海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/答志島・三重特派員ブログ

日本国内/答志島・三重特派員ブログ 橋本千春

日本国内・答志島・三重特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

朝晩、随分秋らしくなってまいりました。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋…。
皆様は、どのような秋をお過ごしでしょうか。

ここ答志島では、伊勢海老が解禁になり、また海苔の種つけ作業や、ワカメの養殖準備が始まり、とても活気にあふれております。
IMG_7269.JPG

IMG_7280.JPG
さて、答志島といえば【新鮮な魚介類】と連想されると思いますが、答志島の代名詞とも言われます【寝屋子制度】についてご紹介致しましょう。

【寝屋子制度】…昔は、他の地区にもあったそうですが、今は、ここ答志島だけに残る風習です。

中学を卒業後から結婚するまでの間(15歳から25歳くらい)5~6人ほどのグループを組み、信頼のおける方に寝屋親をお願いし、お家の一間をお借りして寝泊まりさせてもらう。
寝屋親は、誰にでもお願いできるのではなく、寝屋子の経験者で、寝屋子を寝泊まりさせる為の部屋があること、寝屋子達をひとつにまとめる力、リーダーシップのある方、また実の親よりも 若いご夫婦にお願いするそうです。

ご飯とお風呂は、自宅で済ませて、寝泊まりに行くそうです。昔は、そこから漁に出掛けたりしてましたが、今では、お休みの前の日だけになっています。

寝屋親には、実の親よりなんでも話せ、共にお世話になる友達 、寝屋子とは、兄弟のように深い絆で結ばれ関わっていきます。

戦国時代、海賊でこの辺りを支配していた【九鬼嘉隆】が、戦いの時に、船の漕ぎ手を直ぐに集められるようにと、青年を一箇所に集めていたことが始まりともいわれております。

この制度は、男性【長男】だけと決められており
残念ながら、女性は、【寝屋子】に属すことはできません。でも、【寝屋子】のお嫁さんになれますね(o^^o)

答志島もここ数年、少子化になってきておりますが、今現在も続く【寝屋子制度】は、鳥羽市の無形民俗文化財にも指定されております。
これからの子供達の為にも、大切に残していきたいですね。


2017年10月20日

三重・鳥羽・答志島(とうしじま)の橋本です。
この度、 答志島特派員のご依頼を頂き、記事を書かせていただく事になりました。
答志島をご存知の方いらっしゃいますか?
これから、島の風景や、行事、また、歴史、見どころ、美味しいお店などを、ご紹介していきたいと、思っております!!

toushijima1.jpg

まずは、答志島のご紹介です(^O^)
答志島は、鳥羽湾に浮かぶ離島の中で、最大の島です。


島の名前の由来は…


諸説ございますが、冬至の頃に、伊勢神宮から見た時に、この島のある方向から、朝日が昇ることから【冬至の島】とうじのしま→【答志島】とうしじま になった。また、遠くから見た時に、手を伏せたように見えることから、【手伏島】てふせじま→【答志島】とうしじまになったと言われております。

toushijima2.jpg
toushijima3.jpg

答志島は三つの町からなり、人口約2200人、島民の約8割りは、漁業を生業としております。一年通して、新鮮な魚介類が、水揚げされており、秋の今は、伊勢海老や、秋に獲れます秋鰆、太刀魚、牡蠣も美味しいですよ!!

toushijima4.jpg
toushijima5.jpg
toushijima6.jpg

秋の答志島 ここ二、三日、朝晩肌寒さを感じます
お出かけの際には、パッと羽織れる上着があると重宝すると思います。


では、またお会いしましょう(o^^o)


2017年10月12日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■三重県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 答志島・三重特派員

    答志島・三重特派員
    橋本千春
    答志島に生まれ育ち、途中 都会に憧れて島を出ましたが、離れてみると【島の良さ】【人のあたたかさ】が懐かしく、23歳でリターン‼︎ ご縁があり、実家より歩いて198歩の温泉旅館のに嫁ぐ。実は、若女将ではありますが、島内にある市場で、男性の仲買人さんに混じり、競りをする女性仲買人、また調理師、温泉ソムリエに、グリーンツーリズムインストラクター、また、美を追求するエステティシャン、そして、4人の子育てに顔晴る母、色々な顔を持つ【七変化 若女将】。変身しながら、答志島の自然、また風習、美味しいお魚情報をお届け致します。 DISQUS ID @disqus_NjdMN1pge0

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集