海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



バレンシアの市役所広場への一般車両進入を禁止にする計画がありましたが、ロックダウン中に着々と準備が進んでいました。ちまたでは、あちこちに置かれたペールグリーンの大きな鉢に大ブーイングが起こっているようです。私も実物を目にしてちょっと驚きました。広場の雰囲気に合っていないような......。写真はこちらのウェブサイトでご確認いただけます⇒ https://zoom.us/rec/share/x-1Hf5Ps6VNJXonC82HnV7YTIorDX6a81nUZ_fUOy0nwLqqU4NLWPME6bvvPiC5Z?startTime=1591959525000


106297527_10223679861043877_3882536698622736331_n.jpg

〈バレンシアの中心、市役所広場〉


一般車両進入禁止にともない、広場内にあったバス停の場所が変わった路線もありますのでご注意ください。


また、新しい市バス路線C1がスタートしました。これまで昔の城壁に沿ってぐるりと旧市街をまわっていた5番のバスが廃止になり、この路線に。C1もよく似たルートなのですが、途中で旧市街の中心部レイーナ広場に入り、そこから市役所広場に抜けていきます。その代わり、MANGOやZARA、H&M、アップルストア、デパートEl Corte Inglésのあるコロン通りはルートから外れます。


106266383_10223679861643892_4528661249270517900_n.jpg


この路線のルートには鉄道駅、闘牛場、市役所広場、大聖堂、近代美術館、セラーノスの塔、クアルトの塔などがあるほか、バス停から少し歩くだけで聖母広場や県立美術館、陶器美術館、中央市場、ラ・ロンハ、絹博物館などがあります。旧市街の観光に役立ちそうですね。バレンシアにお越しの際にはぜひご利用ください。


2020年6月30日



ひと昔前は日本でまだ出回っていなかったスペインワインも、ずいぶん普及してきたと聞きます。これをお読みになっている皆さまはスペインにご興味がおありなので、スペインバルやレストランでまたはご自宅でスペインワインを口にする機会もあることかと思います。


スペインワインを輸入するかたわら、田崎真也ワインサロンなどでスペインワインの魅力を伝えている常田諭史さんがYouTubeチャンネルを開設いたしました。


無題のプレゼンテーション (002).jpg


常田さんは1年間のスペイン滞在中に何十軒ものワイナリーに個人で足を運び、帰国後はワインショップを併設したスペインバルで店長兼ソムリエをした後、3年前にスペイン時代の人脈からSpanish Wine Exclusiveの日本総代理店となりワインの輸入を始めました。スペインワインの生産現場やそれに携わる人をよく知る、数少ないスペインワインの伝道師です。このチャンネルでは、ご自身の扱うワインを中心に紹介していくとのこと。


たとえばこちらは、醸造家ヘスス・マドラッソ氏が答えるリオハワインの3地域の違いと今の傾向です。



そのほかの動画リストはこちら ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCIfOkUtkViL-CLqPckZv05g/videos


ボタ・デ・ビノ(ワインを入れるヤギの皮袋)を使ったワインの飲み方まで動画になっていますね。私は10数年前は闘牛場に足を運ぶことが多かったのですが、闘牛好きのおじさんたちがボタ・デ・ビノでワインを回し飲みしていたことを思い出します。簡単そうで、慣れるまでは意外と難しいのです。


一つひとつの動画の時間が長くないので、パッと見られることがうれしいですね。スペインワインがお好きな方はぜひチェックしてください。


2020年6月29日



欧州連合(以下、EU)は、2020年7月1日からEU外の旅行者受け入れを再開する予定です。ただ以前のように誰もがOKかどうかという点でまだ合意にいたっていないとのこと。引き続き入国拒否となる可能性があるのは、まずは感染者数が世界No.1のアメリカ。そしてロシア、ブラジル、カタールです。


9898.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


うれしいことに日本はEU加盟国への入国可能なリストに入っています。ただし、一定の隔離期間を求めるか否かは加盟国ごとの判断になるそうで、それはまだ発表されていません。


日本は今なお、スペインからの帰国者は到着空港で検査を受け、2週間の隔離期間が求められ、空港から公共の交通機関で帰宅することが許可されていませんね。それを考えると、スペインに来るのは日本に帰った後の規制がなくなった後にするのがよさそうです。


それと、たとえ日本国籍を有していても、入国禁止の国にお住まいの方は引き続き渡航はできないことになります。


ロックダウン時と比べるとずいぶん規制緩和が進んでいるものの、自由にスペイン-日本間を行き来できる日が戻るにはもう少し時間がかかりそうです。


2020年6月27日
2020年6月25日
2020年5月31日
2020年5月30日
2020年5月25日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集