海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る



バレンシアの南を内陸に入ったところにMoixent/モイシェン(スペイン語だとMogente/モヘンテ)、La Font de la Figuera/ラ・フォン・デ・ラ・フィゲラ(同Fuente la Higuera/フエンテ・ラ・イゲラ)、Fontanars dels Alforins/フォンタナルス・デルス・アルフォリンス(同Fontanares/フォンタナレス)という小さな3つの田舎町で囲まれたバレンシアのトスカーナと呼ばれる風光明媚なワインの産地があります。


この一帯には10を超えるのワイナリーが点在し、毎春どこか1つの町で青空ワインイベントが開かれます。会場には地元のワイナリーがスタンドを出し、参加者はチケットを買ってスタンドをまわります。昨年は7ユーロのチケットでワイン8杯の試飲ができました。もう何度も行っていますが、8枚使い切れたことはありません(苦笑)。もちろん気に入ったワインがあれば購入も可。ワイン好きにとても人気のあるイベントです。のどかな田舎町の雰囲気がまた良いのです。


DSC_1108.jpg


DSC_4747.jpg


今年は4月21日土曜日にラ・フォン・デ・ラ・フィゲラでの開催となります。3年前に行ったときは民族舞踊ショーがあったり、町中にある協同組合のワイナリー見学もできました。ただ難点は、公共の交通機関がないこと。強いて言えば、バレンシアから出ている近郊線C2の終点モイシェンまで行き、そこからタクシーでしょうか(約17㎞の距離)。というわけで、車でワインを飲みにいくイベントと化してしまっています。モイシェンから有料でもいいので送迎バスを出したりすればいいのに、と思うのですが、そこまで商売っ気がないところがスペインらしいとも言えます。ちなみに2年後はモイシェンで開催予定なので、その時はバレンシアから電車で行くことができます。その際がまたここでお知らせしますね。


DSC_4798.jpg


DSC_4758.jpg


7ª Mostra de Vins de Terres dels Alforins
日時:2018年4月21日土曜日 12:00~20:00
場所:Plaza Mayor, Font de la Figuera
地図:https://goo.gl/maps/fnoUCWZyRfR2


2018年4月18日



バレンシア市内で海に面したカバニャル地区は、漁師の町として発展。日本風に言うと、昭和な雰囲気が漂うエリアです(笑)古い建物が多く、市内のほかの地区に比べると売春婦や麻薬常用者などが目立つ治安の悪さを感じる時期もありました。が、2006年に海沿いに5つ星のラス・アレナス・ホテルが開業するにともない、ホテル近くの廃屋に近かった古い建物群が一部取り壊され、地区全体の大規模な再開発案がさかんに議論されました。その後政権交代で再開発案は立ち消え、最近では若い人向けのこじゃれたバルがポツポツと増え始めています。


DSC_2760.JPG


そんなバルのひとつが、昔からあるバルを今風にリフォームしたANYORAです。カウンターの頭上に飾られたドライフラワーがかわいらしい雰囲気を醸し出していますが、近所のおじさん達もサクッと立ち飲みにやってきます。ワインのラインナップも豊富で、ベルムー(ベルモット)とタパス1品のセットもあるので、家での食事前のアペリティブに寄る人もいるのでしょうね。


DSC_2762.JPG


DSC_2792.JPG


平日のランチコースは12.90ユーロ。前菜のタパスを3つ選んでシェアする以外に、各自でメインとデザートが1品ずつ選べます。パンと税金も含まれていますが、飲み物は別料金。私が行ったときは前菜は9種類、メインは8種類ありました。お肉や揚げ物など全体的に重ためのものが多く、何も考えずにチョイスしたところアラフィフの胃には少々ヘビーでした。


DSC_2773.JPG


DSC_2785.JPG


13:00の開店から通しで営業しているので、一杯だけ飲みに寄るのもいいですね。お店の前の通りを海側にまっすぐ進むと老舗バルカサ・モンターニャがあるので、ハシゴもできます(ちなみにカサ・モンターニャはここ数年欧米人観光客で混みあっています。入れないこともたびたび・・・)。


DSC_2795.JPG


カバニャル地区には古き良き時代のかわいい建物も残っているのでブラブラ歩きも楽しいのですが、ひと気のない道や裏道には迷い込まないようにお気を付けくださいね。犬の糞も落ちているので、これにもご注意を(苦笑)


ANYORA
住所: Calle Vicent Gallart 15, Valencia
地図: https://goo.gl/maps/ShQbMUv44K82
電話: +34-96-355-8809
WEB: http://www.anyora.es
営業時間:火水13:00~23:00、木金土13:00~23:30


2018年4月 9日



1週間前からサマータイムが始まりました。過ごしやすいこの季節は野外イベントが目白押しのバレンシア。ここでもいくつかご紹介したいと思います。


まずは、毎年恒例のMostra de Vinos, Cavas y Licores y la Mostra de Alimentos Tradicionales。長い名前ですが、バレンシア産のワインやカバ、リキュールなどのアルコール飲料と同じくバレンシアの伝統的な食品のイベントです。今年は4月5日(木)から9日(月)までの5日間。トゥリア公園の会場に各出展者のブースが所狭しと並びます。


DSC_3227.jpg


楽しみ方はとても簡単。


まずはチケットブースでチケットを買います(ブースは細長い会場の両端付近に位置します)。今年は、5ユーロでチケット3枚とワイングラス、15ユーロで12枚のチケットとワイングラス、食べ物を入れるのに使う小さな素焼きの器、それにブレスレットがもらえます。このブレスレットを見せると、次回はチケット5枚を5ユーロで買うことができます。


あとはチケットを持って好きなブースに行き、飲みたいもの食べたいものと交換するだけ(※一部実費となるものもあります)。気に入ったワインが見つかれば、その場でも買うことも♪


DSC_3245.jpg


今年の出展者リストはこちらになります。最初のページがワイナリー、2ページめはチーズと腸詰類、3ページめはお菓子とパン、4ページめはクラフトビール、5ページめははちみつとオリーブオイル、6ページめはその他となっています。ワイナリーだけで約40の参加があるとは、ワイン好きには見逃せないイベントですね。


CIMG5171.jpg


また、会場の真ん中にはテイスティングスペースが設けられ、ワインテイスティングやコンサートなどのアクティビティがあります。


ママやパパでも楽しめるように託児サービスもあり、3~12歳の子どもは2時間2ユーロで預けることも(金曜~月曜12:00~20:00)。すぐ横には子どもの遊具があるので、子どもをそこで遊ばせながら楽しむパパママの姿もあります。


開催時間は4月5日(木)が17:00~22:00まで、6日(金)~9日(月)が11:00~22:00。場所はトゥリア公園のカラトラバの橋 Puente de Exposicion (Calatrava)と花の橋 Puente de las Floresの間になります。最寄り駅は地下鉄のアラメダ駅になりますが、バレンシアは小さな町なので町の中心部市役所広場付近から歩いても15分程度です。


この時期夜は気温が下がりますので、夜に行かれる方は暖かい服装でお出かけくださいね。また、飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。


XXX Mostra de Vinos, Cavas y Licores
XVIII Mostra de Alimentos Tradicionales
開催期間:4月5日(木)17:00~22:00、6日(金)~9日(月)11:00~22:00
開催場所:トゥリア公園
地図:https://goo.gl/maps/n4shpYnE9vP2



2018年4月 1日
2018年3月26日
2018年3月20日
2018年3月18日
2018年3月14日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集