海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > 【マドリー】ベネズエラ人御用達のベネズエランレスト...

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月20日

【マドリー】ベネズエラ人御用達のベネズエランレストラン


【マドリー】ベネズエラ人御用達のベネズエランレストラン



南米のベネズエラは豊かな自然と石油という資源に恵まれているにもかかわらず、政情不安定な状態が長く続いています。たとえいい仕事についていてお給料をもらっていても高水準なインフレで暮らしは厳しく、医薬品や食料品不足が深刻。他国へと脱出する人が後を絶たないことは、日本でもニュースになっていますね。


親しい家族が住んでいるため、チャベス政権になる前に何度か訪れたことがあるので胸が痛みます。そこの家族の姪っ子も大学を出た後にマドリーで修士課程を経て、現在はスペイン企業で働いています。スペインのニュースでも目にしましたが、現在マドリーにはベネズエラ人が増加中とのこと。それも、よくある貧困層の移民ではなく、高級住宅街のサラマンカ地区で目立っているというので驚きます。姪っ子に会いにカラカスから家族が来ると私も出掛けて行くのですが、先日はベネズエラ人御用達というベネズエラ料理レストランla cuchara(ラ・クチャラ)に連れて行ってもらいました。もちろん場所はサラマンカ地区。


DSC_5843.JPG


ベネズエラ料理と聞いてもどんなものかピンと来ない方がほとんどかと思います。ベネズエラは先住民系やアフリカ系、ヨーロッパ系と多民族国家なので、食事もそれぞれの食文化が混じり合ったもの。中でも、日本人のおにぎり、スペイン人のボカディージョ的存在がアレーパです。アレーパはトウモロコシの粉で作ったもっちりしたパンのような食べ物で、ここにチキンやチーズ、アボカド、黒豆などの具を挟んで頂きます。


ここla cucharaでは、アレーパはもちろん、中南米ではメジャーなユカイモのフライ、トウモロコシ粉を使ったカチャパとチキンのラザニア風"チャルーパ"などなど、和食ともスペイン料理とも違った料理を味わうことができます。Frescolita(フレスコリータ)というベネズエラ産の変わった味の炭酸飲料もあり、私は苦手でしたが小学生の息子はとても気に入っていました。


DSC_5476.JPG

<ミニアレーパの盛り合わせ。左に見える毒々しい赤いドリンクがフレスコリータ(笑)>


DSC_5479.JPG


日本ではなかなかベネズエラ料理は口にできないと思うので、マドリーにお越しの際に寄ってみてはいかがでしょう? また、サラマンカ地区にあるラ・パス市場の奥には、アレーパなどのファーストフード的ベネズエラ料理が食べられる小さなお店もあるので、興味のある方はぜひお試しくださいね。


DSC_5841.JPG


la cuchara
住所: Calle Conde de Peñalver 82 Madrid
地図: https://goo.gl/maps/vVE5cKWgXg82
WEB: https://www.lacuchararestaurante.es/
電話番号: +34-91-309-3405
営業時間: 月~土13:00~16:00 20:00~23:00(金土は~24:00)、日13:00~16:00

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年11月20日
« 前の記事「【バルセロナ】日本人の盗難被害多発中!!」へ
»次の記事「速報!! 2019年版バレンシア州のミシュランレストラン」 へ
おすすめ記事
バレンシア特派員 新着記事
超簡単で温まるスープ『ソパ・デ・アホ』のつくり方
第2回アンディージャ産黒トリュフ料理コンクール
今日はスペイン全国でロスコン・デ・レジェスを食べる日
12粒のブドウで迎えるニューイヤー
スペインでもっとも人形の数が多いベレン
【バスク】TV番組のお知らせ:元旦はBS日テレ、1月3日はカンテレでバスクを紹介
【バルセロナ】総領事館からランブラス通りにおけるテロ攻撃への注意喚起
2018年バレンシアのクリスマス Part 3:レイーナ広場
1年前の同じ月に投稿された記事
何を見る? バレンシアの観光スポットをご紹介【前編】
あのパエリアチャンピオンのシェフが、プチェロコンクールでも優勝していた!!
バレンシア北駅に期間限定クリスマスショップがオープン
本日11月2日(木)『世界入りにくい居酒屋』の舞台はグラナダ

スペイン ツアー最安値


2019/1/24更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集