海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.571いつもと違う2020年のラマダン、始ま...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月20日

No.571いつもと違う2020年のラマダン、始まりはいつ?


No.571いつもと違う2020年のラマダン、始まりはいつ?

前回No.570 では、いつ満月になるかによって復活祭の日程が毎年決まることを書きました。実は、今日お伝えするのも月が決める宗教行事日程の話です。


571-1.jpg

© Kanmuri Yuki


それは、ラマダン。イスラム教における聖なる月です。


ラマダンの始まり


太陰暦であるイスラム暦の9つ目の月にあたるのがラマダンです。そのためラマダンの時期は、毎年(西暦上では)異なる日程にあたります。しかもイスラム教では、計算によってわかる新月の日ではなく、実際に月を観測して初めてラマダンの始まりを公式に宣言するのです。


フランスの場合、パリのモスクから責任者数名が観測し、確認が取れてからがラマダンの始まりとなります。気象的な理由で見えない場合は、次の日にずれることもあるのです。


今年2020年は、今のところ4月24日がラマダンの始まりであろうと考えられていますが、すべては23日の月の観測にかかっているため、確実なことは3日後の夜までわかりません。


フランスの人口約6.8%がムスリム


具体的に、ラマダン期間中のムスリムたちは、太陽が出ている間、飲み食いしたり、たばこを吸ったりすることが禁じられています。ただし、日が沈めば、飲み食いはすべてOKなため、日没後は、普段より贅沢で品数の多いご馳走を皆で集まって食する傾向にあります。フランスでも例年ラマダンの時期は、普通のスーパーでもイスラムのお菓子売り場などが増設されます。油や蜂蜜をたっぷり使った甘いお菓子は、ムスリムでないフランス人にもファンが多く、なかなかの盛況を見せるのが常です。


571-2.jpg

ずらっと並ぶラマダン用ムスリムのお菓子売り場 ©Kanmuri Yuki


フランスにおけるイスラム教徒の数は、およそ人口の6.8%。数にすれば、410~840万人と考えられています。1960年代から増えた移民が人数拡大のきっかけではありますが、アラブ世界研究所なども設立され、イスラム世界研究は活発だといえるでしょう。


新型コロナウイルスの影響


さて、聖なる月ラマダンではありますが、2020年はカトリック教徒が、復活祭を教会で祝えなかったのと同様、ラマダン中もモスクは閉鎖されたままとなる見込みです。


フランス・イスラム評議会(CFCM)代表も、祈りは自宅でするように、日没後の家族の集まりに参加できない場合は、スカイプ、WhatsAppなどのアプリを使ってバーチャルな集会とするようにと発表しています。メディア報道 を見ても、これらの措置は、フランスだけではなく、中東、東南アジア、北アフリカと、世界中のムスリムに共通する話のようです。


本来、人々の行く手を照らし支えとなるべき宗教ですが、新型コロナウイルスは韓国、イラン、フランス東部などで、さまざまな宗教の集まりを介して拡がっており、こうした対策もやむをえないものといえるでしょう。


予測通りラマダンが2020年4月24日始まるとすれば、5月23日ごろまで続くことになります。フランスの外出制限解除は、5月11日から始まることになっていますが、宗教施設がいつごろから門戸を開くのかは、今のところ定かではありません。一気に開けば元の木阿弥になることは目に見えています。


ここは、敬虔な信者たちにとっても、堪えどころになるといえるでしょう。


(冠ゆき)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2020年4月20日
« 前の記事「No.570聖なる週から復活祭:パリ・ノートルダム寺院ミサ中継のご案内」へ
»次の記事「No.572連休中ディズニー・パリを家で楽しむ方法!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.581今日から見学可能!パリ・ルーヴル美術館
No.580フランス北部リル、星つきホテル1泊€30からのキャンペーン(住民限定)
No.579フランスの父の日、意外なルーツ?
No.578リルのピアノフェスティヴァル、今年はYouTubeで!
No.577フランス人が連休明けを心待ちにする理由とは?
No.576なじみのあの店も?!新型コロナウイルスで存続の危機
No.575フランス北部オープンしたビーチ一覧
No.574フランスの母の日:なぜ2020年は6月なの?
1年前の同じ月に投稿された記事
No.501フランス労働祭に湧く社会宮殿ファミリステール
No.500今週末はドゥエでヴィデオ・マッピング!
No.499フランス北部の巨人ガイヤン、ハリウッドデビュー!
No.498パリ・ノートルダム寺院に寄付できるメダルの買い方、教えます!
No.497これからはアップ↑で楽しもう!連休のパリでアップサイクリングを満喫!
No.496フランスAccroLille地上10メートルの高さを散歩するコース誕生!
No.495ヨーロッパ、五月の旅なら、お薦めはこの国々!
No.494オスピス・コンテス博物館で「職人技の週末」を!
No.493パリ、パンテオンのドーム一般公開が始まりました!

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集