海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > バレンシア郊外で楽しめるカルソッツ祭り

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月25日

バレンシア郊外で楽しめるカルソッツ祭り


バレンシア郊外で楽しめるカルソッツ祭り



カタルーニャ地方の冬の風物詩のひとつがカルソッツ。タラゴナ原産の細長い玉ネギ(カルソッツ)を炭火で外側が真っ黒になるまで焼き、トマトやアーモンドを使ったロメスコソースにつけて食べる料理です。


毎年1月最終日曜日にタラゴナ郊外のバイスで開かれるカルソッツ祭りには、日本人の姿も多いそうです。


カタルーニャの人は週末にカルソタダとよばれるカルソッツの集まりを開き、家族や友達と楽しいひと時を過ごします。カルソッツのほかにアーティーチョークやお肉や腸詰も同じように炭火で焼いていただきます。これにパン・コン・トマテとデザートのクレマ・カタラナ、そしてカタルーニャ産のカバやワインがあれば完璧!!


以前はカタルーニャ地方に行かないとなかなか食べる機会がありませんでしたが、最近は都市部のレストランで提供するところも出てきました。また、市場やスーパーで見かけることも。


でも、やっぱり屋外で、そして炭火で焼いて食べたい!!
・・・できれば近場で。


というバレンシアっ子のために、郊外にあるシャティバという町では毎年2~3月頃にカルソッツ祭りが開かれます。なんでも近くにカルソッツ農家があるそうなんです。今年は2月24日の開催でした。知ったのは1週間前だったものの、カルソッツ好きの友人達総勢20名で楽しんできました。写真はその様子です。


000.jpg


111.jpg


222.jpg


真っ黒のカルソッツ。これ、どうやって食べるの?って思いませんでしたか?


カルソッツにはお約束の食べ方があります。ネギの緑色の部分を利き手でつかみあげ、反対の手で黒く焦げた部分の上部を軽く握り、そのままスッと下におろします。そうするとツルンと焦げた部分だけが剥けるんです。そしてネギの先端にたっぷりとロメスコソースをつけてそのまま高く持ち上げ、顔を上に向けた状態で口を開けてパクンと食いつくのです。お行儀のいい食べ方ではありませんが、これが正当流。


333.jpg


手が炭で真っ黒になるので、私たちは使い捨て手袋を持っていきました。


お値段はカルソッツ12本とロメスコソース、前掛けで8.50ユーロ、アーティチョークとロンガニサ(腸詰)がセットで4.50ユーロでした。会場の広場はバルが多く、どこもテラス席を出しているので、好きな場所に陣取ってそこで飲み物やほかのつまみものをオーダーして楽しみます。子ども用のエア遊具が設置されたり、舞台を設けてバンドのライブがあったりとスペインのフィエスタ感満載。お昼時が近付くと長蛇の列ができる大盛況でした。


来年はもっと前もって開催情報を入手し、こちらで告知できるようにしたいと思います(^_-)-☆

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2019年2月25日
« 前の記事「美味! トレンテ版アロスアルオルノ コンクール」へ
»次の記事「1日5食のスペイン人が朝食の次に食べるのは!?」 へ
おすすめ記事
バレンシア特派員 新着記事
春の恒例・バレンシアのワインや食を楽しむ野外イベント
セマナサンタ(聖週間)とパスクア(復活祭)は別物です
ガンディアにあるフィデワ(麺パエ)の名店 Chef Amadeo
火祭りが終わった翌日は聖母広場に行こう
火祭りで見たいイルミネーションスポットはここ
火祭り名物の爆竹ショー"マスクレタ"は毎日14時に開催中
火祭りはいつ始まるの? 2019年プログラム
1日5食のスペイン人が朝食の次に食べるのは!?
1年前の同じ月に投稿された記事
注意!! スペイン国営鉄道RENFE大型ストのお知らせ
今年の火祭りの女王&お姫さまはこのふたり!!
BS日テレ 2月25日(日)12:00~12:25 及川光博さんがスペイン絵画の魅力に迫る!!
街路樹のオレンジと農園のオレンジ
あのソロージャが描く庭園の絵画を集めた無料展覧会開催中
ワイン好きなら行くべし! Experiencia Verema 2018

スペイン ツアー最安値


2019/4/24更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集