海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/チロル特派員ブログ

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Servus!ここ最近見つけて気になっていたのがこのお茶。


IMG_5665 (1).JPG

カンナビスティー


町には大麻を取り扱うお店もあり、販売機の設置も予定されているらしいオーストリアですが、まさかお茶も買えるとは・・・・・・。


IMG_20190914_230650.jpg


というわけで買ってみました。お値段約4ユーロ。


IMG_5666.JPG


作り方は普通のお茶同様に好みの量の茶葉にお茶を入れて10分待つだけ。マイルドな味で笑顔になれるそうですが大丈夫だろうか。


大麻の有効成分のカンナビジオールは含まれておらず誰でも買うことができるお茶(※ただし子どもの服用は禁止)、しかし普段イメージするような害は無いとは思うもののやはりちょっと不安!


IMG_5683.JPG


とりあえず様子見でスプーン一杯で作ってみることに。


IMG_5684.JPG


お湯を入れて10分後。ニオイは香ばしいような個人的にはいい香りとはいえない感じ。


IMG_5687.JPG


しかし味は普通のハーブティーに近くて美味しい!


パッケージに書いていた通り、クセが無くマイルドな味です。効能は笑顔になることとあったのでやたら気分が高揚したらどうしようなどと思っていましたが、飲んだことによる何らかの作用も感じず。気分を落ち着かせてリラックスさせる程度なのでしょう。


いかがでしたか? はじめは少々不安な気持ちもありましたが、飲んでみればただのハーブティー。冬のオーストリアは一日中暗く、精神的に落ち込む人が増えると聞きますが、そんな時にこういうお茶は助けになるのかもしれません。




※この記事は、合法で販売されているお茶についての個人の感想で、法を犯すようなことを扇動する目的はありません。


2019年10月20日

Servus!すっかり秋のチロル、スーパーには食用はもちろん飾るためのかぼちゃがたくさん売られています。


IMG_20190902_125343.jpg


日本では主に煮物として食べますが、こちらのかぼちゃは煮ると水っぽくて甘みもそんなに無いのでいまいちなんです。しかも種類も多いのでどのかぼちゃがどの料理に適しているのかもよく分からない…。そこで今回はお店で見かけることの多いかぼちゃの種類と合う調理法についてご紹介します。


IMG_4817.JPG


1:Muskatkuerbis:写真は緑ですが、橙色もあります。向いているのは炒め物、お菓子、スープやジャム。


2:Butternuss Kuerbis:ひょうたんのような形が特徴。炒め物、お菓子、ピューレにしてスープがぴったりだそう。


3:Hokkaido:日本人に馴染みのある名前が付いているかぼちゃ。


IMG_4679.JPG


筆者が最もよく食べる品種です。
このかぼちゃは炒めるほかに煮物にも合います。ただ、ほくほくしたものならいいですが、水っぽすぎるものにあたるとちょっと微妙な出来になることも。それ以外だとグラタン、スープ、お菓子など合う料理はたくさん。


日本であまり見かけない食材を見ると試してみたいけど調理法が分からないということもありますよね。そんな方にこのブログがちょっとでも役立てば幸いです!


(今回参考にした雑誌はこちら


2019年9月29日

Servus! 日本でもあちこちで開催されているオクトーバーフェスト、ドイツはもちろんオーストリアでも行われます。そのため今の時期は専門店ではないファストファッションのお店でもディアンドルやレーダーホーゼンが売られています。


IMG_5039.JPG


さて、皆さん、ディアンドルに付いているエプロンのリボン、結ぶ位置によってその女性のステータスを表しているとご存知ですか?今回はそのリボンの意味についてちょっとご紹介します。


・右側にリボン:既婚者や恋人がいる女性。
・左にリボン:フリー。
・背中にリボン:未亡人
・真ん中にリボン:男性経験のない女性


背中や真ん中で結ぶリボンはまず今は目にすることはないようで、これはデリケートな問題という以前に時代遅れというのが大きいそう。


IMG_20190911_163425.jpg


ただし、オーストリアの一部地域ではリボンは常に背中と決まっているところもあるとか。


いかがですか?こういう意味を知っているとよりオクトーバーフェストが楽しめますね!日本からも多くの方が参加すると思いますが、人が集まる場所なので貴重品の管理はしっかりと!また、ミュンヘン空港の入国審査も普段より混むうえに厳しくなります。念のため時間に余裕をもって予定を組んだ方が安心です!


(参考にしたのは民族衣装専門店のこちらから)


2019年9月29日
2019年9月29日
2019年9月28日
2019年8月31日
2019年8月25日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • チロル特派員

    チロル特派員
    Obi
    2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集