海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > 【テルエル】スペイン版ロミオとジュリエット テルエ...

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月29日

【テルエル】スペイン版ロミオとジュリエット テルエルの恋人たち


メール プリント もっと見る

【テルエル】スペイン版ロミオとジュリエット テルエルの恋人たち



バレンシアからバスで北西に2時間ほど行ったところに、アラゴン州のテルエルという町があります。
この町はユネスコの世界遺産に登録されたムデハル様式の建物以外に、悲しい恋の物語でも有名です。
小説やオペラ、映画にもなり脚色されたために諸説が広まっていますが、『テルエルの恋人たち財団』の
サイトによると次のようなお話になります。


DSCF4641.JPG

<駅を出て町に入る時に登る大階段の正面にあるレリーフは、テルエルの恋人たちがテーマ>


13世紀のはじめのこと。テルエルにはフアン(ディエゴとも言われています)とイサベルという若い
恋人同士がいました。2人はたいそう愛し合っており、結婚したいと考えていました。しかし、イサベルは
たいそうお金持ちの家の一人娘で、フアンは貧乏な家庭の生まれ。イサベルの親が許すはずがありません。


フアンはきっとお金持ちになって帰るので5年間待っていてほしいとイサベルに告げ、テルエルの町を
後にします。そして、キリスト教徒軍に入り国土再征服のためにイスラム教徒軍との戦いに明け暮れ、
5年間で大金を手にしました。一方のイサベルは、早く娘を嫁がせたい父親をかわしているうちに
5年間が過ぎ、とうとう縁談を受け入れることになってしまいました。


結婚後まもなく、それまでまったくお音沙汰のなかったフアンがテルエルに帰ってきました。イサベルを
諦められないフアンはこっそりと会いに行くことに成功し、口づけを求めるも、既に人妻となったイサベルは
それに応じることができません。フアンは悲しみのあまりにその場で亡くなってしまいます。イサベルは
夫にそれを打ち明け、困った夫は他人に知れると自分が殺したと思われかねないので、こっそりと亡骸を
フアンの家に運びました。自分が口づけを断ったばかりにフアンが亡くなったのでイサベルはひどく後悔し、
悲しみに暮れ、せめて埋葬される前に口づけをしに行こうと決心します。亡骸が安置されていたサン・
ペドロ教会に向かい、そこでフアンに口づけをした後に息を引き取ってしまいました。イサベルを亡くした
夫は人々に何が起きたかを話し、2人は二度と離れることがないようにと一緒に埋葬されました。


DSCF4577.JPG



<左の絵はプラド美術館が所蔵する、
アントニオ・ムニョスが1884年に
描いた『テルエルの恋人たち』の
複製で、霊廟に展示されている>


実際に16世紀の半ばに教会を修復した際、ミイラ状態になった2人の亡骸が見つかったそうです。
このミイラは19世紀頃まで公開されていたそうですが(Amantes Teruelで画像検索すると出てきます^^;)、
現在は20世紀の半ばにつくられた2人を模った棺に納められ、永遠の眠りについています(なんと横側の
細工の隙間からは、ミイラがチラリと見えます・・・^^;)。


DSCF4598.JPG DSCF4573.JPG


2人の棺はサン・ペドロ教会併設の霊廟に置かれていて、見学が可能です。なお、この教会の
ムデハル様式の塔は、世界遺産に登録された『アラゴンのムデハル様式の建築物』ひとつ。
テルエルに行ったらぜひ訪れたいスポットです。


<サン・ペドロ教会と恋人たちの霊廟>
オープン:10:00~14:00、16:00~20:00(8月は10:00~20:00)。
入場料:教会や霊廟、塔などフル見学可能な入場券は9ユーロ、霊廟のみ4ユーロ、教会のみ5ユーロ
※入場券販売は19:30まで。
※1月1日、12月25日、バキージャ・デ・アンヘル祭り開催中の7月の月曜、土曜、日曜は、霊廟入場不可


<バレンシアからのアクセス>
バス :月~土1日4便、日曜3便、所要時間1時間45分~2時間
列車 :1日3~4便、所要時間2時間40分~3時間10分 


テルエルはこじんまりした町なので、バレンシアから日帰りでも十分に観光できます。


ランキングに参加しました。 
↓↓↓よかったらクリックお願いします^^↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年10月29日
« 前の記事「ちょこっとおしゃれをしてクラシックな劇場へ」へ
»次の記事「【今月のお題】素顔のバレンシア~私の街のベストショット」 へ
おすすめ記事
    バレンシア特派員 新着記事
    南バレンシアのワイナリーが集まる人気の青空ワインイベント
    最近密かに人気の下町エリアにあるオススメバル"ANYORA"
    春恒例の野外イベントでバレンシアのワインや食を楽しもう
    【マドリー】日本の味が恋しくなったらICHIKOROに行こう♪
    あのカタルーニャ名物のカルソッツが楽しめるイベント
    火祭りの〆はこれ、花で覆われた聖母像を見よう
    バレンシアの火祭り 3月15日~19日のプログラム 
    バレンシアの火祭り 3月8日~14日のプログラム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    長距離特急ユーロメッドのススメ
    入場無料が嬉しい美術館
    バレンシアのお土産は特産食品ショップで
    ドアを開けるとそこはアメリカ・・・
    【カルペ】カルペでシーフードランチ
    男性が女性に贈り物をするバレンシアの日
    祝日のお知らせ
    日本人フラメンコダンサーライブのお知らせ

    スペイン 航空券情報


    スペイン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バレンシア特派員

      バレンシア特派員
      田川 敬子
      東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集