海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月26日

No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県


No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

ダンケルクは週末ロックダウン


No.611 で予告したように、フランス北部のダンケルクも感染者急増により、ニース同様今日から週末のロックダウンを行うことになりました。「ダンケルク」と書きはしましたが、厳密には範囲はもう少し大きく、周辺の自治体も合わせた57市町村で施行されます。人口でいうと25万人がその対象となっています。



上のツイートのリンク先にある地図で、赤く塗られた部分が週末ロックダウン施行地域です。

週末ロックダウンの内容は、金曜日18時から翌月曜朝の6時までステイホームが求められるというもの。昨年春のロックダウン時同様、食料品の買い物、医療的な必要、ペットの散歩、運動などのための外出は1時間まで認められていますが、それを書いた証明書(attestation)が必要です。証明書のひな型は、内務省のウェブサイト または接触アプリTous Anti Covidからアクセスできるはずですが、いま見たところでは、まだアップロードされていないようです。


20県が特別警戒対象


また上のニュースに続いて、昨日はカステックス首相からフランスの感染状況についての記者会見がありました。変異株、特にイギリス変異株の増加が著しく、1週間前には感染者の40%と言っていたのに、すでに50%まで増えているということ。イギリス変異株は感染力が従来のものより高いため、政府としてはなんとか広範囲に広がらないよう食い止めたい考えです。そこで、人口に対する感染者率の増加が加速している地域20県を警戒地域とし観察を続け、改善が見られないようならば、3月6日からロックダウンなどの規制を検討すると発表しました。
この20県というのは、下のツイートのリンク先にある地図の濃い赤の部分です。



県でいえば、すでに一部の市町村の週末ロックダウンが決まっているノール県とアルプ・マリティム県に加え、イル・ド・フランスの8県とウール=エ=ロワール県。北東のモゼル県とムルト=エ=モゼル県。北部のパドカレ県、ソンム県、オワーズ県。南東部のローヌ県、ブーシュ・デュ・ローヌ県、ドローム県、ヴァール県がこれにあたります。


フランスでは、人口10万人当たりの感染者数250人を警戒ラインにしていますが、上に挙げた20県のうち15県がすでにこの数値を超えています。


一方、ワクチン接種も進んでいますが、パスツール研究所が24日の発表で明言したように、ワクチン接種と感染対策は並行して行う必要があります。


緊迫した状況が続きますが、季節は間違いなく春に向かっている今日この頃。日照時間も増えています! できるだけ明るい気持ちで日々を過ごしたいものです。


(冠ゆき)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報
2021年2月26日
« 前の記事「No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?」へ
»次の記事「No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.564仏ブルターニュの浜辺に残る謎の文字、解読大作戦の行方
No.563新型コロナウイルスCovid-19、フランスの現況
No.562パリ・ルーヴル美術館レオナルド・ダ・ヴィンチ展を3夜無料で開放!
No.561フランス2020年2~3月スト:2月17日のパリはブラック・マンデーか?
No.560 新型コロナウィルス流行:各航空会社の欠航状況

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集