海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > バンクーバー特派員ブログ > オープンハウスツアー

カナダ/バンクーバー特派員ブログ 松江 ひで

カナダ・バンクーバー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月 9日

オープンハウスツアー


メール プリント もっと見る

オープンハウスツアー

今日はバンクーバーのダウンタウン内とその周辺にあるコンドミニアム(日本で言うマンション)のオープンハウスツアーをしてきた。 買いもしないのに・・・。はは。。


というのも、こうなったのには事情があるのです。


数日前・・・。仲の良い友達のお母さんが日本から投資のためにバンクーバーのコンドミニアムを買いたいかもしれないという話が持ち上がり、その時一緒にいた、バンクーバーで不動産のエージェントをやりながら、更にエアカナダのフライトアテンダントを十年以上も続けているという超 busy な、そして超美人の台湾人のキャリアウーマンが、「じゃあ、オススメコンドをいくつか紹介するわっ^^」と・・・。ということで、始まったこの企画。

ついでに・・・
彼女と知り合ったのは、かれこれ 3年前・・・・自分がワーホリでバンクーバーに来て、暇を持て余している時に、サルサ(というかラテン系のナイトクラブ)にはまり、狂ったようにサルサが踊れるナイトクラブなどに通い詰めていた頃、同じく狂ったようにダンスを踊り続けていたのが彼女とその友達数名、名づけて、「サルサガールズ」。いやマジで彼女達自身も自分の事をこう呼んでいた。 今では事情により閉鎖されたが、その頃はこのコミュニティ Webサイトまであったくらいなのだ。
まぁ、そんな事で、彼女とはサルサ仲間として主に夜だけ会っていたので、正直その頃はまさか、不動産もやってるなんて全然知らなかった・・・・。


で、話は長くなりましたが・・・・
今回はダウンタウンの中心地からはちょっと離れるものの、徒歩で 15分くらいのところにある、築1〜 2年ほどのコンドと、ちょっとした高級住宅街イエールタウンにあるコンドを見て回りました。


まず、最初の部屋はこのコンドミニアムの果てしなくペントハウスに近い部屋。




ここは、Studio タイプなので、ちょっと狭いが、「今回は投資が目的と言う事で、狭い広いは関係ない! 月々の返済も安くなるし、狭くてもビューが良ければ売れる」との事。うう〜ん。さすがプロ。
価格は $328,000(3300万円越え)だが、とにかくビューは最高!!
また、このコンドには、別建物の プール、ジム、ミーティングルーム、シアタールーム、パーティルームなどがあるのがポイント。
その後、同じ建物内の別の部屋を何個か見たが、価格は $30,000-$40,000(500万円以上)程度しか変わらなかった。まぁ、それならビューが良いところが良いのだろう。
っていうか、できてまだ 1年ちょっとしか経ってないのに、何でこんなに売りに出てるんだよ〜〜って感じ。



そして、次はイエールタウンのちょっと古めのコンド。
築12年ほどで、部屋の中はロフト形式となっていて、上にベッドが置いてある感じ。
一件「おお〜〜っ!」と思うが、よく考えてみると、寝る時、何か夏暑そう・・・。しかも、キッチンの真上にあるので、臭そう・・・と友達。う〜ん。確かに。
でも、金額は $400,000(4000万円超え)。えええ〜。高いっ!
ということで、ココはほとんど視野に入れない感じ。



そして、同じアパートの最上階ペントハウスもついでに見学。
同じく、ロフトみたいになっていて、ロフトに上がったところからバルコニーに出れるが、そこにはジャグジーが!!おお〜最高!しかも、景色最高!!
でも、さっき見た下の階の部屋に比べても室内が全然狭い。 しかし、金額は$500,000(5000万円超え)。高っ!!


そんなこんなで、終了したのは 夕方 5時。かれこれ 4時間も見て回っていたようだ。。かなり疲れた。。。
実は過去にも、ダウンタウン内のオープンハウス周りをした事があるのだが(自分が買うわけじゃないんだけど)。一言言わせてもらいたい。「っていうかバンクーバー高すぎる!!」。
しかも、ほとんど日本で言う欠陥住宅ばかりが立ち並ぶバンクーバー(特にダウンタウン)。しかも、そんなのが 平気で 数千万〜数億円で売られてるなんて・・・。まさに投資家のためだけに利用されたテンポラリービルって感じ。(言い過ぎてたらゴメンっ)

数年前からバンクーバーの不動産はうなぎ登りで、多くの投資家がかなりその差額で設けているらしいが、そんな状況も今は一旦落ちついている模様。去年に比べると今年の不動産の売買は半分程度まで減ったと他の人から聞いたし。とは言っても、バンクーバーはまだまだバブル状態!!
オリンピックの後にはこのバブルも崩壊するのか、それとも・・・・。ある意味楽しみだ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年7月 9日
« 前の記事「バンクーバーオリンピックのマスコット」へ
»次の記事「スカイトレイン拡張の状況」 へ
おすすめ記事
    バンクーバー特派員 新着記事
    新アウトレット・ショッピングモール「Tsawwassen Mills」オープン
    バイク・シェアリング・サービス「mobi」
    人をダメにするソファ「ヨギボー」のカナダ初店舗
    留学・ワーホリにかかる本当の費用
    バンクーバー空港に「McArthurGlen アウトレット」がオープン
    全裸でサイクリング
    VFW 日本人デザイナー高橋悠史氏のご紹介
    Vancouver Fashion Week (2014年 秋・冬)

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンクーバー特派員

      バンクーバー特派員
      松江 ひで
      東京都出身。日本では主にネットワーク関連のエンジニアとしてUNIXサーバーの運用管理・販売などに携わる。しかし日本の人の多さに疲れ、ギリホリと呼ばれる時期に全てを捨ててカナダ バンクーバーへ。将来はハワイに住むのが夢だったのだが・・・、今はすっかりカナダ色に染まり、毎日 “のほほ~ん” と生活しています。 バンクーバーの情報サイト 「GoToVan」を運営中。 DISQUS ID @disqus_zEjkxqdXoA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集