海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/チロル特派員ブログ

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

Servus!オーストリアを訪れたら多くの方はスーパーへ行くと思います。お土産や食事、その土地ならではの食べ物など見ているだけで楽しいですよね。さて、そんなスーパーで見かけるのがこの機械。


IMG_6812.JPG


ビール瓶の回収機。お店で買ったビールやジュースの空き瓶をここに入れればデポジットが返ってくるんです。ビールをよく飲む我が家ではかなりの空き瓶が出るので1回の回収で10ユーロ以上返ってきたことも…笑
ちなみにどのように返金されるかというと、現金でなく機械から返金分の値段が書かれた紙が出てきてそれを金券としてそのお店で使えるという仕組み。(※写真の機械では中央の瓶投入口右下にあります)操作は特に難しくなく、ただ瓶を中央に倒して入れれば自動で回収され終わったら金券が出てくるので初めて使う人でも安心!ドイツ語の他に英語表記に切り替えることが出来る機械もあります。


瓶をケースごと持ち込んだ場合は下にそのまま置けばこちらも自動で回収されます。


IMG_6813.JPG


そんな瓶の回収機。表は見たことはあっても裏側まで見たことのある人はあまりいないのではないでしょうか。今回はそんな回収機の裏はどうなっているのかをご紹介します!


早速機械の裏へ回ってみると…?


こちら機械の投入口の裏。


IMG_6809.JPG


上から流れた来た瓶は落ちてそのまま立った状態で流れて行きます。


ちょうど瓶が投入された直後の様子。


IMG_6814.JPG


区切られているとはいえけっこうな高さで瓶が落ちるたび大きな音がするので割れるものもあるんじゃないかと心配になります・笑


流れた瓶は台の隅へ…。


IMG_6810.JPG


元々ビールが入っていた瓶…、ここまで来るのに長く放置されたものもあるのでしょう。時々強烈なニオイを発しているものも…。


こうして裏に溜まった瓶、どうやって更にメーカー毎に分別しているのかというと…


手 動 な ん で す。


流れてきた瓶、ケースは溜まるとそれ以上受け付けずストップしてしまうのでそうなる前に裏で店員さんが一つ一つメーカー毎に仕分けているんです。てっきり裏でも自動でケースに瓶が入ってどんどん流れているものだと思っていた筆者は一本ずつ仕分けている店員さんの姿を見て驚きました。


この大量に積み上がったビールケースも全て同じメーカー毎に揃えられています。そう考えるとバラで投入されるよりビールケースそのままで持ち込んでもらった方が楽かもしれません…。


IMG_6811.JPG


しかし1人あたりが持ち込むビールの量の多いこと…。


IMG_4739.JPG


いかがでしたか?この裏側を知ってから筆者は大量にビール瓶を持ち込んだ時はちょっと申し訳ない気持ちになっています…笑


なお、この回収機についてよく見かけるトラブルとしてプラスチックを持ち込んだドイツ人がドイツでは出来るのにオーストリアでは回収出来ない!と戸惑うケース。単に回収機の調子が悪くて上手く流れないこともありますが、このようにそもそも回収されないケースもあるので気になる方は店員さんに聞いてみてください。(※筆者が今のところ周りのお店で確認している回収対象はビール瓶、ヨーグルトやジャムの瓶(ミニサイズではなく大きなサイズ)、ジュース、水の瓶です)



2018年2月 9日

Servus!これまでインスブルック市内のカフェを何度かご紹介してきましたが、今回はオーストリアのカフェではなくコーヒーのみならず紅茶も豊富に揃っていて内装も素敵なブリティッシュカフェを紹介したいと思います。


そのカフェとは店名からもどんな店か分かるLondon’s taste the cafe。


IMG_6766.JPG


大学近くにある店ですが、看板も小さく住宅街に紛れているので注意しないと通り過ぎてしまうかも…。

IMG_6745.JPG


扉を開けると満面の笑みのエリザベス女王が出迎えてくれます。


IMG_6746.JPG


店内はイギリスの写真や置物、お菓子、ユニオンジャック柄のイラストで溢れています。


IMG_6739.JPG


当然オーストリアのカフェとは違う雰囲気なのでちょっと緊張…。
(初めてザッハーへ行った時も緊張しすぎて入り口前でウロウロしていた筆者です…笑)


IMG_6740.JPG


大学も近いせいか、客層は英語圏出身と見られる学生が多め。この日いた店員さんはドイツ人でしたが、お客さんとは英語で話していたのでドイツ語に不安がある人にとっては気楽に過ごせると思います。


IMG_6732.JPG


レトロな家具がまた素敵!


