海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ウィーンから小旅行、花の都パリへ

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月26日

ウィーンから小旅行、花の都パリへ


メール プリント もっと見る

ウィーンから小旅行、花の都パリへ

さていつもの如く、獅子奮迅の勢いで2足の草鞋を履きつつ仕事をこなしている著者ですが、”たまには自分へのご褒美♪”ということで、1泊で花の都・パリへ小旅行に行って参りました。
日本語ではフローレンス(フィレンツェ)と並んで、パリは「花の都」と言いますが、到着した時の機内アナウンスでは、"Welcome to the city of love!"でした。言語や文化が異なれば、表現も随分と変わるものです。またParis(パリ)の語源が、ローマ人からの先住民ケルト族に対する蔑称ともとれる”Parisii(田舎者たち、乱暴者たち)”だったそうですので、現在の洗練されたパリのイメージからは非常に掛け離れています。今日では、むしろパリジャン・パリジェンヌが(著者含め)他国民に対し優越感を押し出す場面に多々遭遇するのですが、自分たちの祖先がローマ人にどう思われていたのかも、もう少し考えて頂けるとありがたいです。

◆空港到着後・TAM
飛行機がシャルル・ド・ゴール空港着陸後、著者の目を引いたのがTAM航空の機体!TAM航空と言えば、最近スターアライアンスに加わったことでニュースになっていましたが、まさかパリで初にお目に掛るとは思いもしませんでした。加えて更に著者を驚かせたのが機体にデカデカと書かれている"Orgulho de ser Brasileira"のキャッチ・フレーズ!スペイン語と酷似しているので意味がわかったのですが、直訳で「ブラジル産である誇り」!!!何と自尊心・愛国心の強い国民性なのでしょう。もしANAやJALが「日本製である誇り!」等と機体に大きく書いてしまった日には、相当な物議を醸し出すことは間違いないでしょう。そう云えばオリンピックにおいても、自国旗の柄を競技服やユニフォームに嬉々として身に纏うのは、アメリカとブラジルが著者の中では双璧でした。日本では愛国心を前面に押し出さない謙虚さが美徳なのでしょうし、愛国教育そのものが非常にセンシティブな話題で、半ば禁忌となっています。ただ海外で暮らしていると、日本ももう少し愛国教育をしても良いのではないかと思うこともあります。行き過ぎると危険でしょうし、戦争で被害を受けた人を更に傷つけてしまう恐れもあるので、非常に難しいテーマだとは思うのですが。


◆コンコルドの機体
DSCN9268-a.jpg さてその次に目に入ったのが、嘗ての栄華を感じさせる超音速旅客機・コンコルド!海の中をひらひら泳いでいるエイのように優雅なフォルムです。これを見る度にいつも、「ああ、パリに来たなぁ」と感じるので、著者の中では空港におけるエッフェル塔のようなシンボル的存在です。


◆パリのユニクロ(オペラ座前)
DSCN9156-a.jpg さて空港リムジンバスで街中まで到達し、ホテルでチェックインした後、最初に向かった先が何を隠そう、ユニクロでした!海外に住んでいると、あの低価格・高品質の普段着が恋しくなります。今回も、著者が仕事での乗務時に、制服の下に着られる着心地の良い肌着を求めて、訪れたのでした。
日本より高額なことを想定していたのですが、驚いたことに値段は日本と殆ど変わらず!日本で1000円のものが、こちらでは7.9ユーロでした。但し、ユニクロがヨーロッパ展開を始めると同時に、日本市場での価格も上げたような気がするので、ヨーロッパが安いのではなく、日本が高くなったのだというのが著者の認識です。ヒートテックなど、昨年は1000円程度だったのに、今年は1500円と5割近くも値上がりしています。パリのオペラ座前という超一等地や物価の高いモスクワでもお店をオープンしたようですので、商品の値上げも苦肉の策だったのかも知れません。またサイズもかなり違い、著者は日本では物によりS〜Mなのですが、こちらではSサイズでも結構大き目でした。
色々迷った挙句、気に入った肌着数種を大量に買い込み、大満足でユニクロを後にしました。


◆ラデュレのマカロン
DSCN9148-a.jpg 途中でプランタンに入っていたラデュレの屋台で、マカロンに遭遇!ローズ・ペタル、カラメル、カシス・ヴァイオレット味の3種を購入しました。
写真中央に、看板のようなものが見えるかと思いますが、これがマカロンのメニュー。各マカロンのフレーバーが説明されています。また、その左手に見えるのはギフト用のボックス類。こんなに可愛い箱の中に、愛らしくて美味しいマカロンがぎっしり詰まっていると想像するだけで、著者は気絶してしまいそうです!
あと、このラデュレはソフィア・コッポラ監督が映画「マリー・アントワネット」を制作した際に、カラフルなお菓子を全面的に提供していました。

