海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > セレブも羨む美肌を取り戻す!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 8日

セレブも羨む美肌を取り戻す!


セレブも羨む美肌を取り戻す!

DSCN8397-a.jpg 最近ウィーンの週刊ゴシップ誌"Seiten Blicke"を読んでビックリしたのが、"ハリウッドスター"キャメロンディアスさん(37)と"フットボール選手デイビッド・ベッカムのセレブ妻"ヴィクトリア・ベッカムさん(35)がアクネに悩んでいるというお話。
あんなにメガ・リッチで、最先端の治療を受けられそうな彼女たちがナゼ!?
と疑問に苛まれたのですが、そういえば著者にも心当たりがありました。
(左写真は2枚とも"SEITEN BLICKE" 2010年4月1日号より)

DSCN8400-a.jpg 著者は今までそれ程スキン・トラブルに悩んだことがなかったのですが、それでも昨夏から急激にアクネが増え、毎日鏡を見るたびにため息をつく日々。
甘いもの・油ものを控えめにするのはもちろん、歩く量を増やしてみたり、できるだけ睡眠をとるよう努めたり、スキンケアを変えてみたり、皮膚科に何か月も治療に通ったり、とあらゆる手だてを尽くしたのですが、憎きアクネは潜む気配を全く見せず、終いには人に会うのも億劫になってくる始末。
(因みにタバコ・お酒は嗜みませんし、アクネ案件以外のストレスも特にありませんでした)
原因不明で打つ手がなく、また接客業には清潔に見えるお肌が不可欠であるため、ほとほと困り果てていたのです。


そんな中出会ったのがこの商品!


◆La Roche-Posay EFFACLAR/ラ・ロッシュ・ポゼー、エファクラー・シリーズ
DSCN8412-a.jpg 双方ともヨーロッパでは有名なフランスの製薬会社、La Roche-Posay(ラ・ロッシュ・ポゼー)のスキンケア商品で、ウィーンでは薬局(Apotheke)でしか手に入りません。また、多くの商品にフランス、ラ・ロッシュ・ポゼ地方の温泉水を使用しているのも特徴。
写真右: EFFACLAR/Schaeumendes reinigungsgel fuer fettige, impfindliche Haut,pH 5.5,200g (フランス製)
オイリー肌、敏感肌用のニキビ対策薬用クレンザー。石鹸成分、アルコール、パラベン、色素を一切含まないという謳い文句の画期的な洗顔料。
薬剤師さんの説明によると、「顔の毛穴を開き、詰まった皮脂を取り除く作用があると同時に、その後の美容液の浸透をぐっと高めるオススメ商品!」だそうです。
著者はこれを泡立てて朝晩顔を洗っていますが、とてもマイルドな洗い心地で満足しています。

写真左: EFFACLAR/DUO, 40ml (フランス製)
洗顔後、顔全体に塗布するニキビ肌用美容液。これもパラベン・フリー。
同じく薬剤師さんによると、「もしこれでお肌のツッパリを感じるようであれば、朝か夜のどちらかだけ使用するように」とのことです。

写真下: TOLERIANE Redness Corrector Pen-Brush
アクネの赤みを消す、白みがかったグリーンのコンシーラー内蔵ブラシ。
フレグランス・フリー、保存量無添加です。できてしまったアクネやアクネ跡の赤みを消すのに補色のグリーンは持ってこい!普通のコンシーラーと違って持ちが良く、半日くらいはお化粧直ししなくても大丈夫という優れものです。


この3点セットで、著者があれだけ思い悩んだアクネが、あれよあれよという間に消えました!!!
アクネが治っても、特に上記の洗顔料がもう手放せません。
また美容液の方は、「甘いものを食べ過ぎた日」、「夜更かししてしまった日」等、"アクネ危険サイン"を感じる日に、予防対策として必ず使用するようにしています。


またこの3点以外にも、同じEFFACLARシリーズから感想肌〜重度のオイリースキン用まで、様々な肌質に応じたアクネ対策用の商品(クレンザー、化粧水、保湿クリーム等)がラインアップされているので、薬剤師さんと相談して自分に合ったものを探すと良いかと思われます。


人によってお肌や体質に合う・合わないがあるので、これで全ての方のアクネが解決するとは思えませんが、著者のように悩みに悩んでいらっしゃる方は、このシリーズにトライしてみる価値があるかも知れません。


ドイツ語で薬局のことはApotheke(アポテケ)と言い、街なかは勿論、空港(ゲート外)にも1店舗あります。ご家族でお悩みの方がいらしたら試しに、お土産に1セット買って帰られてみては如何でしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2010年4月 8日
« 前の記事「復活祭とイースター兎の不思議な関係」へ
»次の記事「ワインバーの贅沢ランチを破格で頂く」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスのおいしい季節です
    旬の食べ物を満喫 Bärlauch
    市庁舎前の広場はいつも賑やか
    待望のウィーンリングトラム運航開始

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集