イギリスといえばフィッシュ&チップスということでそちらを注文しようとしましたが、他のお客さんの皿を見たら1人で食べきれる自信がなくカプチーノとアップルクランブルケーキを注文。


IMG_6764.JPG


小さいカップに入ったもの…一瞬カラシか!?と思いましたがカスタードクリームでした・笑
こちらにもアップルケーキはありますが、何か添えるとしたら生クリームなのでちょっとびっくり。カラメルソースのかかったアップルケーキも初めてでした。これはかなり甘いぞ…と思いつつ食べましたが、普段食べているケーキの方が甘かったです・笑
味の方はケーキのサイズは大きめなものの、たくさん入ったりんごのおかげで甘みも気にならず簡単に食べきることができました。


いかがですか?ケーキの他にもここでは手作りマフィン、クッキー、紅茶(抹茶ラテもあり!) 、ビールやワイン、ベーグルサンドイッチ、朝食メニューなど豊富に揃っています。少し趣の違うカフェを味わうならここのカフェにしてみては?


◆London’s taste the cafe◆

ホームページはここから


住所:Innrain 67 A-6020 Innsbruck
営業日:月~金 7:30~19:30 / 土 8:00~14:30



2018年1月30日

Servus!今年は暖冬かと思っていたオーストリア、今月に入りちょくちょく大雪になり凍えるような寒さの日も増えてきました。


日本から来られる場合季節問わず気になるのは現地での格好ではないでしょうか。羽織るものは?厚手薄手?履く靴は?などなど筆者もこちらに来る前は厚着・薄着じゃないかと悩んだものです。そこで今回は冬の間にオーストリアに来られる際のおすすめの格好をご紹介したいと思います!


大雪で交通機関が乱れた翌日に無謀にも除雪もされていない雪山へ登った時の写真…。
急遽雪山ハイキングなんてことになった時にもおすすめの服装です・笑

IMG_20180120_135940 (1).jpg


中に着る服は日本の冬の格好として着る服でも良いと思います。室内は交通機関、お店、家の中も暖房がしっかり効いているのであまりにも厚着しているとジャケットを脱いでも暑いということも…。


暖炉、暖房で家中暖かいんです。
IMG_6403.JPG


さて、それではこちらでは重要な上に着るものを写真でご紹介…。


IMG_20180127_102755.jpg


上から順に


・毛糸の帽子

・マフラー、スカーフなど首の冷えを予防するもの

・裏地もしっかりあるコート、ジャケット

・手袋


丈が長いコートだとなお良し。


IMG_20180127_103213.jpg


こちらでよく見るのはこんなジャケットを着ている人達。


IMG_20180127_103358.jpg


そのままスキーや登山に行ける格好です・笑


足下はこんな靴。


IMG_20180127_102945.jpg


ブーツや冬用スニーカー。スニーカーの場合は足首まであるものが良いです。なお、ブーツはムートンブーツはおすすめしません。(雪が降らない春先ならいいかもしれませんがイースターの時期でも降ることはあるので…)


いかがでしたでしょうか。何となくチロルはオーストリアの中でも寒い地域のイメージがあるかもしれません。しかしチロルはイタリアからの偏西風で気温は他地域より低くてもまだ寒くない場所なんです。オーストリアに来られる方の多くはウィーンへ行くかと思いますが、ウィーンへ行くならなおさら防寒対策が必要です。チロルの人達はウィーンへ行く時は地元より厚着をして出かけるほど冬は冷え込みます。


オーストリアへ来て風邪をひいて満足に楽しめなかった…なんてことにならないよう冬にこちらに来られる際はしっかりと防寒対策をしていらっしゃってくださいね。



2018年1月27日
2018年1月21日
2018年1月 6日
2017年12月30日
2017年12月30日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • チロル特派員

    チロル特派員
    Obi
    2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集