海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > 【今月のお題】スペインのシンボル、オスボルネの闘牛

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月23日

【今月のお題】スペインのシンボル、オスボルネの闘牛


【今月のお題】スペインのシンボル、オスボルネの闘牛



バスや車でスペインを旅していると、高速道路の傍らに立つ大きな黒い闘牛の看板を見かけます。
高さは14mとかなりの大きさ。お土産屋さんでは各種グッズが売られ、スペインのシンボルと言っても
過言ではないでしょう。これを見ると、遠くに富士山が見えた時のような嬉しさを感じるんですよね(^^)


私が初めてこの看板の存在を知ったのは、1992年に公開されたビガス・ルナ監督の映画
ハモン・ハモン 』でした。余談ですが、この映画は、今は夫婦のペネロペ・クルスとハビエル・バルデムの
出会いだったとか(^^)


IMG_7504.JPG


この黒い闘牛は、ワインメーカー・オスボルネ(英語ではオズボーン)社のブランデー『ベテラノ』の宣伝のため、
1956年にマヌエル・プリエトというアーティストがデザインした看板でした。最初に主要幹線道路沿いに
建てられたときは4m、それから7mとなった後に14mにまで成長(笑)するものの、1988年にわき見運転による
交通事故防止の目的で、広告看板は道路沿いから一斉撤去するお触れが出ます。本来ならこの黒い闘牛の
看板も消え去るはずだったのですが、30年あまりの間にすっかり人々の心をつかみ、宣伝の文字は一切
なしの状態で残されることになったのです。


今はすっかりとスペインの風景の一部となっているこの看板、現在は、カタルーニャ、カンタブリア、
ムルシアを除く14の自治州とメリージャに、計90あまり立っています。一番数が多いのは、オスボルネ社の
あるアンダルシア州。ここバレンシア州にも11あるとか。なお、カタルーニャ州にあった最後の看板は、
2007年にカタルーニャ独立を目指すグループによって壊されてしまいました。スペインの複雑な民族
問題にまで、この闘牛が関わるとは・・・。ムルシアでは来年中に再びこの看板を立てる計画があるそうですよ。


バスや高速道路でスペインを旅行される皆さんが、この黒い闘牛に巡り合えますように!


(9月お題 "わたしの街のご当地キャラ")


ランキングに参加することにしました。 
↓↓↓よかったらクリックお願いします^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 文化・芸術・美術 自然・風景
2013年9月23日
« 前の記事「日本チームが4位に! 国際パエージャコンクール」へ
»次の記事「【セビーリャ】迫力を至近距離で感じるフラメンコショー」 へ
おすすめ記事
    バレンシア特派員 新着記事
    2018年バレンシアのクリスマス Part 1:市役所広場
    速報!! 2019年版バレンシア州のミシュランレストラン
    【マドリー】ベネズエラ人御用達のベネズエランレストラン
    【バルセロナ】日本人の盗難被害多発中!!
    オリーブ収穫真っただ中! ぜひ味わいたい搾りたてのエキストラバージンオリーブオイル
    【コルドバ】最新コインロッカー情報
    サマータイム終了のお知らせ
    マイナーな郷土料理がおいしい田舎のレストラン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    安産のマリア様
    バレンシア初!? タピオカミルクティーのお店

    スペイン ツアー最安値


    2018/12/11更新

    スペイン 航空券情報


    スペイン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バレンシア特派員

      バレンシア特派員
      田川 敬子
      東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集