海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。




今年はなかなか暑くならないなと思っていたら、いきなりガツン!と夏になりました。暑いです。


バレンシアの夏の飲み物といえば、子どもからお年寄りまでみんなが大好きなオルチャータ!! スーパーでも買えたりスペインのほかの地方でも飲むことができますが、本場バレンシアにはオルチャテリーアと呼ばれる自家製オルチャータを出す専門店があり、夏の夕方は冷たいオルチャータを飲む人々で賑わいます。


Orxata-i-fartons-VV-03309_1024- Foto_Mikel_Ponce.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


オルチャータの原料はチュファ(カヤツリグサの地下茎)。↓↓↓


Tiger-nut-VV-14826- Foto_FANDI.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


このチュファは、バレンシア市に隣接するアルボラヤの特産品。アルボラヤにはカヤツリグサの畑が広がり、町中にはオルチャテリーアもあります。


作り方はシンプルで、これを水でふやかした後、ミキサーにかけて濾すだけ。たいていは砂糖が入っています。ナッツではありませんがチュファは英語ではタイガーナッツと、オルチャータはタイガーナッツミルクと呼ばれています。ネットで探すとアーモンドやシナモンをなどを使ったものが出てきますが、本場バレンシアで何百年も前から飲まれているオルチャータはチュファと水、砂糖ONLY。中南米では、お米でつくるオルチャータがあるそうですね。


また、オルチャータを飲むときに、ファルトンという甘く細長いパンを一緒にいただくのがバレンシア流。ファルトンをオルチャータに浸して食べるのですが、私が別々が好きです。また、オルチャータは普通の液状タイプのもの以外に、グラニサードというゆるいシャーベット状になったものもあります。私は液状タイプのものとグラニサードタイプのものを半々に入れてもらいます(←面倒くさい客ですね...)。


AHorchata-y-fartons-VV-12824_1024- Foto_Turismo_Valencia.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


バレンシアにいるなら、やはり自家製を提供するオルチャテリーアで飲みたいもの。時間がある方は、オルチャータの故郷アルボラヤに行ってみてはいかがでしょう。バレンシア市に隣接した町なので、地下鉄で簡単にアクセスできます。Danielというオルチャテリーアは、あのサルバドール・ダリも訪れた老舗。バレンシア市内のコロン市場内にも支店を出しています。また、町中のこんな屋台でも飲むことができます。


D僘-Mundial-del-Turismo-VV-11104_1024- Foto_Turismo_Valencia.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


バレンシアっ子を真似て、夏の夕方のおやつにはぜひオルチャータとファルトンをお試しくださいね。


なお、オルチャータはスペイン語だとhorchata、スペイン語だとorxataと書きます。


2019年6月30日



先日スペイン人の友人に連れていてもらったレストランの、平日限定ランチのボリュームがすごかったんです。ワインやビールも飲み放題なので、ガツン!と食べたい人にはおススメ!!


LOS HECHIZOSというレストランで、バレンシア市内には5軒あります。私たちが行ったのはルサファ店。ルサファ地区の一番端っこにあるので、北駅から歩くと15分はかかります。


平日限定の14.90ユーロのランチがあるのですが、前菜が5品、メイン、デザート、飲み物、コーヒー、パンが含まれています。ハウスワイン、ビール、水など飲み放題です。前菜はおまかせですが、メインはお米料理6種類、フィデワ(パスタのパエージャ)2種類、お肉か魚から選ぶことができます。お米料理は2人前からなので、4人で行けば2種類楽しめますね。ただ、なぜかバレンシア風パエージャはありません。なお、金曜日は1ユーロ上がって15.90ユーロになります。


私たちが行ったときはこんな感じでした。これ、3人分です。


DSC_0417.JPG

<腸詰盛り合わせ>


DSC_0419.JPG

<さば料理>


DSC_0423.JPG

<パタタス・ブラバスと鱈のコロッケ>


DSC_0325.JPG

<手を汚さずに食べられる魚介類のパエージャ。アロス・デル・セニョレッ>


DSC_0426.JPG

<初めて食べた焼きパイナップル。デザートは数ある中から選べます>


数えて見たら、前菜が4品ですね。撮り忘れたのかしら・・・


野菜がなく、アラフィフの私の胃にはちょっと持たれ気味でしたが、食べ盛りの方にはぜひオススメのランチコースです。


LOS HECHIZOS RUZAFA店
住所: Calle Filipinas 33 Valencia
電話: +34-647-995-952
営業時間: 年中無休13時半~16時、木金土のみ19:30~25:00も営業
Facebook Page: https://www.facebook.com/LosHechizos/


2019年6月19日



今年は例年に比べると涼しい気がしますが、それでもポツポツと30度を超える日があり夏の訪れを感じます。今日は夏にバレンシアにいらっしゃる方へのオススメのカクテルをご紹介します。その名も、アグア・デ・バレンシア(バレンシアの水という意味)!!


Agua-de-Valencia-VV-01551- Foto_Mike_Water (1).jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


これは、1950年代の終わりにバレンシアで考案されたカクテルだとのこと。搾りたてのオレンジジュースをシャンパンやカバなどのスパークリングワインで割り、ホワイトリキュールを加えたシンプルな飲み物で、シェーカーを使う必要はありません。スパークリングワインの炭酸が飛ばないよう、そっとかき混ぜればOK。砂糖を加える人もいるそうですが、それはオレンジの味次第でしょうか。口当たりがよくぐいぐい飲めてしまうのですが、意外とアルコール度は高いので飲み過ぎには注意が必要です(笑)


Agua-de-Valencia-VV-15784- Foto_FANDI.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


レストランやバルよりも、いわゆるカフェバー的なところでよく見かける飲み物です。ピッチャーでサーブされることが多く、グラスはシャンパングラス。夏の夕方や夜に、夜風を感じながらテラスで飲みたいカクテルです。


DSC_5088.jpg


バレンシアに来る計画のない方は、簡単なのでお家で作ってみませんか?


【アグア・デ・バレンシアのレシピ(4~5人分)】
搾りたてのオレンジジュース 500ml
辛口のカバかシャンパン 400ml
ジン 20ml
ウォッカ 20ml
以上の材料をそっと混ぜ合わせ、冷蔵庫でよーく冷やすのみ。レシピというほどのものでもありませんね。


ごくたまに市販のオレンジジュースを使っているお店がありますが、搾りたてとは味が違います。やはりオレンジを買って、搾りたてを使いたいものですね。また、ボトル入りのできあいも売っていますが、材料が揃うなら自分で作った方がおいしいです。


バレンシアにいらしたら、ぜひアグア・デ・バレンシアをお試しくださいね。


2019年6月10日
2019年6月 5日
2019年5月29日
2019年5月26日
2019年5月23日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集