海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バレンシア特派員ブログ

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



今日コロナウイルスのワクチンを打ってきました。本当ならできて間もないワクチンを打つなんて嫌です。それでも今回ばかりは仕方ない......


スペインでは12月末からワクチンの接種がはじまり、医療従事者や教師、高齢者施設職員などはすでに接種済み。高齢者も終わり、いまでは年齢順にまわってきています。州によってはもう40代の人も打ち始めています。


バレンシア州の場合はSMSか電話で接種のお知らせがきます(私は連絡先が登録されているのか心配で、州の保険庁のウェブサイトから連絡先を再登録しました)。3日前に突然連絡がくることもあるそうなのですが、私の場合は5日前でした。受け取ったメッセージには、どこのワクチンか、1回めと2回めの接種日時、会場が書かれています。私はファイザーでした。同じバレンシア州でも最初はアストラゼネカでしたし、その後もモデルナだったりヤンセンだったり、タイミングや場所によって製造元が変わります。


無題.jpg

〈接種日5日前に私の携帯に届いた接種のお知らせ。バレンシア語です〉


今日カタルーニャ州の友人に聞いた話では、カタルーニャでは日時と場所を自分で選んで予約するシステムだそうです。カスティーヤ・イ・レオン州の友人には、1回目の接種後に2回目の日時がもらえると聞きました。自治州ごとにシステムはいろいろですね。


私の町の接種会場は市営体育館です。今日少し早めに着くと、入口には列どころかほかに誰もおらず、係の人に検温してもらい中に入りました。最初の受付では保険カードを提示し本人確認。そしてワクチン接種を記録するカードをもらいました。受付票を見ると、3分おきに3人ずつの予約が入っています。つまり1分に1人さばく計算ですね。その次の受付ではごく簡単な問診があり、いよいよ接種。待つことなくすぐに打ってもらえました。看護師さんの腕前なのかチクリとも感じず、本当に打ったの?と思ったほど。会場に着いてからここまで、なんと5分足らずです。スペインとは思えない(失礼!)すばらしいシステムに感心してしまいました。接種後は15分だけ椅子に座って待機。何もなければ会場を出ることができます。


5244040_n.jpg

〈ワクチン接種を記録するカード〉


接種後4時間くらい経ってから、上腕部を動かすと筋肉痛のような感覚を覚えるようになりました。接種直後の副作用は人によりけりだそうですね。これから寝て明日の朝起きたらもっと痛むのか、熱が出たりするのか、ちょっと心配です。


こんな感じでスペインでは整然と、そして着々とワクチンの接種が進んでいます。日本ではまだまだのようですね。うまく軌道に乗ったらスムーズに進んでいくことを心から願っています。


2021年6月 2日



バレンシアは昔から陶器産業が盛んで、マニセスとパテルナ、アルコラがその産地でした。アルコラ周辺は、いまは建築資材としての陶器工業の産地になり大きな工場がいくつも操業しています。パテルナでは廃れてしまい、昔ながらの陶器をいまもつくっているのはマニセスだけ。


マニセスはバレンシア国際空港がある町で、バレンシア市内からも地下鉄で20分くらいのとても行きやすい場所です。町のいたるところに陶器タイルの装飾を見かけ、陶器博物館や陶器工房、陶器ショップがあります。バレンシア滞在中にちょっと足を延ばすにはちょうどいいところです。


町にはバレンシア陶器協会があるのですが、おみやげを買うのにおすすめなのがここのショップなのです。商品数が多く、比較的に手頃な価格のおみやげが揃います。バラマキ系に使えるマグネットや小皿類、またかわいらしい陶器のネックレスやピアスなども売っています。バレンシア市内のおみやげ屋さんには中国製のものが多いものの、ここなら地元産のものに巡り合えることがうれしい。


CSC_7433.jpg


■Asociación Valenciana de Cerámica AVEC-Gremio
・住所: Carrer Valencia, 29, 46940 Manises, Valencia
・地図: https://g.page/avecgremio?share
・電話: 96-154-5150
・WEB:  https://www.avec.com/la-tienda/
・営業時間: 月~金 9:30~13:30、15:00~17:30


アクセスは、地下鉄マニセス駅からは徒歩10分弱、陶器博物館からは6~7分の距離です。


2021年5月31日



スペインでは、2021年5月24日より日本からの渡航者はPCR検査の陰性証明書も隔離もなしで入国できることになりました。この発表があったときに、SNSで「やったー!!」「これでスペインに行ける!!」などの喜びの声を多々見かけたのですが、いえいえ、そんなに甘くはないのです。


確かに、スペインにはノービザで入国できるようになりました。でも久々の海外旅行をスペインで思い切り楽しんで、日本に帰るときがたいへんなのです。


今日現在での話になりますが、スペイン出国前72時間以内にPCR検査を受け、医師に日本政府指定の陰性証明書に記入をしてもらわないといけないのです。一見簡単そうに思えるかもしれませんが、在住者でも必死です。たいてい検査結果が出るのは翌日、それから証明書に記入してくれる医師のところに持って行かなければいけません。検査も医師も事前に予約が必要。また、医師には前もってしっかり説明をしておかないといけないのです。証明書には医療機関のスタンプが必要ですが、スペインでは持っていないところもあるとも聞きました。もし帰りのフライトが月曜日だったりしたら、土日にことは進みませんよね。観光で来た方がこれをクリアすることは、かなり難しいと思います。実際、家庭の事情で急遽日本に帰らないといけなくなった友人は、知り合いの医師に頼んで証明書を書いてもらうしか方法がなかったそうです。


Aeropuerto1.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


また、イベリア航空の直行便が運休中のいま、日本とスペイン間の移動には乗り継ぎが必要です。となると、乗り継ぎ国でなにかコロナ絡みの書類を求められるのかといった情報も調べなけばいけません。


運よくこの難関を突破し日本に着いたら、3日間の強制隔離が待っています。政府指定のホテルに連れて行かれ、部屋から一歩たりとも出ることができないのです。3日後にPCRを受けて陰性だったら解放されるものの、日本到着から14日間は公共の交通機関を使うことはできません。誰かに迎えに来てもらうかレンタカーをして家に帰るしかないのです。また、日本入国時には政府が指定するいくつかのアプリが携帯電話にインストールされている必要があり、3日間の強制隔離後11日間の自主隔離期間は遠隔で管理されることになります。毎日連絡がくるとかこないとか。


というわけで、残念ですが日本入国時の規制が緩和されない限りは、まだまだスペイン旅行はお預けにしておいた方がいいと思います。


2021年5月30日
2021年5月28日
2021年5月 9日
2021年4月30日
2021年4月29日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集