海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 鶴見大島・大分特派員ブログ > 権現様

日本国内/鶴見大島・大分特派員ブログ あじー

日本国内・鶴見大島・大分特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月20日

権現様


メール プリント もっと見る

権現様

前回、大島へ皆様をご招待させていただきました。その際、海がきれいで沢山魚が取れる島と案内しましたが、今回は海ではなく山の行事についてご紹介させていただきます!!


大島は船隠し(ふなかくし)地区、田ノ浦(たのうら)地区、地下(じげ)地区という3つの地区から成り立っております。それぞれの地区に神社が祭られているのですが、権現様を祭っている大島全体の神社が山の上にあります。


先日、私は島民の方と一緒に日差しの強い天候がとても良い日に2日間山を登り神社に行ってまいりました。
1日目は神社周りの清掃。2日目は山開きを行いました。神社までは片道30ほどかかり到着すると全身汗だくでしたが天気も良く自分にとっては非常に気持ちが良かったです♬


大島も今より人口が多かった(最盛期には1000人以上のかたが大島で暮らしていたようです。前回お伝えした通り現在は100人を満たない人口です。)時代には権現様の神社まで登る方は結構いたので神社まで続く道はきれいに歩きやすくなっておりましたが、最近は登る方が少なくなった影響で通り道を作るための「道切り」というものを年に何度か行います。
道切りももちろん島民の方が行うのですが、大島は超がつくほど高齢化社会。道切りに参加されるかたのほとんどが75歳を超えております。今回、一緒に山を登った方々も70歳から80歳の方でしたが、みなさん本当に元気で正直びっくりしましたΣ(・□・;)


さて、権現様へ続く山の入口は船隠し地区にありその奥から山道に入ります。
yamanoiriguti.JPG

道切りがされ、きれいになっておりますが、それでも、小さな岩や木をよけたりしながら歩く道を作っていきます。神社へ行くまでの途中ロープが張っておりここに御幣を括り付けま
す。
gohei.JPG

そして、神社に到着してからは旗を立てたり再度清掃をし、参るための準備を行います。
島民の方の話によると、江戸時代に大島に人が移り住みその当時から権現様を祭っていたそうです。ただ、新しくなった旗自体の生まれは昭和53年と私と同い年でした笑
hata.JPG

建物自体も何度か建て替えられており、現在の建物はなんと平成生まれ!!大島の中でも1.2を誇る若さです(^^♪
sinntiku.JPG

祝詞を読み、、、
norito.JPG

最後はみんなでお酒と食事です(^_-)-☆
syokuji.JPG

大阪生まれの私にとっては味わったことのない経験でもあり、このような経験を大事にしていきたいと思わせてくれる、それが大島での生活です。
引き続き大島の魅力を皆様にお届けできるよう特派員としてがんばりますのでよろしくお願いします!!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年7月20日
« 前の記事「ご挨拶/鶴見大島へご招待」へ
»次の記事「クリーンアップ開催!!」 へ
おすすめ記事
    鶴見大島・大分特派員 新着記事
    大島の動物たち
    大島の運動会
    大島の盆踊り
    クリーンアップ開催!!
    権現様
    ご挨拶/鶴見大島へご招待

    九州旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大分県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 鶴見大島・大分特派員

      鶴見大島・大分特派員
      あじー
      昨年の5月より大分県にある小さな離島、鶴見大島に地域おこし協力隊として赴任(出身地大阪)。人口100人にも満たない超高齢化社会である島に新たな産業を起こし国が掲げている地方創生をこの島で実現するため日々奮闘中。また、昨年7月に結婚し妻が暮らしている福岡との行き来をして、島と都会のギャップを楽しみながら生活しております。 DISQUS ID @disqus_u3f0xhvhDi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集