海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バレンシア特派員ブログ > パエリアの発祥地にある観光客向けの本格パエリアスク...

スペイン/バレンシア特派員ブログ 田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月14日

パエリアの発祥地にある観光客向けの本格パエリアスクール


パエリアの発祥地にある観光客向けの本格パエリアスクール



スペイン料理の顔ともいえるパエリアは、お米の産地でもあるスペイン東海岸のバレンシアの郷土料理。週末の昼間に家族や仲間達とわいわい楽しく食べる定番です。週に1回はパエリアを食べるというバレンシアっ子は少なくなりません。それゆえにパエリアに対するこだわりも強く、ほかの地方や国で"パエリア"と称されているのものに対する評価は厳しいっ!! グリーンピースを入れることすらNGだそうで、チョリソーなんて入っていたら大変なことになります(笑)


では、どんなパエリアを食べているのか気になりますよね。バレンシアに来たら本場のパエリアを食べることはお約束。でも、どうせなら食べるだけではなく作り方も覚えて帰って、日本で本場の味を作ってみたくはありませんか?


バレンシアの旧市街にあるEscuela de Arroces y Paella Valencianaは、主に観光客を対象にしたパエリアスクール。ここではバレンシアの家庭で食べるパエリアの作り方を教えてくれます。それも嬉しいことに、まずは参加者全員で近くにある中央市場に食材の買い出しに出かけるところからスタートするんですよ(※夕方スタートのレッスンは、市場が閉まっているために買い出しはありません)。


DSC_3686.jpg


帰ってきたら、キッチンで実習が始まります。途中で30分ほど火にかけたままにする時間があり、その間に席について前菜とワインを頂き、仕上げにキッチンに戻った後にメインのパエリアに舌鼓。デザートの後には修了証と昔ながらのパエリアを食べる木のスプーンをもらってお開きになります。案内役のスタッフもシェフの明るく陽気でとても楽しいレッスンです。


DSC_3620.JPG


DSC_3676.JPG


パエリアは3種類あり、バレンシア風と野菜が1人65ユーロ、魚介が75ユーロ。18歳以下のお子さんには割引料金が適用されます。


DSC_3724.JPG


言語は英語かスペイン語で、参加者によっては2言語での進行になります。残念ながら日本語はありませんが、先生と一緒に作るので、あまり言葉ができなくてもなんとなくできてしまうかと思います。どうしても日本語で!という方がいらしたら、私にご連絡をください。


詳しい内容や申し込みはWEBをご覧くださいね(英語、スペイン語のみ)。


Escuela de Arroces y Paella Valenciana
住所: Calle Obispo Don Jerónimo 8, Valencia
地図: https://g.page/EscuelaPaellas?share
電話番号: +34-96-104-3540
メール:  info@escueladearrocesypaellas.com
WEB: https://escueladearrocesypaellas.com/

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年10月14日
« 前の記事「男性が女性にプレゼントをする10月9日バレンシアの日」へ
»次の記事「現在のバルセロナの混乱について~日本総領事館からのお知らせ~」 へ
バレンシア特派員 新着記事
10月9日はバレンシアの日。そしてバレンシア版バレンタインデー
バレンシアを代表するふたつの広場の変身
スペインから日本入国のハードルが少し下がりました!!
日曜日はパエリア!! パエリア上手の友人の隠し技は?
昨年は中止、今年の火祭りは半年遅れの9月に決行!!
前代未聞!! 9月の火祭りが始まります
夏の定番!! 私のガスパチョレシピ
名前の通り花で覆われたプエンテ・デ・ラス・フロレス
1年前の同じ月に投稿された記事
【コルドバ】最新コインロッカー情報
サマータイム終了のお知らせ
マイナーな郷土料理がおいしい田舎のレストラン
バレンシア版バレンタインデーは10月9日

スペイン ツアー最安値


2021/3/31更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バレンシア特派員

    バレンシア特派員
    田川 敬子
    東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集