海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。




ここバレンシアはパエージャ(日本語ではパエリア)の故郷。バレンシアっ子のソウルフードです。それゆえ、バレンシアの人のパエージャに対する思い入れは強く、これこれこうじゃないとパエージャとは呼べない!!と確固たる信念を持っています(笑)でも、わかりますよね。海外でたまに見かける「えええっ!?」と驚くようなものがSUSHIだったりすると、抗議したい気持ちになるものです。


さて、昨年の秋に初めて聞いた"世界パエリアデー"(Día Mundial de la Paella)。そんなのあったっけ???と思っていたら、昨年制定されたそうで、毎年9月20日です。


DSC_1078.jpg

<バレンシア風パエージャはローズマリーで風味付けするとさらに美味>


この日に限っては、なんちゃってパエージャも許されるのだとか。


この世界パエリアデーにちなみ、20日(金)にバレンシアの市役所広場で無料パエージャがふるまわれます。時間は11:00と13:30の2回。混みそうなので、早めに行くことをオススメします。(市役所広場の地図はここをクリック


DSC_6630.jpg

<薪で炊くパエージャのお味は格別>


日本では既に世界パエリアデーのキャンペーンが展開されています。9月5日~9月20日の期間中に、キャンペーンに参加しているおよそ40のスペイン料理店でパエージャを食べて、その写真をSNSにUPするとプレゼントがもらえるそうです。詳しくはこちら をご覧くださいね。


2019年9月18日



白を基調にした大型の近未来建築物が並ぶ芸術科学都市(Ciudad de las Artes y las Ciencias)の中でも、ひときわ目をひくこの建物。


17681_1024 .jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


横から見ると宇宙船のような、この角度から見ると魚が少々口を開けているような・・・。これは、Palau de les Arts Reina Sofia(バレンシア語)。スペイン語ではPalacio de las Artes Reina Sofia、日本語に直訳するとソフィア王妃芸術宮殿とこ難しい名前なのですが、要するにオペラ劇場的施設です。


設計者を担当したのは、バレンシア出身で世界的に有名な建築家のサンティアゴ・カラトラバ。ホールを4つも有する、欧州でも有数の大きさを誇る劇場です。2005年に完成し、翌年から公演がスタート。数年前には外壁に亀裂が生じたことから大規模な修復が必要になり批判が飛び交いました。


普段はガイド付きの見学ツアーがあり、観客にならずとも中を見てまわることができます。所要時間はおよそ1時間で、料金は10.90ユーロ。チケットはこちらからお求めになれます。なかなかインスタ映えするスポットだそうですよ。


さてさて、9月15日(日)はこの劇場の無料公開デーです。時間は11:00~17:00。館内を自由に見学することができます。また、12:00、17:00,19:00に無料コンサートも開催されますが、これは事前にチケットを予約する必要があります。こちらをご覧ください。


この日が無理でも、バレンシアにお越しの際はぜひ観客として訪れてくださいね。オペラや舞踊、コンサートなどが通年で開催されています。プログラムはこちらです。私は念願のスペイン国立バレエ団の公演をここで観ました。旅行中でも、オペラ劇場にはちょっとおめかしをして出かけたいですね。あまりにカジュアルな服装だと浮いてしまうかもしれませんのでご注意を。


2019年9月13日



バレンシアにある動物園ビオパルクは、アフリカをテーマにした10万㎡の面積を誇る動物園です。檻のない広々とした園内に動物が伸び伸びと飼育されていることが特徴で、大人が行っても楽しめるスポット。ただ、ちょっと入場料が高いんですよね。通常は大人23.80ユーロ(現在のレートで約2800円)、4~12歳の子どもが18ユーロ(同、約2100円)。上野動物園や多摩動物園の入場料に慣れていた私にはちょっとした驚きでした。


bio (2).jpg
©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


そんなビオパルクが期間限定で入場料の割引を実施します。


9月中の土日と10月5日~13日の間は、入場料が一律18ユーロに!! 内訳は17ユーロの入場料に、ビオパルク財団への1ユーロの寄付。この寄付は、バレンシアのシンボルでもあるコウモリの保護に使われるのだとか。


暑さも少々和らいできて、気持ちのいい季節になります。期間中にバレンシアにお越しの方は、ぜひビオパルクにも足をお運びくださいね。日差しはまだまだ強いので、気になる方は日焼け止めをお忘れなく!!


BIO.jpg
©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


アクセスは、市バス98番と99番だと入場口の近くにバス停があります。また、95番の10月9日橋(puente Nou d’Octubre)近くのバス停からだと歩いて7分ほど。地下鉄のNou d’Octubreからだと10分少々かかります。


BIOPARC
住所:Av. Pío Baroja 3, Valencia
地図: https://goo.gl/maps/28HZYQYMSBsvi1rm7
WEB: https://www.bioparcvalencia.es/


2019年9月 5日
2019年9月 2日
2019年8月31日
2019年8月30日
2019年8月29日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集