海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > 【今月のお題】目指すはスペイン語とバレンシア語のバ...

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月23日

【今月のお題】目指すはスペイン語とバレンシア語のバイリンガル


メール プリント もっと見る

【今月のお題】目指すはスペイン語とバレンシア語のバイリンガル



スペインの公用語はスペイン語だけではないとご存じでしたか?


スペイン語のほか、ガリシア州ではガリシア語、バスク州ではバスク語、カタルーニャ州ではカタルーニャ語、そして言語学上このカタルーニャ語の方言とされるバレンシア語がバレンシア州、マジョルカ語がバレアレス州の地方公用語に定められています。


私が住む町は圧倒的にバレンシア語の町(越して来るまでこんなにひどいとは知りませんでした>_<)。地元の人達が話すのも、公共施設の貼り紙もみーーーんなバレンシア語なんです。


バレンシア州では子供たちがバレンシア語を習得することが義務付けられており、義務教育前に3年間通う幼稚園は既にスペイン語コース、バレンシア語コースに分かれています。町に1つしか幼稚園がないような田舎の場合、両親ともバレンシア以外の出身で子供にはスペイン語で教育を受けさせたいもののバレンシア語コースしかないというケースも多々あり、問題になることも。


我が家の息子が幼稚園に入る時もひと悶着あり、市役所や州の教育庁と交渉し、入園前日にやっとスペイン語コースへ入れることが決まりました。第一希望校ではなかったものの文句は言えません。幼稚園と小学校が一緒になった公立校で、息子の年からは一学年3クラス(それまでは2クラス)。その内1クラスがスペイン語コース、2クラスがバレンシア語コースになっています。同じ町のほかの幼稚園・小学校には、このように2コース併設かバレンシア語コースのみのところはあるものの、スペイン語コースのみというところはゼロ(但し、バレンシア市内やバレンシア語が話されていない地域では、スペイン語コースのみということが多いようです)。毎年スペイン語コースに定員以上の応募があり、逆にバレンシア語コースは定員割れするにも関わらず、見直される動きはありません。それどころか毎年出願時期になると、「バレンシア語コースで学ぼう」というキャンペーンがあるほどバレンシア語での教育に熱が入っています。


義務教育が始まると、スペイン語コースの子供たちは国語(スペイン語)以外にバレンシア語を学びます。同様にバレンシア語コースでは国語(バレンシア語)のほかにスペイン語が必修。小学校1年生の息子の時間割を見ると、国語は週に4時間、バレンシア語は週に3時間、ほかに英語が1時間。これから、社会科学の授業もバレンシア語になると聞いています。このように、徐々にバレンシア語で進められる科目が増え、6年生になった時点では授業の半分がスペイン語、もう半分がバレンシア語になり、子供たちはバイリンガル!というのが州の目指すところだそうです。


DSCF2176.jpg

<小学校1年生の時間割。スペイン語とバレンシア語が混ざってるのは故意なのかミスなのか...。非常に気になります>


スペイン語以外の地方言語はフランコの独裁政権時代は禁止されていたため、学校で教えられることもなく家族の中で継承されてきました。この町に住む私くらいの世代の人には「バレンシア語で生活しているけれど、勉強したことがないので書けない」という人が多々います。そんなバレンシア語話者の親でそれを子供に継承したい人にとっては、学校できちんと自分たちの言語が学べることはありがたい話だと思います。が、他州出身の夫と外国人の私としては、バレンシア語はこの州でしか通用しない言語。だったら、スペイン全国区で、かつ中南米の多くの国でも話されるスペイン語、それと世界の共通語とも言える英語のバイリンガルを目指してほしいのですが・・・。バレンシア州の英語レベルがスペイン平均を下回るのは、この余計な言語教育のせいでは?と勘繰る私です。


それと、息子はスペイン語コースに在籍しているので、せめて通知物はスペイン語にしてほしいというのが私個人の願い。成績表も授業カリキュラムもみーーーーんなバレンシア語なので、私には読めません(>_<)


ちなみに、このバレンシア語教育の影響があるのかどうか、バレンシア州の学力レベルはスペインではワースト2だそうです・・・トホホ


(11月のお題"世界各地の子育て環境")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2012年11月23日
« 前の記事「キリストが最後の晩餐で使った聖杯」へ
»次の記事「JAPAN WEEKが始まりました!」 へ
おすすめ記事
    バレンシア特派員 新着記事
    南バレンシアのワイナリーが集まる人気の青空ワインイベント
    最近密かに人気の下町エリアにあるオススメバル"ANYORA"
    春恒例の野外イベントでバレンシアのワインや食を楽しもう
    【マドリー】日本の味が恋しくなったらICHIKOROに行こう♪
    あのカタルーニャ名物のカルソッツが楽しめるイベント
    火祭りの〆はこれ、花で覆われた聖母像を見よう
    バレンシアの火祭り 3月15日~19日のプログラム 
    バレンシアの火祭り 3月8日~14日のプログラム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    クリスマスグッズを買いに行こう!
    バレンシアでブランドショッピング
    バレンシアWC事情
    『おたくの道』による日本文化紹介イベント
    おいしい紅茶を買うなら・・・
    世界遺産ラ・ロンハの入場が有料に

    スペイン 航空券情報


    スペイン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バレンシア特派員

      バレンシア特派員
      田川 敬子
      東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集