海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > スペインでもっとも人形の数が多いベレン

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月30日

スペインでもっとも人形の数が多いベレン


スペインでもっとも人形の数が多いベレン



クリスマスが終わると途端にお正月飾りに変わる日本とは違い、スペインではまだまだクリスマス。東方の三賢王がキリストに贈り物を持って礼拝に来たことが由来の公現祭、1月6日まで続きます。スペインの伝統では、クリスマスプレゼントは東方の三賢王が1月5日の夜に持ってきてくれるものだったのですが、最近は12月24日の夜にサンタクロースもご活躍(苦笑)クリスマス期間中に2回プレゼントをもらう子供も多いものの、わが家では伝統にのっとり東方の三賢王だけにお任せしています(^_-)-☆


クリスマスの飾りといえばツリーが思い浮かびますが、スペインで伝統的なのはベレン。これはキリストの生誕シーンを人形で模したもので、ミニサイズから等身大までサイズはさまざま。シンプルにヨハネとマリア、キリストだけのものもあれば、ベレン(スペイン語でベツレヘムの意味)というだけあって、当時のベツレヘムの町をジオラマ風に再現したものもあります。教会や広場、学校、お店のウィンドーなどあちこちで飾られるので、クリスマス時期にはベレン巡りという楽しみがあるのです。私もベレン巡りが大好きで、毎年決まったところを見て歩きます。何か月もかけてつくる細部まで凝った素晴らしいベレンからは、作り手の情熱が伝わってきます。


さて、バレンシア郊外のメリアナにはスペインでもっとも人形の数が多いベレンがあります。人間以外に鳥や動物も含め、全部で6000体もの人形がおよそ50㎡のベレンに使われているというから驚きます。


入り口から時計と反対周りにグルっと一周まわって見学するのですが、10を超える聖書のシーンが再現されています。『受胎告知』『エジプト逃避』などお馴染みのシーン以外に、『キリストの割礼』なんていうシーンもあり驚きました。カタルーニャのクリスマス文化であるカガネー(ウ〇チ人形)も飾られています。スペイン1を誇る人形数ですが、そのひとつひとつが生き生きしているばかりか、家の細部や市場の商品、動物や鳥たちまでとにかく手が込んでいることに目を見張ります。遠近法で奥行きのある空間を作り出す手法もすばらしい!!


DSC_9127.jpg


DSC_9113.jpg


また、メインのベレンとは別に、壁側にバレンシアの農村風景を模したベレン(生誕シーンや聖書のシーンはなし)も飾られてるのですが、これはすごい!! 人形はバレンシアの民族衣装を着ているし、薪を炊いてパエリアを作っていたり、バレンシアの聖母デサンパラードスがまつってあったり。バレンシアっ子やバレンシア好きにはツボです。  


DSC_9082.jpg

<右側のバレンシアキッチンで料理をしている女性の後ろに薪で炊いているパエリアがあるのが見えますか?>


とにかく一見の価値があるベレンです。


DSC_8135.jpg

<何十分かに一回室内の照明が消え、生誕シーンだけがライトアップされます。>


アクセスは、バレンシアの北駅から近郊線C6の電車で3駅めのRoca Cúper(ロカ・クーペル)駅から徒歩2分。この駅にとまる電車は基本的に1時間に1本の間隔で運行しています。ベレンのお向かいにはバルとしても使えるレストランがあるので、待ち時間はここでつぶせます。昨年は日本人観光客も来て、お土産に小さなベレンを買って行かれたそうですよ。


今シーズンは1月6日までの展示となりますが、例年だいたい12月1日から1月6日なので今回は無理でもぜひ来シーズンに!! 見学は無料ですが、出口に寄付の箱があるので感動の数だけ小銭を入れてあげてくださいね。


なお、午前中の方が空いています。週末の夕方などは並ぶこともあり、私も3年前に初めて行ったときは50分も待ちました。


Bélen de Roca
住所:Calle San Isidro 43, Meliana (Valencia)
地図:https://goo.gl/maps/1vsvqWbXKiD2
WEB: www.belenderoca.com

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年12月30日
« 前の記事「【バスク】TV番組のお知らせ:元旦はBS日テレ、1月3日はカンテレでバスクを紹介」へ
»次の記事「12粒のブドウで迎えるニューイヤー」 へ
おすすめ記事
バレンシア特派員 新着記事
春の恒例・バレンシアのワインや食を楽しむ野外イベント
セマナサンタ(聖週間)とパスクア(復活祭)は別物です
ガンディアにあるフィデワ(麺パエ)の名店 Chef Amadeo
火祭りが終わった翌日は聖母広場に行こう
火祭りで見たいイルミネーションスポットはここ
火祭り名物の爆竹ショー"マスクレタ"は毎日14時に開催中
火祭りはいつ始まるの? 2019年プログラム
1日5食のスペイン人が朝食の次に食べるのは!?
1年前の同じ月に投稿された記事
2017年バレンシアのクリスマスシーン 市役所広場編
2017年バレンシアのクリスマスシーン コロン市場編
2017年バレンシアのクリスマスシーン レイーナ広場編
お土産にいかが? 旧市街にあるクリスマス菓子専門店
何を見る? バレンシアの観光スポットをご紹介【後編】

スペイン ツアー最安値


2019/4/23更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集