海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > チロル特派員ブログ > 南チロルはイタリアではない!チロル人なら絶対歌える...

オーストリア/チロル特派員ブログ Obi

オーストリア・チロル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月29日

南チロルはイタリアではない!チロル人なら絶対歌えるチロルの歌


南チロルはイタリアではない!チロル人なら絶対歌えるチロルの歌

Servus!筆者の住むオーストリア西部のチロル地方、すぐ隣はイタリアなのですがイタリア北部のトレンティーノ アルト アディジェと呼ばれる地域は南チロルに含まれていてここに住む人達はイタリア語はもちろんドイツ語を話します。それはかつてここがオーストリア領だったため。チロル地方はオーストリアからバイエルン支配、その後独立戦争などを経てオーストリアへ戻ったという歴史がある場所で南チロルは第一次世界大戦までは北チロル同様オーストリア領でした。しかしオーストリア=ハンガリー帝国が大戦に敗れた後は1919年にイタリア領となり現在に至ります。


現在の南チロル、ボルツァーノ。ここはオーストリアとイタリアの国境がある町、ブレンナー。


foto1.JPG


パスポートコントロールがあった頃のブレンナーの写真。


foto2.JPG


そんな歴史を持つチロル、現在は過去の争いが嘘かのようにのどかな地方ですがここに住む人達なら絶対に歌える歌でコンサートやお祭りには欠かせないある歌があるんです。その歌がこちら。タイトルはDem Land Tirol die Treue(チロルの地へ忠誠を)。



歌詞は前半は美しいチロルについてをうたっているのですが、後半(2:40あたりから)は少し変わりこんな歌詞が...。


"激しい戦争でチロルはバラバラに打ち砕かれ南チロルは引き裂かれた"


"ドロミテは真っ赤な火の中遠くから我らに最後の別れの挨拶をした"


(※ドイツ語歌詞はこちら から)


音楽は明るいですが歌詞はかつての戦争の事も歌われていてちょっと悲しい内容なんです。

そんなチロルへの愛と歴史が込められたこの歌はお祭りでのコンサートやイベントの最後に必ず全員で歌います。筆者が初めて知ったのは村のお祭りでのコンサートでしたが、他の曲はみんな座っていたのに最後にこの歌が流れてきた瞬間筆者以外総立ちして歌いだしてびっくり...。そのあとは結婚式の余興や誕生日パーティーでもこの歌が流れてくるので自然と覚えたのですが、歌詞まではよくわからずそのたびに一人だけ周りについていけないため疎外感を抱いていました(笑)


このDem Land Tirol die Treueは1950年に作られた後にチロルでの人気が高まり現在に至るそうです。内容が分からなかった当時はなぜこの歌がここまで人気なのかと思っていましたが、郷土愛だけでなくかつては同じ国であった南チロルとの歴史を伝えていくという意味もあってここまで定番の曲となったのかもしれません。


チロルのお祭りなどのイベントで開かれているコンサートを目にする機会がありましたら是非耳を傾けてみてください。




★twitterやってます★





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 生活・習慣・マナー
2017年10月29日
« 前の記事「オーストリア流風邪の治し方」へ
»次の記事「来月からクリスマスマーケットが始まります!」 へ
おすすめ記事
チロル特派員 新着記事
オーストリアでじゃがいもを買う時の見分けかた
あけましておめでとうございます!オーストリアから新年のご挨拶
2019年仮面のカーニバル、ファッシングの案内
クリスマスの次はお正月!オーストリアではどう過ごす?
日本風?オーストリア風?あなたはどっち?オーストリアではクリスマスはこう過ごす!
クリスマス直前の恒例行事、オーストリア版なまはげが今年もやって来た!
インスブルックのクリスマスマーケットが始まりました!
お酒にぴったり!ソーセージサラダを作ってみよう
1年前の同じ月に投稿された記事
インスブルックのクリスマスマーケットについて
オーストリアで働いてみて...
インスブルックで美味しいお寿司と日本風カレーが食べられるお店
インスブルックで一番大きなモールへ行ってみよう!

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • チロル特派員

    チロル特派員
    Obi
    2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集