海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。




スペインで一番最初に世界遺産に登録されたコルドバの町は、ローマ時代は属州の首都として栄え、イスラム時代の10世紀には今よりも多くの人口を抱える世界でもっとも繁栄する町のひとつでした。そんなローマ人とイスラム教徒の置き土産がパティオ、中庭です。暑く乾燥した気候に対処する建築で、たいていはコの字型やロの字型の家に囲まれており、井戸を置いていました。このような建築様式は今も受け継がれており、コルドバの人たちはパティオをたくさんの花で飾ることを好みます。


1.jpg


1921年からはパティオの美しさを競うコンクールが始まり、現在ではパティオ祭り(Fiesta de los Patios)として大勢の観光客で賑わいます。毎年5月に開催され、今年は6日から19日まで。今回はコンクールに参加した50のパティオとコンクール外で12のパティオがオフィシャルに公開されています。この中には普段は見ることもできない個人宅も多々含まれているのです。私も一度行きましたが、ぜひとも再訪したお祭りのひとつです。


2.jpg


楽しみ方はとてもシンプル。観光案内所などで公開されているパティオが記された地図をもらいます(PDFはこちら 。2ページ目は期間中のイベントプログラムになっています)。これを手に、あちこちと見てまわるだけ。手入れの行き届いたパティオは本当に美しく、そこに住む人の情熱を感じます。地図の左下にあるアルカサル・ビエホ(Alcázar Viejo)の地区は、観光地ながらローカルな空気が漂う私のお気に入りです。同じ期間に花で飾られた鉄格子のある窓やバルコニーのコンクールも開かれているので、町を歩いているとところどころで目を奪われることでしょう。


3.jpg


こんなパティオのある家に住んで、パティオにテーブルをセットして優雅に食事を楽しみたい!!と思う方、コルドバのユダヤ人街にはパティオで食事ができるレストランもあります。気候のいいこの春先は、ぜひこんなところで食事をしたいですね。


4.jpg


コルドバのパティオ祭りはとてもフォトジェニックなのでカメラや携帯、それと歩き回ることになるので歩きやすい履物をお忘れなく。


写真提供: コルドバ観光局 Turismo de Córdoba https://www.turismodecordoba.org/


2019年5月 7日



前回の記事でセビージャのフェリア(春祭り)についてご紹介しましたが、実はここバレンシアでもアンダルシアのフェリアが体験できちゃうんです!!


フランコ時代のアンダルシアは貧しい地方で、スペイン各地に仕事を求めて移住する人が絶えませんでした。もともとスペイン人は郷土愛が強いのですが、アンダルシア人は特に”アンダルシアが世界一!!”。移住した先で県人会ならぬアンダルシア州人会を組織しているのですが、毎年春先になると移住先でフェリアを催します。ここバレンシアでも開催されており、今年で27回を迎えます。会場には民族衣装で着飾った人が集まり、セビジャーナスやフラメンコポップが流れ、馬術ショーなどが行われ、アンダルシアの空気が流れます。


32350147_1956979377656838_3684206604158238720_o.jpg

写真提供:Federación de Entidades Culturales Andaluzas en la Comunidad Valenciana


XXVII Gran Feria Andaluza de Valencia 2019
期間:5月3日(土)~12日(日)
会場:トゥリア公園 地下鉄アラメダ駅近く


会場はトゥリア公園のカラトラバの橋(Puente de ExposicionまたはCalatrava)と花の橋(Puente de las Flores)の間で、最寄り駅は地下鉄のAlameda/アラメダ。市役所広場から歩いても15分ほどの距離です。


初日5月3日(金)は21:00にスタート。平日の昼などはやはり閑散として開店休業状態だと思いますので、にぎやかな雰囲気を楽しむなら週末、それも金曜や土曜の夜が盛り上がることでしょう。


アンダルシアに行かずしてフェリアを楽しむチャンスです!! ぜひ会場に足をお運びくださいね。


feria-andaluza-valencia-2019-cartel-768x1086.jpg


2019年4月30日



私の知る限り、スペインでもっとも華やかなお祭りはセビージャの春祭りです。スペインではFeria de Sevilla(フェリア・デ・セビージャ)やFeria de Abril de Sevilla(フェリア・デ・アブリル・デ・セビージャ)と呼ばれます。基本的には移動祝日である聖週間が終わった2週間後に始まるので、毎年日付が変わります。今年は5月4日(土)から11日(土)まで


旧市街からは川向こうにあたるロス・レメディオス地区にある45万㎡もの会場は、1000を超えるカセータと呼ばれる祭り小屋が並ぶ区画と移動遊園地に分かれています。カセータはプライベートの社交場で、この中で飲んだり食べたり踊ったりするのですが、残念なことに招待がないと入れません。ほんのわずかながらに誰でも入れるパブリックのカセータがあるので、会場のインフォメーションで地図をもらいそこを目指しましょう。


DSCF5486.jpg


もちろんカセータに入らずに会場内を歩くだけでも楽しめます。民族衣装でばっちりきめたセビージャの女性の美しさには、目を奪われること間違いなし。昼間は馬や馬車での入場ができるので、手入れが行き届き飾りのつけた馬を見ものです。華やかに着飾った女性とは対照的に、ダークカラーの乗馬服に身を包んだ女性もまた目の保養。つまりはセビージャには美人が多いということ。


DSCF5599.jpg


カセータの中はもちろん、道でもセビジャーナスというフラメンコに似た民族舞踊を踊る人たちを目にすることもできます。このセビジャーナスは、フラメンコを習い始めるとたいてい最初に習うそうですね。


DSCF5488.jpg


私も過去4回ほど見に行きました。初めてだった20年以上前に行ったときには、夜が明ける頃まで会場で飲んでいました。おそらく明け方から朝にかけてはほとんど人がいない状態だと思いますが、それ以外の時間帯ならいつでも賑わっているはずです。


DSCF5691.jpg

<真夜中でも子どもたちが遊ぶ移動遊園地>


と・に・か・く、言葉では表せない華やかな空気が流れています。明るく、陽気で、華やかで、キラキラまぶしいお祭りです。


DSCF5494.jpg


ゴールデンウィークでスペインにいらしている方、ぜひこの機会にフェリアをのぞいてみませんか。セビージャのホテルはどこもいっぱいだと思いますが、近郊の町や、1~2時間でアクセスできる都市(コルドバ、へレス、カディス、マラガ、シウダ・レアルなど)からは日帰りで楽しむことができます。一見の価値大アリのお祭りなので、ぜひご検討くださいね。


2019年4月28日
2019年4月21日
2019年4月18日
2019年3月25日
2019年3月17日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集