海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 一泊旅行・パリ写真集〜建造物編〜

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月28日

一泊旅行・パリ写真集〜建造物編〜


一泊旅行・パリ写真集〜建造物編〜

前回のパリ写真集〜グルメ編〜に引き続き、今回訪問した(若しくは見掛けた)建造物のお写真を少しご紹介していきたいと思います。

DSCN9146-a.jpg 今回マカロンを購入したラデュレの屋台が入っていた、百貨店プランタンのファサード。以前神戸にあったプランタンや銀座のものとはまるで異なる荘厳な建物でした。

DSCN5132-a.jpg 1896円創業のパリ最大のデパート、Galeries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)。
天井のガラスドームがアールデコ調で、ここがデパートだとは信じられないほど!

DSCN5126-a.jpg ヴァンドーム広場。ココ・シャネルが暮らしたというホテル・リッツや、ブシュロン、ヴァンクリーフ&アーペルといった超高級宝飾店がぐるりと周りを取り囲んでいます。
夫が言っていたのですが、ウィーンでもどこでもこの様な高級宝飾店は超VIP(アラブの王族等)が来店を告げると、開店時間外でも店を開けて待つそうです。凄いですね!

DSCN5135-a.jpg コンコルド広場とオベリスク。マリー・アントワネットがギロチンの露と消えたのも、この広場。ところで真ん中に立つオベリスクですが、パリだけでなくニューヨークやローマ、トルコ、ロンドン等、至る所で著者は目にしました。エジプトで作られたオベリスクで現存するものは30本、そのうち13本がローマにあるのだとか。これはエジプトから各国への贈り物だったのでしょうか?それともロゼッタストーンのようにとって来ちゃったのでしょうか?非常に気になっていたところ、このパリ・コンコルド広場のオベリスクは1829年にエジプトの副王ムハマッド・アリさんからの贈り物だったと判明しました。ホッ。。。(安堵の溜息)

DSCN9158-a.jpg パリのオペラ座の一つ、オペラ・ガルニエ。建築家シャルル・ガルニエの手により1875年に完成。

DSCN9162-a.jpg 小ピラミッド、大ピラミッド、ルーブル美術館が重なって見える、お勧めスポット☆

DSCN9230-a.jpg 2日目、セーヌ河クルーズに参加した際に目にした、ノートルダム寺院の全貌。ノートルダムと言えば、ファサードがあまりにも有名なので、サイド・ビュー、バック・ビュー共に斬新でした。但しセーヌ河クルーズは焼けつくような日差しの下、航行時間よりも各スポットでの停泊時間の方が長いという有様。河岸が高くて周りの景色も建造物もあまりよく見えなかったので、特にお勧めはしません。

DSCN5213-a.jpg 著者が巨大マカロンを頬張った公園の前にある、サン・シュルピス教会内のローズ・ライン。ダ・ヴィンチ・コードファンには必見のスポットです!

DSCN9250-a.jpg 1900年(昭和天皇がお生まれになる前年です)、第5回パリ万国博覧会の際にメイン会場となった宮殿、グラン・パレ。マカロンもビックリ、巨大です!人間の大きさと比べてみて下さい!

DSCN9249-a.jpg 万博の際に展示場として作られたプティ・パレ。黄金のファサードが目を引きます。イヴ・サンローランの展示をやっていました。

DSCN9216-a.jpg オルセー美術館の建物内部の様子。天井に掘られた数多の花の模様が、限りなく豪奢で芸術的でした。この建物はやはり1900年のパリ万博の際にオルレアン鉄道のターミナルとして建築され、その後1986年からは主に印象派を中心とした絵画の美術館となりました。内部の展示品は凡そ二万点にものぼるのだとか!モネの睡蓮やルノアールの人物・風景画も吸い込まれるような美しさでしたが、著者の心を引いたのは何と言ってもゴッホの水色の自画像!(写真撮影禁止だったので掲載できないのが遺憾です)美術の教科書に載っていたものやポストカードとは迫力・美しさ共にまるで違いました!絵画も音楽も、やはり生に勝るものはありません!!!

DSCN9219-a.jpg オルセー美術館内のレストラン。味も雰囲気も最高!

DSCN9170-a.jpg ノートルダム寺院正面にある「最後の審判の門」。いいのでしょうか?死者の魂を厳格に裁くイエズス・キリストの右手に、何と鳩が長閑にとまっています!!!

DSCN5223-a.jpg ノートルダムのバラ窓。同じバラ窓でも、お隣のサント・シャぺルのものと微妙に趣が違って面白いですね。

駆け足でのご紹介だった”一泊旅行・パリ写真集〜建造物編〜”ですが、お楽しみ頂けましたらとても幸いです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2010年5月28日
« 前の記事「一泊旅行・パリ写真集〜グルメ編〜」へ
»次の記事「頭皮の乾燥対策に、このシャンプー!」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ♪6月4日はウィーンフィルの無料コンサート♪
    ウィーンでビーチ?
    Spargelzeit! アスパラガスの季節です
    オーストリアの新型(豚)インフルエンザについて

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集