海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > モンゴル/ウランバートル特派員ブログ

モンゴル/ウランバートル特派員ブログ みき

モンゴル・ウランバートル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 さて、前回フブスグル湖の氷祭りを紹介させてもらったのですが、今回はそのフブスグル湖の氷祭りのお土産について熱く紹介していきたいと思います!
【おすすめお土産①】
 11.jpg
 フブスグルの飴ちゃん。
見た目はとても素朴ですが…大きい…!!!日本の飴と比べると、大きさは2倍以上あると思います。見た目と同様に味も素朴で、口いっぱいに広がる、ほのかな甘さ…!!べっ甲飴に近いため、日本人は食べやすいと思います。
【おすすめお土産②】
 12.jpg
 フブスグルのお茶。
 「フブスグルでしか売ってない!!」と思ったのですが…実はどこでも売っていました。苦みはないのですが、多少臭みはあります。ただ、ハーブティーや漢方のお茶がお好きな方からすると、とても飲みやすいお茶だと思います。パックに入っているため、ただお湯を注ぐだけというお手軽さ。不思議なのは、少しぬるぬるするところですね~。面白い。
【おすすめお土産③】
 13.jpg
 フブスグルのマグネット。
 世界のマグネット…集めるのが趣味なのですが、実はモンゴルこの手のマグネットなかなか売っていません!そのため、青空市場で見たときは興奮して思わず3個も買ってしまいました…!!1個当たり4000Tgだったため、日本円にしておよそ181円。妥当な値段だと思います。色鮮やかで、フブスグルってキリル文字(モンゴル、ロシアなどで使われている文字)で書かれているところが購入欲を刺激します。ただし!!青空市場どこでも売っているわけではなく、今年見た限りでは3か所ぐらいしか売っていませんでした。お店によってマグネットの種類や値段も多少異なるため、きちんと吟味することをお勧めします!
【おすすめお土産④】
 15.jpg
 氷祭りのメモ帳。
 売っているお店は1か所しかありませんでしたが、値段も2000Tg、日本円にしておよそ90円と安く、お手頃です。フブスグル県でトナカイと共に生活している民族の方がいますが、その姿を撮った写真のポストカードがおまけでついてきます!
【おすすめお土産⑤】
 14.jpg
 トナカイのぬいぐるみ
 フェルト生地でできたぬいぐるみです。「ラクダ」のフェルト生地のぬいぐるみはお土産としてウランバートルや地方でも売っているのですが、「トナカイ」は珍しいです!手作りらしく、触って、自分の目で見て、しっかり選んでくださいね。色んな表情があるのが面白いです。値段は5000Tg~10000Tgで、日本円ではおよそ250円~500円です。

 お土産で「何を買おうかな~」と悩まれている方!ぜひ参考にしてくださいね★


2018年4月 9日

だいぶ暖かくなり、風も強くなってきたため、モンゴル人曰く「春が来た」らしいです。みなさん、お元気ですか?砂嵐にめげそうなみきです!「春が来た」といっても日本よりはまだ寒いモンゴル…。3月上旬にはまだ氷が溶けていないため、世界で第2位の透明度を誇るフブスグル湖があるフブスグル県ではモンゴル一大きい氷祭りが開催されます!このお祭り、実はモンゴルの大統領や海外からの観光客も訪れるほどで、行ってみると本当に圧巻されるお祭りなんです!
【場所】
 開催場所であるフブスグル県はモンゴル一最北の場所に位置しています。ロシア国境と接している県で、ここに存在するフブスグル湖は上記の通り世界第2位の透明度を誇ります!それもそのはず…実はフブスグル湖はあのロシアの有名な世界遺産バイカル湖とつながっているらしいのです!
10.jpg
透明度が高いため、水底の石も見えます♡

 ただ、厄介なのが広大な国のモンゴルあるある…移動距離が長い。バスだとウランバートルから県庁所在地のムルンまでおよそ12時間~13時間かかります。そこから車で更に3時間ほどで会場に到着です。
【それでも行きたい理由】
 このフブスグル湖、モンゴルでは2番目に大きな湖で、面積は2760㎢、琵琶湖のおよそ4倍の面積を誇ります。そして深さは250mを超えるところもあります。モンゴルの人達はこの湖を「далай(ダライ)=海」と呼びますが、そう呼んでもいいと思えるぐらいの広さの湖が全て凍っています!氷祭りの会場はこの湖の上…会場に行く車や人が、凍っている湖の上をバンバン渡って行きます。もちろん、夏には氷が溶けるため、船が運航しています。周りが緑豊かなため、「モンゴルのスイス」と呼ばれているらしいです。
7.jpg
【氷祭りでのおすすめ①】
 もちろん、氷の彫刻や滑り台もありますが、なんと馬ぞりができるんです!大きな湖の上を馬ぞりで滑って渡るのはとても気持ちがいいです。
6.jpg
馬ぞりからの風景です。

モンゴルの魅力の1つは常に天気がいいこと!空の青さ、湖の青さ、雪もところどころエメラルドグリーン色で大きな解放感に浸ることができます。
【氷祭りでのおすすめ②】
 2つめはショッピング。モンゴルらしい毛皮の服や靴、工芸品などから、フブスグルの特産品など様々なものが売られています。青空のもとお店の人に「хэд вэ?(ヘド ウェ?)=いくらですか?」って聞いて交渉するのが楽しいです。
8.jpg
このように青空の元お店がたくさん並んで人だかりができていま。奥に見えるテントがお食事処です。

