海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ワインバーの贅沢ランチを破格で頂く

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月10日

ワインバーの贅沢ランチを破格で頂く


ワインバーの贅沢ランチを破格で頂く

オーストリア料理で、美味しくて、中心地からアクセスが良くて、雰囲気満点で、オーストリアン・ワインも窘めて、デザートも堪能できて、その上”お手頃”なレストランはあるかしら?


多くの方がこのような期待を胸にウィーンにいらっしゃるのではないかと思います。
しかし、ここまで贅沢な望みを叶えてくれるレストランなんて、果たして存在するのでしょうか???


実は存在します!!!!!


本当はあまり広めたくはないのですが、特別にウィーン特派員ブログ読者の皆様だけに、とっておき情報をお教えします!


◆WEIN & CO. (ヴァイン・ウント・コー)
DSCN8101-a.jpg ここはワインを販売する傍ら、昼にはランチ、夜はディナーでお得意の創作料理を振る舞う、お洒落なワインバー・レストラン。特に金曜・土曜の夜はスタンディング・テーブルですら入れないほど、超満員になってしまう、ローカルに大人気のスポットです。ロケーションもシュテファン寺院から徒歩30秒〜1分と極近(ゴクチカ)で、旅行者の皆様のアクセスはバッチリ!
店内は絶妙なライティングや、シンプル且つモダンなインテリアが印象的。スタイリッシュな空気の中でリッチなお食事を愉しむことができます。また、暖かい時期はテラス席が設けられるので、白いパラソルの下で風に吹かれながら、シュテファン寺院を酒の肴に、ワインと洒落込むことも可!(写真後方に見えるのがシュテファン寺院)

さて今回ご紹介したいのは、ここのランチ・メニュー。
月〜金の平日限定で、珍しい食材のディッシュとワインが破格で味わえてしまいます!
お値段は前菜とメイン併せてたったの9.9ユーロ!!!
お手頃で美味しくて立地も最高とあり、店内はスーツ姿のビジネスマンや、お喋りに花を咲かせるマダム達でいつもいっぱいです!

この日著者が試したのは・・・


【パン】トマトやクルミの入ったブラウンブレッド(黒パン)、3種類。
添えられたスパイス入りのオリーブオイルで頂きます。


【ワイン】オーストリアは、何といっても白ワインがお勧め!
DSCN8090-a.jpg Welschriesling(ヴェルシュ・リースリンク)とGruener Veltliner(グリューナー・ヴェルトリナー)が双璧。
辛口がお好みの方にはリースリンク、マイルドな口当たりをお望みの方にはグリューナー・ヴェルトリナーをどうぞ。ウェイターに好みを伝えてお勧めを聞くのも手ですし、併設のワインショップで自ら探し回ってオーダーするのも一興です。(グラス約3ユーロ〜)
アルコールに弱い方は、白ワインをソーダウォーターで割って飲むgespritzt(ゲシュプリッツト)、アルコール以外をご希望の方には、ミネラル・ウォーター(炭酸ガス入り)がヨーロッパの食事に良く合うのでお勧めです。勿論、無料の水道水(Leitungswasser/ライトゥングスヴァッサー)を頼んでもOK。


【スープ】Auberginen-Paprika-Suppe エルサレム産のアルティチョーク&パプリカ・スープ
DSCN8091-a.jpg エルサレム産のアルティチョークとパプリカという珍しい取り合わせの温製クリームスープ。刻みネギがトッピングされています。
流石WEIN & CO!と拍手したくなる素材のセレクションとお味でした。
前菜はスープかサラダのチョイスであることが多いので、その日の気分に合わせてお好みのものをお選び下さいね。


【メイン・フィッシュ】Gegrillter Branzino Blattspinat & Kapernbutter
ブランチーノ(魚)のグリルとホウレンソウのヴィネガー・バター風味

DSCN8092-a.jpg ブランチーノとは地中海で捕れるシーバス(ハタ科の魚)で、北部イタリアにおける名称です。
このグリルされたブランチーノと茹でたホウレンソウが、これまた絶妙なヴィネガーとバター・ソースで和えられています。カリッとした歯ごたえとも相まって、とても満足度の高い一品でした。
(スープとセットで9.9ユーロ)

【デザート】ラズベリー・ソルベとチョコレート・ケーキ、パウダーシュガー・トッピングDSCN8097-a.jpg
しっとリッチ(しっとり&リッチ)なお味のチョコレート・ケーキに、甘酸っぱいラズベリーのシャーベットが素晴らしくマッチしていました!見た目は小さいですが、食べごたえ十分のデザートです。(約3.5ユーロ)
デザートも日替わりで、ランチとは別料金ですが、お腹に余裕があれば是非トライしてみて下さいね!


