海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > イチゴとルバーブ(大黄)のマフィン!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月12日

イチゴとルバーブ(大黄)のマフィン!


メール プリント もっと見る

イチゴとルバーブ(大黄)のマフィン!

昨日ミラノとコペンハーゲンへのフライトが入っていた著者は、休憩時間のおやつにしようと、空港にあるベーカリー”Stroeck"(シュトリュック)でとっても美味しそうなマフィンを購入しました。(1.05ユーロ)
外はカリカリ、中はふわふわで、トッピングはイチゴとフキのような変わった繊維質のもの
これは何だろう???

DSCN9534-a.jpg
帰って調べてみると、何とそれはタデ科のRhabarber(ドイツ語でラバーバー、日本語でルバーブ、食用大黄)だということがわかりました!写真でもうっすらとフキの茎のようなものが見えるかと思います。
原産地はシベリアですが、ここオーストリアでも栽培が進み、ラバーバーの茎の部分を甘く煮て、果物のようにジャムやパイの具に用いたりするそうです。昨日のマフィンはその一環ですね。
また日本では根茎を乾燥させて、生薬や漢方薬として使用されているようです。その場合、消炎・止血・緩下作用があるのだとか。
何れにせよ、ビックリしました!

またラバーバーの味・食感自体に独特の癖はなく、マフィンは1分でペロッと完食できるくらい美味しかったです♪
ただ著者は調子に乗り、本日も自宅近くの別のシュトリュックでこのErdbeer-Rhabarber-Vollkorn-Muffin(エアドベーア・ラバーバー・フォルコーン・マフィン/イチゴ・ルバーブ・全粒粉マフィン)を購入したところ、表面が全くカリカリでないどころか、むしろベタベタさえしている有様!!!欲張って4つも買い込んだのに、昨日ほど美味しくありませんでした。。。しゅん。。。きっとラバーバーはタデ科なだけに、蓼食う虫も好き好きできるよう、”カリカリバージョン”、”しっとりバージョン”等、多様な取り揃えがあるのでしょう。
(多分違います)
スターバックスの抹茶フラペチーノも店舗や作る人によって、非常に美味だったり、微妙に不味かったりするのと同じ具合です。前回最高に美味しかったので、あの感動をもう一度!と勢い込んで買って不味かった時の、あの失望感。皆さんも一度や二度ご経験あるのではと拝察します。

少しマフィンのネガティブな面にも触れてみましたが、それでもお値段は1個1.05ユーロとお安いですし、大黄を日本で漢方薬以外で味わえる機会もあまりなさそうですので、ウィーン街歩き中や空港で小腹がすいたときに是非、一度お味見してみて下さい!
購入できるのはStroeck(シュトリュック)という黄色い看板のパン屋さんです☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2010年6月12日
« 前の記事「垂涎!ナッシュマルクトのベトナム料理」へ
»次の記事「【ザルツブルク】ふわふわのオムレツを!」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の風物詩、ボウレはいかが
    毎年恒例のフィルムフェスティバル
    国立オペラ座ライブビュー!
    ショッピングストリート マリアヒルファー通り Neubaugasse編

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集