◆光の殿堂、サント・シャぺル
DSCN9177-a.jpg 次に向かったのが、ノートルダム寺院のあるシテ島。但し今回の目的はノートルダムではなく、その傍に立地している「サント・シャペル」、またの名を「ゴシック建築の至宝」。
話はまた変わりますが、”ゴシック”というのがそもそも蔑称だそうで、15〜16世紀に「ルネッサンス以前の中世の様式を野蛮・粗野なものとするため」に、”ゴシック(ゴートの、ゲルマンの)”という言い方を始めたのが起源だそうです。日本まではあまり伝わって来ませんが、こちらでは未だにフランスとドイツの仲が良くないのはどうやら周知の事実のようです。この犬猿の仲は15〜16世紀には既に始まっていたということですね。それにしても、パリの語源といい、ゴシックの始まりといい、こちらでは蔑称で呼び合うのがお好きなようです。あ、でも日本にも「征夷大将軍」という夷(田舎人・東国武士)を制する職がありましたね。どこの国でもさして変わらないのかも知れません。

DSCN9180-a.jpg さて、このサント・シャぺルは1248年に聖王ルイ9世によって創設されました。何といっても見ごたえのあるのは、15枚からなる壮大で豪華絢爛なステンドグラスとバラ窓!!!このステンドグラスは世界で最も美しいと言われており、聖書の創世記からキリスト復活までの歴史が1113の場面で描かれています。
著者の訪問時には、残念ながら一部修復中だったのですが、ご覧頂くとわかる通り、修復前と後ではステンドグラスの輝き方や透明感に雲泥の差があります!(写真でバラ窓右が修復前、左が修復後)全て修復された際には、さぞや神々しいチャペルとなっていることでしょう。もう一度訪れるのが楽しみです。


◆コンシェルジュリー
DSCN9184-a.jpg そのお隣にある「コンシェルジュリー」も訪れてみました。
これはもともと、6世紀にフランク族王の初代王クロヴィスが構えた王居だったものですが、
14世紀に先述のサン・ルイ(聖王)9世の孫であるフィリップ4世端麗王がパリ議会の中心とし、14世紀末シャルル5世が王居をサン・ポル宮に移した後は、裁判所兼牢獄として扱われるようになりました。また1941年にはコンシェルジュリーは歴史建造物に認定されています。
ここでは、昔の政治犯や囚人の生活様式を再現した牢屋を見学することができるのですが、やはり代表的なものはマリー・アントワネット(元オーストリア人)が処刑前に過ごした牢獄でしょう(写真)。小さな部屋に常時2人の見張りが付いていたようで、子供2人とも引き離され、気の狂いそうな生活だったことでしょう。

DSCN9186-a.jpg マリー・アントワネットの肖像画。38歳の若さで金髪が全て白髪になってしまったと言います。
著者の夫曰く、この鼻と口の感じが「典型的なハプスブルガーの特徴」だそうです。
因みにクロワッサンはオーストリアが1683年のトルコ軍による「ウィーン包囲」を打ち破った折に、トルコの国旗にある三日月を模って作ったのが始まりとされ、それをマリー・アントワネットが嫁入りの際にフランスに持ち込んだと言われています。
写真右は、彼女が処刑前に喉を潤したとされる水差し。


DSCN9182-a.jpg コンシェルジュリーで売られていた、テンプルー騎士団(赤十字)とドイツ騎士団(黒十字)のナイト・フィギュア。ウィーン近郊にもテンプル騎士団の遺跡が沢山残っているので、またの機会に是非ご紹介したいと思っています。


◆世界一美味しい(?)マカロン、ピエール・エルメ!!!
DSCN9194-a.jpg その後立ち寄ったピエール・エルメのマカロン。日本でもリプトンのお紅茶のペットボトルに、おまけでこのマカロンがついていましたよね。(著者は熱心なコレクターでした)
今回購入したのは、ローズ、アプリコット&ピスタチオ、カラメル、ワサビ、パッションフルーツの5種類。今回の旅で色々なお店のマカロンとお菓子を試してみましたが、ここ、ピエール・エルメが食感・味・見た目・コストパフォーマンス、全て揃っていて、白眉でした!


DSCN9200-1.jpg ラズベリーを挟んだ、ローズ味の巨大なマカロンのお菓子。
本物の薔薇の花弁の上に、雫を模した飴細工までのっているなど、細部に至るまで技巧が凝らされており、乙女心が擽られます!残念ながらピエール・エルメには併設喫茶が存在しなかったので、傍らにあるサン・シュルピス教会前の公園のベンチに座って食べました。
因みにこのサン・シュルピス教会は中をローズラインが通っており、ダ・ヴィンチ・コードにも登場しています。


DSCN9201-a.jpg 通りすがりのお店で見掛けたエスカルゴ。著者も幼い頃は大好物でしたが、成長と共に中身が本物のカタツムリであると知ってしまい、以来敬遠している珍味です。


パリ滞在の一日目は、グルメ・観光共に大まかにこの様な感じでした。
オーストリアの文化や歴史を知った上で近隣のヨーロッパ諸国に出かけてみると、オーストリアとの関連性がわかったり、また違った視点から物事がみられてとても興味深いです。
また機会があればオーストリア周辺の国を訪れて、是非記事にしたいと思っています!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2010年5月26日
« 前の記事「【McCafe発!】マジパンのトルテ」へ
»次の記事「一泊旅行・パリ写真集〜グルメ編〜」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ♪6月4日はウィーンフィルの無料コンサート♪
    ウィーンでビーチ?
    Spargelzeit! アスパラガスの季節です
    オーストリアの新型(豚)インフルエンザについて

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集