海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ウィーンで極上のコーヒー豆を買う!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 1日

ウィーンで極上のコーヒー豆を買う!


メール プリント もっと見る

ウィーンで極上のコーヒー豆を買う!

Wien christmas market 022-a.jpg 著者がウィーンに来て、大きく変わった価値観の一つにコーヒーが挙げられます。
先日ウィーンと言えばカフェ!最もエレガントと称されるカフェ・ラントマンの記事でも触れましたが、ウィーンではカフェ文化が非常に発達しています。商談や交友にカフェが使われるのは言わずもがな、一人でもコーヒーを飲みながら道行く人を眺めたり、それぞれの考えに耽ったり、新聞やお気に入りの本を読んだり・・・、と時間をゆったり使う際に欠かせません。ウィーンにおいてコーヒーは、いわば人生のお伴といったところでしょうか。また一杯のコーヒーを時間を掛けて味わい、精神的に満たされる、という点では、精神交流を重視する茶道の精神と通ずるものが、垣間見えなくもありません。

勿論お味の方も、日本のいわゆる一般的な喫茶店で振る舞われるコーヒーとは格段に違い、同じ”コーヒー”というカテゴリーだとは到底思えない程。日本の美味しい「緑茶・抹茶」と、ヨーロッパで流行のティーバッグで出せる”香りが殆どなく”、”茶色い”「グリーン・ティー」が全く別物なのと同じ感覚で捉えて頂くと、わかり易いかも知れません。
日本でも、豆から挽いて淹れる「こだわりのコーヒー専門店」なるものをたまに見かけますが、まだまだ一般的ではないもの。もっと気軽に自分の時間を持ちたい・・・そんな貴方にお勧めなのが、ウィーンで挽いて貰ったコーヒー粉を持って帰ること!!!

ウィーンで有名な高級スーパーマーケット、”ユリウス・マインル”でも美味しいコーヒーがパックで売られていますが、これはあくまでも事前に挽かれて真空パッキングされたもの。今回は更に上級者向け、「街なかのコーヒー店でお好みのコーヒー豆を挽いて貰う方法」をご紹介いたします!


◆Tschibo/Eduscho(チボー/エドゥショー)
DSCN7758-a.jpg コーヒー豆を挽いてくれる店はウィーンに数多く存在しますが、著者はその中でも取り分け美味しく、気軽に入れるコーヒー・チェーン店、「Tschibo(チボー)」及び、「Eduscho(エドゥショー)」をお勧めします。(チボーもエドゥショーも昨今合併した会社で、どちらも同じ商品を取り扱っています)
ここでは店内でコーヒーとケーキが楽しめるほか、コーヒー豆は勿論のこと、家庭用品や服飾雑貨、スポーツ用品まで幅広く扱うお店です。売られているコーヒーの種類も雑貨類も、定期的に入れ替わるので、欲しいものが見つかったらすぐに買うのがポイント。


◆Schattenwald-Bohnen(シャッテンヴァルト・ボーネン)
DSCN8197-a.jpg 著者はここ、チボーで毎回違うコーヒーを買って試しているのですが、先日買ったものが予想外に美味しくて大ヒットでした!
お豆の名前は”Schattenwald-Bohnen”(シャッテンヴァルト・ボーネン/直訳で「日陰の森の豆」)。ラテンアメリカ産、自然なマイルド味、という能書きです。(左写真)
近日中にウィーンに来られる方には、是非お勧めしたい一品!
またそれ以外にも、ウィンナー・メランジェやブルーマウンテン等、常時10数種類のコーヒー豆が取り揃えられており、500gでのお値段は約5〜7ユーロ。最少で250gから購入可能です。お豆の種類により味が千差万別なので、自分の好み「強い(stark/シュターク)」、「マイルド(mild/ミルド)」、「薫り高い(aromatisch/アロマティッシュ)」等を店員さんに伝えると、最適なコーヒー豆を教えてもらえます。気に入ったものが見付からなければ、2種類以上をお好みに合わせて混ぜて貰い、自分だけのブレンドコーヒーを作ってしまいましょう。
購入時にどういう飲み方をするのか尋ねられるので、自宅のコーヒーメーカーで淹れる場合には、「フィルター」と答えて下さい。(そうするとお豆を挽いて貰えます)
こだわりをお持ちであれば、「粗い(rau/ラオ)」、「細かい(fein/ファイン)」等と挽き方を指定することもできます。
挽いて貰った瞬間から、周囲にはえも言われぬコーヒーの芳香が立ち込めます。この香りを大事に日本まで持って帰るために、購入後はすぐにジップロック等に入れて密閉保管して下さいね。


◆Milch-aufschaeumer(ミルク泡だて器)
DSCN7886-a.jpg 「自宅でどうしてもメランジェが飲みたい!」というウィーン通の方に、チボーでMelange(メランジェ)のコーヒー豆と同時にお勧めしたいのが、ミルク泡だて器(左写真)。電池も付いて、だいたい7−8ユーロで購入できます。(ただ毎月雑貨の品揃えが変わるため、売られていない月もあり)
【メランジェの作り方】ミルクを小鍋に入れて軽く温めながらこれで泡立て、ミルクフォームを作ります。淹れたてのコーヒーの上からこのミルクフォームとミルクを適宜入れ、チョコレートパウダーを振り掛けるだけで、あっという間に自宅でメランジェの出来上がり!これで自宅でも十分ウィーンの雰囲気が堪能できます。
(メランジェ=代表的なウィンナー・コーヒー。詳しくは先述の最もエレガントと称されるカフェ・ラントマンの記事をご参照下さい)

朝、出勤前にインスタント・コーヒーを急いで飲むのが主流の日本。そんな私たちの目には、カフェ文化を満喫するオーストリア人の人生は贅沢に映るかも知れません。しかしそんな慌ただしさの中においてこそ、時折ウィーンでのカフェの思い出を、お土産のコーヒーと共に思い出してみるのも良いのではないでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2010年4月 1日
« 前の記事「"ウィーン一"美味しいソーセージ・スタンド!」へ
»次の記事「復活祭とイースター兎の不思議な関係」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスのおいしい季節です
    旬の食べ物を満喫 Bärlauch
    市庁舎前の広場はいつも賑やか
    待望のウィーンリングトラム運航開始

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集