海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > 日本チームが4位に! 国際パエージャコンクール

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月17日

日本チームが4位に! 国際パエージャコンクール


メール プリント もっと見る

日本チームが4位に! 国際パエージャコンクール



スエカで開かれた第53回国際パエージャコンクールを見に行ってきました。スエカはバレンシア市から
38kmほど南に行った町で、稲作が盛んな地域に位置します。スエカだけで5,000ヘクタールの水田があり、
毎年35,000トンのお米を生産。この辺りの水田地帯がバレンシアの郷土料理パエージャの発祥地と
言われる所以から、毎年9月にこのコンクールが開かれているのです。


今年はスペイン以外にニュージーランドやドイツ等世界中から30のレストランが集まり、
パエージャ作りの腕を競いました。日本からは3チームが参加。過去に2位を2度、海外部門1位を6度
受賞している銀座の老舗スペインレストラン『エスペロ 』(写真左)、初出場の大阪の料理研究所
テーブル・ファクトリー 』(写真右)、そして8月20日のブログ でご紹介した東京は門前仲町の
バレ・パエージャ 』です。


c.JPG c1.JPG


スエカ駅に面した細長い公園には簡単に仕切られたブースが作られ、みんな同じ条件で作るように食材、
パエージャ鍋、薪にいたるまで主催者側から支給されます。会場では無料で飲み物サービスがあり、
見物客は飲み物を片手にあちこちのブースをブラブラ。途中、会場内を楽隊が通り、
公園脇の通りでは民俗舞踊のデモンストレーションがあったりとお祭り気分を盛り上げます。


CIMG8923.JPG b.jpg


cb.JPG ca.JPG


会場の様子は、EL MUNDO紙のサイトにある動画 で見ることができます。
なぜかこの動画、日本人ばかり写っているんですよ。実は、ワタクシもちらっと・・・(^^;)


時間になりパエージャが炊き上がると審査会場へ運ばれていくのですが、残念ながらここから先は
出場者と関係者のみしか入れません。手伝っていた知り合いに招待券が1枚余っていると言われたものの、
一緒に来ている友人たちを見捨てるわけにはいかず涙を飲みました(>_<)


さて、気になる結果ですが、今年、輝かしい世界一のパエージャに選ばれたのは、クエンカ郊外の
小さな村にあるレストラン『La Posada Real de Santamaria(ラ・ポサダ・レアル・デ・サンタマリア)』でした。
愛をこめて、ゆっくり作るのがコツだとか。続く2位は、隣町クジェラの『Picanterra(ピカンテラ)』
(ここはたまにパエージャを食べに行くお店のすぐ近くにあって、気になっていたんです!!)、
3位はアメリカのマイアミにある『Chambao(チャンバオ)』、そして東京の『バレ・パエージャ 』が4位に!!


多数参加した地元バレンシアのレストランを押しのけて、初出場での快挙です。今回腕を奮ったのは
バレ・パエージャ 』小林邦久シェフ(写真右)と系列店でららぽーと豊洲にある『スペインバル・バルデゲー 』の
栗原靖武シェフ(写真左)。お店に行かれる方、ぜひ「おめでとう」と声をかけてあげて下さいね。


a1.JPG

<若さとさわやかさで、会場でもひときわ目立っていた2人>


a2.jpg a.jpg


バレンシアからスエカまではRENFEの近郊線C1で30分の距離。会場は駅前なので、アクセスは抜群です。
来年以降9月にスペインに行かれる予定の方、覗きに行ってはいかがでしょう。但し、パエージャの
試食はありません。私がスエカの市長だったら、巨大パエージャ鍋で見物客用のパエージャを作るのになー
(昔はあったとか、なかったとか・・・)。そして、これをご覧のスペイン料理関係者の方、来年は参加しませんか?
1位の賞金は2,500ユーロ(現在のレートだと約30万円強)だそうですよ。興味のある方、ご相談ください(^^)


【おまけ画像】
CIMG8724a.jpg


東京湾に面したテラスが素敵な『スペインバル・バルデゲー 』 
夜景を見ながらワインを傾けたいですね☆


ランキングに参加することにしました。 
↓↓↓よかったらクリックお願いします^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2013年9月17日
« 前の記事「【東京】タパスコンクール東京2013」へ
»次の記事「【今月のお題】スペインのシンボル、オスボルネの闘牛」 へ
おすすめ記事
    バレンシア特派員 新着記事
    南バレンシアのワイナリーが集まる人気の青空ワインイベント
    最近密かに人気の下町エリアにあるオススメバル"ANYORA"
    春恒例の野外イベントでバレンシアのワインや食を楽しもう
    【マドリー】日本の味が恋しくなったらICHIKOROに行こう♪
    あのカタルーニャ名物のカルソッツが楽しめるイベント
    火祭りの〆はこれ、花で覆われた聖母像を見よう
    バレンシアの火祭り 3月15日~19日のプログラム 
    バレンシアの火祭り 3月8日~14日のプログラム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    安産のマリア様
    バレンシア初!? タピオカミルクティーのお店

    スペイン 航空券情報


    スペイン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バレンシア特派員

      バレンシア特派員
      田川 敬子
      東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集