹介
No.538パリのメトロ、ストの後はオールナイト運行!
No.537パリのツタンカーメン展会期延長のお知らせ
1年前の同じ月に投稿された記事
No.442現代アートの息吹を感じる京都の夜『ニュイ・ブランシュKYOTO 2018』
No.441『ゴーモン120年の映画』展、リールで無料公開中!
No.440フランス北部リールで幕開け、新映画祭の紹介
No.439ヨーロッパ文化遺産の日 #JEP2018 フランス北部のお勧めは?

フランス ツアー最安値


2019/10/15更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集