【氷祭りでのおすすめ③】
 お腹がすいたらどうするの?と思うかもしれませんが、きちんと食事処がありますので安心してくださいね!会場近くにはゲルがあり、そのゲルがお食事処となっています。モンゴル名物「хуушуур(ホーショール)=モンゴルの揚げ餃子」が食べれます。
9.jpg
【服装は?】
 「Дээл(デール)=モンゴルの民族衣装」を着ているモンゴル人が多いですが、それもそのはず…ものすごく寒いです!!!дээл(デール)ってものすごく暖かいんです。さらに、帽子、手袋、マフラー、ダウンジャケットは必須です。できればズボンは2枚履きがお勧めです。靴もものすごく滑るため、こけるのが嫌な方は滑り止め対策にアイゼンをつけてもいいと思います。でも、広大な氷の上を滑るのもなかなか楽しいですけどね★

夏のリゾート地として有名なフブスグル湖ですが、冬には冬の魅力があります!ちなみに氷祭りは毎年3月上旬です。機会があればぜひ訪れてくださいね!


2018年4月 4日

だいぶ暖かくなってきて、春を感じることができる今日この頃ですね!みなさん、お元気ですか?みきです!春といえば、日本ではたくさんの植物が芽吹く時期ですよね?モンゴルでも植物が徐々に芽吹いてきますが、モンゴルは日本と植生が大きく異なります!日本では、照葉樹林と呼ばれる、葉がてかてか光っている植物(椿など)や、夏緑樹林と呼ばれる夏に青々とした葉が生い茂り、秋に枯れるという植物(ミズナラ・カエデなど)が多いのですが、モンゴル、特に南部のゴビ地方では、木や植物はまばらに生えています。草原だったり、砂漠だったり…こんな様々な顔を持つモンゴルだったら、きっと各県のご当地名物?!があるに違いない!!と思いますよね?例えば、日本だったら福岡の明太子、広島のもみじ饅頭、鹿児島のさつま揚げ、岩手県のわんこそば等…。各県、こんなにご当地名物あるの?!っていうぐらい各県とても力を入れてます。そのため、調べてみたところ…ありました!ゴビ地方で見られるご当地名物!!今回はそのご当地名物フムル(=хөмүүл)について紹介していきたいと思います。
【ご当地名物?!フムルとは??】
 フムルというのはニラ科の植物で、日本語では「蒙古ネギ」と呼ばれています。ちなみに蒙古ネギ、インターネットで調べても日本語のサイトでは出てこないほど、マイナーな植物なんです(中国語では沙葱)…。イメージは「何かの細い茎」という感じで、日本のアサツキやネギを若干細くした様な姿をしています。ちなみにゴビ地方の羊はこのフムルを一年中食べて成長するので、モンゴルのお肉の中でも最高の評価をもらっているみたいです。
【どうやって食べるの?】
 生でも食べれないことはないらしいのですがモンゴルの家庭では、塩漬けにされたフムルを小麦粉と水で練った皮でひき肉を包み蒸したモンゴルの伝統料理ボーズ(=бууз)と一緒に食べたり、お米に入れて炒めたりして食べているみたいです。塩漬けにされたフムルは高菜に近い味がして最高においしいんです!!ただし、あくまでもニラ科なため、食べすぎると、少し話す相手に気を使わなければいけないかもしれません。
このフムルはスーパーやザハ(市場)等で塩漬けにされたものが瓶詰にして売られています。値段はマチマチで、5000Tg~10000Tgぐらいです。結構大きめの瓶に入っているため、友達や知り合いとシェアしてもいいと思います。写真の瓶詰フムルはговийн хөмүүл(ゴビのフムル)と書かれています。
3.jpg
4.jpg
塩漬けされたフムルはきゅうりと相性抜群★
5.jpg
チャーハンにしてもおいしい♪

モンゴルにはボーズ(=бууз)や揚げ餃子のホーショール(=хуушуур)など美味しいお肉料理がたくさん存在するのですが、このフムルはおいしいモンゴル料理をさらに美味しくしてくれる名わき役です。ガイドブックにも載っていないこのフムル、モンゴルに来たらぜひ食してみてください!


2018年3月30日
2018年3月16日
2018年3月 6日
2018年2月26日
2018年2月12日
⇒すべての記事を見る

モンゴル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モンゴルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウランバートル特派員

    ウランバートル特派員
    みき
    2017年10月からモンゴルの学校にて理科教員でボランティアとして活動を始めました!モンゴルは自然が豊かで、日本と異なる気候や地形のため、毎日が驚きの連続です。趣味は旅行、カメラ、旅行先でのご飯の食べ歩き。景色の写真を撮るのも好きですが、旅先の人のいい笑顔が撮れた時が一番嬉しいです!カメラはまだまだ初心者なため、研究中です。最近はもっぱらモンゴル語と格闘してます!モンゴル語で好きな言葉は「хөгжилтай(ホグチルテイ=楽しい)」です。 DISQUS ID @disqus_eHVSuvKqiN

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集