海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.565仏ブルターニュ謎の文字解読作戦、結果発...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 6日

No.565仏ブルターニュ謎の文字解読作戦、結果発表!


No.565仏ブルターニュ謎の文字解読作戦、結果発表!

フランス、ブルターニュの小さな町プルガステル=ダウラスに残る、謎の文字が刻まれた岩々。2019年春始まったその意味を探るキャンペーンの結果が、このほど発表されました。


565-1.jpg

Plougastel-Daoulasに残る岩に刻まれた文字


キャンペーンを開催したのは、プルガステル=ダウラスの町。そのあたりについては下の記事に書きましたので、ぜひお読みください

No.506現代のシャンポリオン募集!仏ブルターニュ岩に刻まれた謎の文字

No.564 仏ブルターニュの浜辺に残る謎の文字、解読大作戦の行方


つまりこの記事は、上の記事の続編となります。

プルガステル=ダウラスの謎の文字解読キャンペーンとは


さて、プルガステル=ダウラスが、解読者を募ったのは、2019年5月のこと。
同市によれば、このキャンペーンは200以上のメディアに取り上げられたそうです。フランス語はもちろん、英語やスペイン語、ノルウェー語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、日本語の記事が書かれ国際的にも注目を浴びました。
問い合わせも多く、2ヵ月で2000件を超え、583人が解読チャレンジャーとして登録。2019年11月30日の解読結果提出期限までに、解読案が61案提出されました。


国別の内訳はといえば、やはりフランスからの応募者が一番多く45件。続いて、スペイン、アメリカからが各3件。あとは、ベルギーとイタリア、ノルウェー、チェコなどの西欧の国々とロシア、ウクライナ、ハンガリーといった東欧の国々、またアラブ首長国連邦、ブラジル、タイからも、それぞれ1件ずつの応募があったそうです。


受賞したのは?!


審査員は、ブルターニュの歴史専門家らも交えた7人。合計1500ページにおよぶ61件の書類をそれぞれが検討し、まず1月20日までに6候補に絞り込んだのち、さらに分析を重ね、2月10日選ばれたのが、入賞者2候補です。


甲乙つけがたく、揃って入賞となったその2候補の詳細は下の通り:


かたや、ケルト学を修めた英語教師トゥディク氏
かたや、歴史に関する著作を持つファリゴ氏とイラストレーターのロベ氏のコンビ


3人ともフランス、ブルターニュ地方在住の人物です。


謎の文字とその内容は?


さて、肝心の謎の文字ですが、結果として、やはりブルトン語だということが判明。1787年、1786年という、おそらく文字が彫られたでろう年代が記述されていることも分かりました。


写真で見ても分かるように、文字が刻まれている岩はひとつだけではなく、複数あり、それも完全な形ではなく断片です。これらの岩をどういう順序で読むかによっても解釈はかなり変わってくるようです。


トゥディク氏案、ファリゴ氏+ロベ氏案、双方に共通するのは、誰かの死を悼む内容だというものですが、微妙に解釈は異なります。


トゥディク氏は、
嵐の日に海で遭難し亡くなった兵士「セルジュ」に向けた言葉であると解釈しており、この文章を書いた人の名はアロトー・グレゴワール。文字が刻まれた日は1786年5月8日と読み取っています。


ファリゴ氏+ロベ氏は、
友人を亡くした人が、その死を悼み、また友人の死の原因となった者たちへの恨みを綴った文章であると解釈しています。


古今東西、人の死は、もっとも人の心を動かす出来事であることは間違いありません。250年近く前、おそらく海で亡くなったひとりの人物。
一度は浜辺に忘れ去られたその人物への哀悼の言葉が、今こうしてよみがえったのを見るのは、なかなか感慨深いものです。


まずはなにより、プルガステル=ダウラス市のキャンペーンの成功に乾杯しましょう!


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2020年3月 6日
« 前の記事「No.564仏ブルターニュの浜辺に残る謎の文字、解読大作戦の行方」へ
»次の記事「No.566フランスの新型コロナウイルス対策変遷+日本から観賞できるフランス紹介」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.577フランス人が連休明けを心待ちにする理由とは?
No.576なじみのあの店も?!新型コロナウイルスで存続の危機
No.575フランス北部オープンしたビーチ一覧
No.574フランスの母の日:なぜ2020年は6月なの?
No.573フランス北部5月11日以降も開かないショッピングセンターは?
No.572連休中ディズニー・パリを家で楽しむ方法!
No.571いつもと違う2020年のラマダン、始まりはいつ?
No.570聖なる週から復活祭:パリ・ノートルダム寺院ミサ中継のご案内
1年前の同じ月に投稿された記事
No.492今週末パリ発着予定の方必見!RERは利用できません!
No.491今年70周年を迎えるエマウス、春の大市開催!
No.490フランス、夏・冬時間廃止後のタイムゾーンの行方
No.489目前に迫ったブレグジット、フランス北部に見える影響
No.488フランスで最も美しいビーチのひとつに選ばれたイギリス海峡の海辺は?
No.487実はベルギーでは珍しい!無料で水道水を出してくれるレストラン
No.486パリで50余年ぶりにツタンカーメン秘宝展開催!
No.485第二回ヴィデオ・マッピング・フェスティバル開幕のお知らせ!
No.484音楽の趣味で選ぶべき?!今春のエクレアinフランス

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集