海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > バンクーバー特派員ブログ > トロント旅行 - ナイアガラの滝 - アメリカ側 ...

カナダ/バンクーバー特派員ブログ 松江 ひで

カナダ・バンクーバー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月22日

トロント旅行 - ナイアガラの滝 - アメリカ側 & 夜のナイアガラ


メール プリント もっと見る

トロント旅行 - ナイアガラの滝 - アメリカ側 & 夜のナイアガラ

トロントと言えばナイアガラの滝!!
初めてカナダに来たとき、ナイアガラの滝と、オーロラだけは見ようと心に決め、かれこれ 4年ちょっと経った今、ようやくそれが実現しようとしていたのだ。ってか、今頃〜〜!

ナイアガラへは、今までシャトルバス、車などでも間単に行くことが出来たが、2009年の夏より、GO Train という電車が土・日・祝のみ、トロント(Union 駅) からナイアガラまでの直通サービスを開始し、更に便利になったようだ。


だが今回はナイアガラで一泊し、更にナイアガラの街とその周辺も探索する予定だったため、いつもの Dollar レンタカー で車を借りて行くことに。車の場合、トロントから高速に乗って約 1時間半程度なので、結構気軽に行ける距離だ。


ナイアガラの街は想像していたよりもかなり都会で、街の中には観覧車、フリーフォール(みたいな)、ミュージアム、カジノ、ナイトクラブ、ゲームセンターなどのアミューズメント施設が充実していて、昼も夜も楽しめる。


ナイアガラに着いて、まずは泊まる予定のホテルでチェックイン。
今回のホテルは、部屋からナイアガラが見えるちょっと高めのホテル。って言っても、1部屋に5人泊まるので普通よりも安い!んんん〜。グループって素晴らしい!
がしかし、実際は木が邪魔であまりよく見えなかったんですけどね・・・・。


ちょっと部屋でゆっくりしてすぐに待ちに待ったナイアガラを見に行く。
ちなみに、ナイアガラの滝は、ちょうどアメリカとの国境にあり、メインとなる大きな滝の 1つはアメリカ側、そしてもう 1つはカナダ側となり、アメリカ側の滝の方に行くには国境を越えなくてはならないと、ちょっとメンドクサイのだ。

もちろん車で国境を越えることも出来るのだが、週末ともなると結構渋滞となっているため、今回は歩きで国境を越えることにした。

近くに車を止め、橋を渡ってボーダーを越えるのだが、まずは橋の手前のコンナ感じのゲートで、50¢ 払わなくてはならない。

そして、橋の真ん中から見るナイアガラの滝がコレ。
手前の左のがアメリカ側で、奥の方がカナダ側となる。


ちなみに、滝の大きさは、

カナダ滝: 落差53m、幅670m、滝壺の深さ56m
アメリカ滝: 落差21m 〜 34m、幅260m

と、カナダ側の方が断然大きい。

Niagara Falls Observation Tower
アメリカの国境を超え、ここのアトラクションの一つでもある、作りかけの橋みたいな展望台「Observation Tower」に入ってみる。ちなみに入場料は $1(USD)で、ここから 「Maid of the Mist (霧の乙女号)」という、滝のすぐ近くまでいく船に乗る場合は、$13.50(USD) となる。これはカナダ側にもあるのでどちらから乗ってもほとんど同じ。

更に、この展望台からエレベーターで下におり、そこから滝のすぐ横まで歩いていき、すぐ近くから滝を見ることが出来る。結構ビチョビチョになるので、お化粧崩れに注意!!

Cave of the Winds
しばらくそこでマイナスイオンをたっぷりと浴び、その後そこから歩いて 15分くらいのところにある Goat Island 内の「Cave of the Winds」に向かった。
これは、滝の真下まで行くことが出来るというもので、$11 の入場料を支払い、エレベーターで下りる。かなりビチョビチョになることが予想されるため、事前にゴミ袋みたいなカッパとサンダルをくれるので、コレを着て万全体制を。

黄色いゴミ袋、いやカッパを着て、滝のすぐ近くまで行くと、そこはもう 台風状態


ってか、カメラが完全防水じゃないことが悔やまれる・・・。
何もしてなくてもビッチョビチョです。
こんな状態の場所に「禁煙」という看板を発見。いや、て言うか無理だろ〜。多分ジョークだろう。


と迫力満点のアメリカ側のナイアガラの滝を楽しんだ後、ホテルのある街の方に一度戻り、夕食を食べにレストランに行き、その後、毎週金曜日に行われるナイアガラ花火大会を見ようと思ったのだが、食事に夢中で気づいたときには時間が過ぎていて、完全に見逃してしまったのだった・・・。残念。。

そんな切ない気持ちを紛らわすために、夜でも動いている観覧車「Sky Wheel」に行くことにした。
夜は、ナイアガラの滝もライトアップされ、この観覧車に乗るとそんな綺麗な滝も良く見えるのだ。

更に観覧車から見るナイアガラの街の夜景がとっても綺麗!!
ちょっとミニラスベガスって感じですかね。


ナイアガラの滝公式サイト(カナダ側)
http://www.niagaraparks.com/

ナイアガラの滝公式サイト(アメリカ側)
http://www.niagarafallsstatepark.com/


[行き方]

Go Transit(電車 & バス):
http://www.gotransit.com

Greyhound(バス):
http://www.greyhound.ca/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2009年9月22日
« 前の記事「トロント旅行 - 街探索 - CN タワー」へ
»次の記事「トロント旅行 - ナイアガラの滝 - カナダ側 & ナイアガラの街」 へ
おすすめ記事
    バンクーバー特派員 新着記事
    新アウトレット・ショッピングモール「Tsawwassen Mills」オープン
    バイク・シェアリング・サービス「mobi」
    人をダメにするソファ「ヨギボー」のカナダ初店舗
    留学・ワーホリにかかる本当の費用
    バンクーバー空港に「McArthurGlen アウトレット」がオープン
    全裸でサイクリング
    VFW 日本人デザイナー高橋悠史氏のご紹介
    Vancouver Fashion Week (2014年 秋・冬)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Deas Island Regional Park 一人探索
    バンクーバーの銀行
    あっ!スパイダーマン!
    スタンレーパーク

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンクーバー特派員

      バンクーバー特派員
      松江 ひで
      東京都出身。日本では主にネットワーク関連のエンジニアとしてUNIXサーバーの運用管理・販売などに携わる。しかし日本の人の多さに疲れ、ギリホリと呼ばれる時期に全てを捨ててカナダ バンクーバーへ。将来はハワイに住むのが夢だったのだが・・・、今はすっかりカナダ色に染まり、毎日 “のほほ~ん” と生活しています。 バンクーバーの情報サイト 「GoToVan」を運営中。 DISQUS ID @disqus_zEjkxqdXoA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集