海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ”美食家大絶賛”のオーストリア料理!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月21日

”美食家大絶賛”のオーストリア料理!


”美食家大絶賛”のオーストリア料理!

オーストリアは東西ヨーロッパの中継点に位置するため、あらゆる面で東西文化が融合していると言えます。郷土料理もその例に洩れず、西のドイツ及び、東のチェコ・ハンガリーからの影響を受けると共に、一種独特な食文化の牙城を築いています。
日本でも有名な「伝統的オーストリア料理」と云えば、ヴィーナー・シュニッツェル(ウィーン風カツレツ)、グラーシュ(ハンガリー風煮込み)、ターフェルシュピッツ(茹でた牛肉)にザッハー・トルテ(ハプスブルク皇室御用達チョコレートケーキ)、カイザーシュマレン(オーストリア風パンケーキ)等が代表的かと存じますが、今回は表舞台になかなか名を現さない隠れ名士ならず、隠れ名料理をご紹介していきたいと思います!

---------前菜(Vorspeise/フォアシュパイゼ)---------
◆ザルツブルガー・ビーフ・タタール(ザルツブルグ産牛肉、タルタール風味)
DSCN8181-a.jpg これは生のザルツブルク産・牛挽肉と、ハーブ、玉葱、ピクルス、卵、お酢、マスタード等を和えてペースト状にしたものに、バルサミコ&カラメルソースを絡めた料理。サクサクに焼かれたトーストが4枚つくので、これにバターとペーストを塗り、お好みで紅玉葱とレタス、ペッパーを乗せて頂きます。
見た目よりもずっとボリュームがある上に、とっても味わい深く、何といっても美味しい!!!
デリケートな食材(生挽肉)を扱うとあって、ある程度格式のあるレストランでないと置いていないのも特徴です。(12.50ユーロ)

---------メイン料理(Hauptspeise/ハウプトシュパイゼ)---------
◆焼き鴨肉、ハーブ/オレンジ/プラムソース添え。クヌーデル(お団子)付き。

DSC00015[1]-a.jpg 鴨肉のコンフィや北京ダック等、著者は鴨料理に目がないのですが、残念ながら日本ではなかなかお目に掛かる機会のない代物。ところがウィーンの伝統的なオーストリア料理レストランでは、高い確率で鴨料理がメニューに載っているのです!
左写真はオーブンで表面がカリカリに焼かれた大振りの鴨肉に、ハーブ、オレンジ及び甘酸っぱい”プラムソース”が添えられたもの。クリスピーな表面をかじる瞬間、幸福感がお口いっぱいに広がります!
因みに一緒に頂くクヌーデル(お団子)にはあまりお味がありませんが、これは和食でのご飯のような役割だとお考え下さい。日本人女性にはボリューム満点なので、小さいサイズ(Kleine Portion/クライネ・ポルツィオン)でオーダーしました。ノーマル・ポーションだと3〜4ユーロ上がると同時に、鴨肉が2つに増えます。(季節商品のため、価格は変動制)


ビーフ・フィレ・ティップのペッパーソース、ハーブ・シュペッツレ添え
(高級牛肉の煮込み、ペッパーソースとチロル名産ハーブ・パスタ添え)

DSCN8182-a.jpg 左写真をご覧の通り、ハイクォリティなビーフを柔らかく煮込んだものに、クリーミーなペッパーソースがたっぷりとかけられています。添えてあるのは、主にチロル地方特有のパスタ、シュペッツレのハーブ風味です。美味しいビーフもさることながら、このシュペッツレは日本では”ほぼ間違いなく出会わない一品”なので、一度は試してみる価値ありです!(大 15.90ユーロ)


◆鴨肉とほうれん草のクヌーデル(お団子)、レンズ豆のピュレー添え
DSCN8185-a.jpg 先ほど一度鴨肉をご紹介しましたが、こちらはまた別のディッシュです。
これはオーブンで焼かれたカリカリ鴨肉に、ほうれん草のクヌーデル(お団子)が添えられたもの。(これも小さいサイズ)別皿で、レンズ豆とベーコンのピュレーが付きます。
前述の鴨肉がプラムソースで甘酸っぱく頂くのに対し、こちらは塩味の効いたコンソメ・テイストが特徴です。同じ鴨肉でも、ソースによって全く趣きが変わるので、お好みに合わせて選んでみて下さいね!
レンズ豆は日本ではそこまで一般的ではありませんが、知る人ぞ知る、「栄養素満点」の食材。2006年にはアメリカの健康健康専門誌"Health"で、世界5大健康食品の1つとして見事選ばれた他、旧約聖書にも登場するなど、長く愛され続けているお豆です。ビタミンB群、葉酸、鉄分等を豊富に含むので、特に女性にお勧めです。(小 11.90ユーロ)


---------デザート(Nachspeise/ナッハシュパイゼ)---------
◆カスタニエン・ライス(マロンライス)
DSC00017-a.jpg 著者一押しのデザートは、何といってもこれ!!!!!
カスタニエン・ライスとは直訳で「栗ごはん」。(ぽろぽろとしたライスの様な食感に仕立て上げられています)これにフルーツ、ホイップクリーム、チョコレート・ソースが添えられて登場します。
ここのレストランはお皿が大きいので、どれも写真で見るより食べごたえがあるとお考えください。
でも甘いモノ好きの方ならば、一人で全然別腹に収まるサイズです。栗も自然の甘さを生かしてありますし、ホイップクリームもお砂糖が殆ど入っていないので、程よいナチュラルな甘さが我々日本人にとっては絶品以外の何物でもありません。
ただ栗が季節ものとあって、秋冬限定のこと多し。もし見つけたら迷わずお試し下さいね!。(季節商品のため、価格は変動制)


◆マスカルポーネ・クヌーデル(マスカルポーネのお団子)
DSCN8186-a.jpg マスカルポーネ・チーズと言えばティラミスが定番ですが、これはマスカルポーネを使ってお団子に仕立てたもの。1番目の鴨料理にも使われいた”プラムソース”に新鮮な苺、バルサミコ&カラメルソース、ウェハース、パウダーシュガーを添えて。例によってボリュームがふんだんで、「お団子3つくらい、朝飯前!」と高を括っていた著者は、お団子2つ目にして敢え無く撃沈いたしました。とっても美味しかったので無念だったのですが。。。
これもやはり日本では頻繁にお見かけしないデザートですし、チーズ好きの方には見逃せない逸品であること間違いありません!(5.80ユーロ)


◆これらのお料理が食べられるレストラン

著者の夫の祖母が小さい頃既に通っていたという、100年以上の歴史と由緒あるレストランです。
常に込み合っていますので、特に金曜・土曜の夜は予約してからお越し下さいね!

DSCN8172-a.jpg

Amon's(アモンズ)
住所: Schlachthausgasse 13, 1030, Wien/シュラハトハウス通り 13番、ウィーン3区
行き方:  地下鉄3番線、シュラハトハウスガッセ駅下車 徒歩3分
電話:   +43 (0)1 798 81 66
FAX:   +43 (0)1 799 17 73
開店時間:月ー土 10:00-24:00、日・祝 10:00-16:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2010年4月21日
« 前の記事「バッグに一つ、旅行便利グッズ!」へ
»次の記事「風邪引き用のバスオイル」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンde大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスのおいしい季節です
    旬の食べ物を満喫 Bärlauch
    市庁舎前の広場はいつも賑やか
    待望のウィーンリングトラム運航開始

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集