海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > バンクーバー特派員ブログ > バンクーバーの危険地帯

カナダ/バンクーバー特派員ブログ 松江 ひで

カナダ・バンクーバー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年1月20日

バンクーバーの危険地帯


バンクーバーの危険地帯

20090118153510_hastings_main_0_m.gif


バンクーバーの危険地帯と言われているこのエリア。

地球の歩き方などのガイドブックなどでもよく紹介されているので、なんとなく「危険」という事だけは知っていると思うのですが、何がどのように危険なのか知らないという人も多いと思います。
なので、本日、カメラを持ってこのエリアを探索してきたので、簡単に紹介しちゃいます。

<



まず、ここがなぜ危険地帯かというと、この辺には、ホームレスやドラッグ中毒者たちが盛りだくさんだからです。別に銃を持った人がウロウロしているとか、そういった感じの危険という意味ではありませんのである意味ご安心を。まぁ、正直、自分も最初の頃、知らないでこの辺をウロウロしたこともありますし、今日も1人でカメラを持ってウロウロしていましたが何も問題は起きませんでした。

と言うのも、ここはチャイナタウンと隣り合っているため、昼間は普通の観光客も混じって歩いているので、普通に歩いているだけならあまり危険ではないんですね。しかも、この辺にはたくさんの警察もウロウロしているので。
まぁただ、変な人が多いというのは事実。自分は男だから大丈夫だったかもしれないけど、もし女の子1人で歩いていたら・・・何があるか分かりません。注射器の針なんかをプチッっと刺されちゃうかもしれないし、何をされるかわからないという意味では、決してうかつに行くところではない。特に夜は絶対に近寄らない方が良いと言う事だけは確かです。

しかし、もし知らないでこのエリアに入ってしまい後から気づいた場合は、まず、旅行者っぽいオーラは出さないように努力する(どうやって?)、また可能であれば、ちょっと変な動きをしてみたりして逆に彼らと同化して仲間に見られる(無理か・・)などで対応しちゃいましょう。



また、このエリアの中でも一番変な人が多い場所がここ。Hastings St x Main St. にある、「Carnegie Community Centre」前。ここは、バンクーバーで初めて建てられた公共の図書館で、中には図書館はもちろん、キッチンやジム、アートギャラリーなどの設備が整っている。ホームレスの為に食事も配給されるという事もあり、結果そういった人たちの溜まり場となってしまっているようです。



更に、カナダでは、ドラッグ中毒者のために、「Needle Exchange Programs
」という事を 1989年にココからすぐ近くの「Youth Activities Society」でカナダ初められており、今でもこの付近にはこのプログラムを行っている施設がいくつかある。



これは何かと言うと、ドラッグ中毒者が注射器を使い回し、それが原因で HIV に感染する人を減らすために、政府が新品の注射器など一式を無料で配るというプログラム。当然ながら、こんなことを反対する人はカナダでも多い。



いや本当に何考えているのか分からん。
確かに、コレにより HIV 感染が相当減ったのだろう。でもそういう問題じゃないでしょ〜。
どんな理由にせよ、国が作った法律を破る手助けを国がしてどうすんだよ〜って事ですよ。

こんなことするから、注射器の針などが町中にドンドン増えるわけです。
今日も、数分歩いているだけで道端にいくつか、消毒水のケースらしきものが落ちているのを見つけたほどです。

カナダだけの問題ではないかもしれないが、このアイディア(プログラム)は確実に間違っている。うん。まず、一番やらなくてはいけないことは、ドラッグをやる人を減らす事。しかし、このプログラムは、結果的にそれを助長するような行為となっている。これじゃ、カナダはドラッグを許可しているのかと思われてしまいますね。


とにかく、道端に落ちている注射器などには絶対に触らない、また、踏んでも大丈夫なように、この辺を歩く時は特に、底の厚い靴を履くように心がける、いや、この辺の危険なエリアじゃなくても、注射器の針には注意した方が良いでしょう。
それはこの辺の危険地帯だけでではなく、ダウンタウン内の細い路地裏道も同じです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年1月20日
« 前の記事「バンクーバーのオフィス事情」へ
»次の記事「WAL MART と目薬」 へ
おすすめ記事
    バンクーバー特派員 新着記事
    バンクーバーのペット事情
    新アウトレット・ショッピングモール「Tsawwassen Mills」オープン
    バイク・シェアリング・サービス「mobi」
    人をダメにするソファ「ヨギボー」のカナダ初店舗
    留学・ワーホリにかかる本当の費用
    バンクーバー空港に「McArthurGlen アウトレット」がオープン
    全裸でサイクリング
    VFW 日本人デザイナー高橋悠史氏のご紹介
    1年前の同じ月に投稿された記事
    交通費アップ!?
    世界一住みやすい都市「バンクーバー」

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンクーバー特派員

      バンクーバー特派員
      松江 ひで
      東京都出身。日本では主にネットワーク関連のエンジニアとしてUNIXサーバーの運用管理・販売などに携わる。しかし日本の人の多さに疲れ、ギリホリと呼ばれる時期に全てを捨ててカナダ バンクーバーへ。将来はハワイに住むのが夢だったのだが・・・、今はすっかりカナダ色に染まり、毎日 “のほほ~ん” と生活しています。 バンクーバーの情報サイト 「GoToVan」を運営中。 DISQUS ID @disqus_zEjkxqdXoA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集