海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ベルヴェデーレ宮殿の接吻イベント

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月22日

ベルヴェデーレ宮殿の接吻イベント


ベルヴェデーレ宮殿の接吻イベント

嘗てウィーンをトルコ軍から救った伝説の英雄、オイゲン大公も住んだベルヴェデーレ宮殿。ここに昨日水曜の夜、3000人もの人が集まりました。
一体何故でしょう?

はてさてその真意とは、カップル同士による接吻!

DSCN9752-a.jpg


人前で接吻など日本ではとても考えられないことですが、どうやらこのイベントはレッドリボン・キャンペーンの一環だったようです。
(写真は、主に地下鉄駅構内で配布される無料紙、Wien Heute/ヴィーン・ホイテ7月22日号10頁より)


※レッドリボン:アメリカ発祥で、エイズ患者を差別したり、偏見をなくし、世界的にエイズ患者を支援する運動のシンボル。


この接吻イベントは、ベルヴェデーレ宮殿内に展示されているグスタフ・クリムトの絵画傑作「接吻」に因んだもので、先着1000名にはレッドリボン・オリジナルのタンクトップが配られたのだとか。

またこの日の午後、オーストリアの大富豪でもある厚生労働大臣のAlois Stoeger氏が、WHO(世界保健機構)のエイズ撲滅運動のために、20万ユーロ(約2240万円)の小切手を贈ったそうです。


日本でもこのような寄付・募金の習慣がもう少しできても良いのではないかと時々思います。ヨーロッパに根付いている寄付・募金の習慣はキリスト教の精神から来たものだそうで、貧しい人には持っている人が分け与える習慣があるようです。ただこの精神を逆手にとって、五体満足な状態でありながらも、自分は働かずに人から恵んでもらって生活している人がいるのも事実。寄付の習慣に限らず、福祉の富んでいる国には、残念ながら必ずこういった習慣やシステムを逆手に取る人々が少なからずいます。宗教と文化が全く違うので、単純にヨーロッパと日本の比較はできませんが、もしかすると日本の良いところは、人から施しを受けるのを潔しとしない武士道精神からなのか、地下鉄構内や街中などで物乞いを見掛けないことなのかもしれません。
しかし何れにしろ、日本の富裕層やセレブリティーはもう少し寄付活動に力を入れるともっと良いのにと個人的に思っています。


話は変わりますが、先月はベルヴェデーレ宮殿をオーストラリア出身の人気俳優、ヒュー・ジャックマンが訪れました!
新しい映画の撮影だそうで、著者もヒュー様の顔を拝みに、そしてパパラッチしに飛び出して行きたかったのですが、撮影が午前3時からという情報だったため、断念しました・・・。


Belvedere 2-a.jpg


ウィーンと言えば、マリア・テレジアやマリー・アントワネットの住んだシェーンブルン宮殿が有名ですが、今回登場したベルヴェデーレ宮殿はまた一味違う趣を持っています。中心街のカールスプラッツからも徒歩20分程度と近く、何と言ってもクリムトの超大作「接吻」をはじめ、彼のコレクションは世界最大ですので、是非訪れてみて下さいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2010年7月22日
« 前の記事「念願のBIO MARKT初入店!」へ
»次の記事「今週の風刺画」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンde大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウィーン的ビアガーデンでシュテルツェ(骨付き肉)
    ウィーン交通機関の値上げ情報
    暑〜いウィーンの涼みスポット
    ちょっと珍しい体験?セグウェイで旧市街めぐり

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集