【マナー】お会計とファッション
お会計はテーブルにウェイターを呼んで支払います。
チップは少額であれば、小銭を切り上げる程度でOK。
例えば、7.6ユーロ⇒8.0〜9.0ユーロ
     16.8ユーロ⇒17.5ユーロ〜18.5ユーロ
但し合計額が100ユーロ以上の場合は、10%〜を目安に、少し多めに置くのがスマート。

ここは堅苦しいレストランでは全くないのですが、それなりに着飾った人も見えますので、ハンティング帽にスニーカー等のカジュアル・ファッションよりも、少しエレガントな服装でお越し下さいね。特にディナーやワイン・バー利用の際は、多少のドレスアップはマストです!


【お土産】併設のショップでワインを買おう!
最近テロ対策で、どのエアラインでも「液体物はスーツケース、預け入れ荷物内のみ可能」となってしまったので、ワイン(特に赤)を買って帰るのは少し心配。割れたらどうしよう?
でもせっかくオーストリアまでいらしたのですし、オーストリア産のワインは日本では手に入りにくいので、1‐2本買って帰られると良い思い出になるのではないでしょうか。
お土産としても、とっても喜ばれます!

 DSCN8532-a.jpg 代表的なオーストリアン・ワインとして、
【赤】Blafraenkisch(ブラウ・フレンキッシュ):フルーツの香り高く、タンニンを多く含むストロング・テイスト。
   Zweigelt(ツヴァイゲルト):酸味が強く、フルーティーでタンニンの少ない、まろやかな口当たり
【白】Gruener Veltliner(グリューナー・ヴェルトリナー):フルーティ、フレッシュ、インテンス・ブーケ、レモンとピーチのテイストが仄かに漂います
   Welschriesling(ヴェルシュ・リースリンク):酸味の効いた、さくらんぼと杏の仄かな味わい。

が有名です。オーストリアのワインを特別にご所望の方は、ワインのキャップがオーストリアの国旗(赤‐白‐赤のストライプ)になっているので、そこで見分けられても良いかと思います。(オーストリアの国鳥、鷲のマークもちょこんと付いています)
一番美味しいオーストリアン・ワインは東オーストリアの、Burgenland(ブルゲンラント)産とSteiermark(シュタイヤマーク)産のもので、名声こそフランス・ワインに劣るものの、味は同格、もしくはそれ以上という評判もあるほどです。

オーストリア滞在中に、是非色々飲み比べて、自分のお好みを見つけて下さいね!


WEIN & CO., Wien, Stephansplatz/ヴァイン・ウンド・コー、ウィーン・シュテファンズプラッツ店
住所:Jasomirgottstrasse 3-5, 1010 Wien/ヤソミアゴット通り3−5番、ウィーン1区
(シュテファン寺院正面の小道を入って徒歩30秒)
電話: (0)1 - 535 09 16
Fax: (0)1 - 532 10 34
開店時間: 月〜土 10:00 - 02:00、日・祝 11:00 - 24:00


WEIN & CO., Wien, Naschmarkt/ヴァイン・ウンド・コー、ウィーン・ナッシュマルクト店
住所: Getreidemarkt 1, 1060 Wien/ゲトレイデマルクト 1番、ウィーン6区
(ナッシュマルクト入口、右向かいの角)
電話: (0)1 - 585 72 57
Fax: (0)1 - 585 72 57-14
開店時間: 月〜金 10:00 - 24:00、土 09:00 - 24:00、日・祝: 11:00 - 24:00


WEIN & CO., Wien Schottentor/ヴァイン・ウンド・コー、ウィーン・ショッテントーア店
住所: Dr. Karl Lueger Ring 12, 1010 Wien/ドクター・カール・リュガー・リンク 12番、ウィーン1区(リンク沿い、ウィーン大学向かい)
開店時間: 月〜土 10:00 - 01:00、日・祝 11:00 - 24:00
電話:  (0)1 - 533 85 30-12
Fax:  (0)1 - 533 85 30-10

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー
2010年4月10日
« 前の記事「セレブも羨む美肌を取り戻す!」へ
»次の記事「ウィーン発のルージュで旬の女に」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスのおいしい季節です
    旬の食べ物を満喫 Bärlauch
    市庁舎前の広場はいつも賑やか
    待望のウィーンリングトラム運航開始

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集