海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > バンクーバー特派員ブログ > The George C. Reifel Migr...

カナダ/バンクーバー特派員ブログ 松江 ひで

カナダ・バンクーバー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月27日

The George C. Reifel Migratory Bird Sanctuary (ライフェル野鳥保護区)


メール プリント もっと見る

The George C. Reifel Migratory Bird Sanctuary (ライフェル...


バンクーバーからは車で 1時間程度、フレーザー川(Fraser River) 河口の中心の島内にある、カナダで最も人気のあるバードウォッチングサイト「ライフェル野鳥保護区(George C. Reifel Migratory Bird Sanctuary)」。

園内には、池、干潟、トレイルがあり、一番奥にある展望台までは、約1.5km で、歩いて大体 1時間〜1時間半程度で一周することができる。

この地区では、ハクガン(Lesser Snow Goose)、カナダヅル(Sandhill Crane)、カナダグース(Canada Goose)、ハクトウワシ(Bald Eagle)、ハヤブサ(Peregrine Falcon)、アメリカワシミミズク(Great Horned Owl) などなど、268 種類以上の鳥が観察されていて、それ以外にも非常に珍しい鳥が時々現れるらしい。


大人 $4 を支払い入園し、池を囲う形のトレイルを進んでいくと途中、いろいろな種類の鳥を身近で観察する事ができる。また、鳥に気づかれずに観察しやすいよう、のぞき窓が付いた観察小屋も何棟かあるので本格的なバードウォッチングができる。


trailmap.gif


そして、入口から一番離れた北西の角にある高さ約10m の展望台まで行くとそこからは、フレイザー川河口や、バンクーバーの景色などを楽しむことができる。


日本人にはちょっと珍しい園内でも人気者 カナダヅル(Sandhill Crane) が、トレイルに現れる事も多く、餌をあげると寄ってきたりします。



[各季節に観察可能な鳥たち]

3月 - 4月
ハクガン(Lesser Snow Geese) がこの地区へ戻ってきて、夏に向けてロシアへ旅立つ。3 月には何百羽というヒメハマシギ(Western Sandpiper) がフレイザー川河口に立ち寄り、この保護区の池で採食。
更に、この季節には鷹やハクトウワシ(Bald Eagle) そしてアシカ(Harbour Seal)、アザラシ(Sea Lions)、ミミヒメウ(Double-Crested Cormorant)、また、サケ(Salmon) やその他の魚の群れを追ってやってくる野生動物を観察できる。


夏の終わり
シギ・チドリ類が入り江や干潟を訪れる。この季節は キアシシギ(Greater/Lesser Yellowleg)、オオハシシギ(Long-billed Dowitchers)、ヒメハマシギなどが観察できる。


10月 - 12月
カモ、ガン、ハクチョウといった水鳥の大群を見るのに最適の季節。
冬越しのために南へ向かう多数の水鳥が栄養補給のためこの保護区に立ち寄る。
また、みどころでもある、何万羽の ハクガン(Lesser Snow Geese)が到着するのもこの季節。


冬季
手に置いた餌を食べるほど人によく慣れた、マガモ、アメリカコガラ(Black-Chapped Chickadee)を観察できる。また、夜には小型の アメリカキンメフクロウ(Saw-whet Owl)、そして、畑や湿地ではナキハクチョウを観察する事ができる。

また、この保護区で営巣する、マガモ、カナダガン、カナダヅルは一年を通して観察可能で、それ以外にも、コマツグミ (American Robin)、ツバメ(Barn Swallow)、ハシナガヌマミソサザイ(Marsh Wren)、ハゴロモカラス(Red-Winged Blackbird)やスズメの多くもこの保護区で営巣することが多いため観察可能だ。

園内の雰囲気は動画でどうぞ。

George C. Reifel Migratory Bird Sanctuary
Web: http://www.reifelbirdsanctuary.com/
住所: 5191 Robertson Road Delta BC V4K 3N2
電話: 604-946-6980
入場料: 大人 $4 / 子供(2-14 才) $2 / シニア(60 才) $2
営業時間: 9am - 5pm (4時以降は入園不可)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年4月27日
« 前の記事「日本から海外への国際電話料金がな・なんとっ!! 0円!?」へ
»次の記事「バンクーバーの学校と留学センターの密かなルール」 へ
おすすめ記事
    バンクーバー特派員 新着記事
    新アウトレット・ショッピングモール「Tsawwassen Mills」オープン
    バイク・シェアリング・サービス「mobi」
    人をダメにするソファ「ヨギボー」のカナダ初店舗
    留学・ワーホリにかかる本当の費用
    バンクーバー空港に「McArthurGlen アウトレット」がオープン
    全裸でサイクリング
    VFW 日本人デザイナー高橋悠史氏のご紹介
    Vancouver Fashion Week (2014年 秋・冬)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2009年 チューリップ・フェスティバル - Tulip Festival 【再】
    チューリップ・フェスティバル - Tulip Festival
    ローカルに人気の山 Mt. Baker
    ジュノーアワード - Juno Awards

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンクーバー特派員

      バンクーバー特派員
      松江 ひで
      東京都出身。日本では主にネットワーク関連のエンジニアとしてUNIXサーバーの運用管理・販売などに携わる。しかし日本の人の多さに疲れ、ギリホリと呼ばれる時期に全てを捨ててカナダ バンクーバーへ。将来はハワイに住むのが夢だったのだが・・・、今はすっかりカナダ色に染まり、毎日 “のほほ~ん” と生活しています。 バンクーバーの情報サイト 「GoToVan」を運営中。 DISQUS ID @disqus_zEjkxqdXoA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集