海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ビール好きのあなたへ

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月13日

ビール好きのあなたへ


メール プリント もっと見る

ビール好きのあなたへ

9月下旬から10月頭にかけて、お隣ドイツのミュンヘンで、オクトーバーフェストなるビール祭りが毎年開催されていますが、ここオーストリアでも、ラガービール発祥の地として、美味しいビールが豊富なバリエーションで展開されています。


ビールのセレクション-a.jpg


繧ェ繝シ繧ケ繝医Μ繧「縺ァ縺ッ縺薙■繧峨繝薙繝ォ繧定牡縲⒩ゥヲ縺励◆縺ン繝シ繝ォ螂ス縺阪譁ケ縺ョ縺溘a縺ォ縲√%繧薙↑螟「縺ョ繧医≧縺ェ繧サ繝ャ繧ッ繧キ繝ァ繝ウ縺悟」イ繧峨l縺ヲ縺∪縺呻シ∵ョ句ソオ縺ェ縺後i蜈ィ縺ヲ縺後が繝シ繧ケ繝医Μ繧「逕」縺ョ繝薙繝ォ縺ィ險わけではないのですが、一部こちらのものを紹介すると、


◆Ottakringer(オッタクリンガー):1837年に生産開始。
ウィーン16区に本拠地を置く、ウィーンを代表する地ビール。アルコール含有量5.2%。非常に辛口。
またオーストリアの航空会社で搭載されているビールは、全てこのブランド。
写真では右から2番目。


◆Zwettler(ツヴェットラー):
1708年、ニーダーエステライヒ州のZwettl(ツヴェッテル)で誕生。写真では左から2番目。300年以上の歴史を誇り、記念品のビールグラスやユニークなビールの蓋等を、オフィシャルウェブサイトにて販売。http://www.zwettler.at/category/shop/300-jahre-zwettler/
(但し、発送先はオーストリア、ドイツ、スイスの3カ国のみ)


◆Gösser(ギョッサー):1860年、シュタイヤマルク州Leoben(レオーベン)発祥のビール。
アルコール含有量5.7%。今年で醸造所設立より150年の節目とあり、記念パーティーやイベント等に力を入れている模様。写真では左から5番目。


◆Schwechater(シュヴェヒャーター):1632年誕生。ウィーン市内より車で20分、ニーダーエステライヒ州のシュヴェヒャート発祥のビール。アルコール含有量5.0%。写真では一番右。
因みにウィーン国際空港はウィーン市内ではなく、このシュヴェヒャートに位置するため、ウィーン・シュヴェヒャート国際空港が正式名称。(かつての新東京国際空港が千葉県にあるような感じです)


写真中で、オーストリア産でないビールはこちら。


◆Beck's(ベックス):1873年、ドイツ北西のブレーメンで誕生。
ブランド・ローンチから1年以内に皇太子フレデリックから賞を賜り、その後も1876年にアメリカで初のインターナショナル・プライズを受賞する。2008年の統計調査によると、ドイツで第5位のビール消費量を誇る。
写真では一番左。


◆Heineken(ハイネケン):言わずと知れたオランダのビールブランド。
1873年誕生で、アルコール含有量は5.0%。写真では左から3番目。


◆Budweiser(バドワイザー):アメリカ合衆国ミズーリ州セイントルイス発祥。
Budweisとは元々、チェコ共和国のブジェヨヴィツェ市のドイツ語名で、当地でのビール醸造の歴史は12世紀にまで遡る。これとは無関係に、アメリカに渡ったドイツ系移民が、1876年に自社醸造のビールにビールの名産地であった"Budweis"の名を用いて誕生したのが濫觴。
後に、チェコ醸造所と商標権を巡った訴訟問題となる。
写真では左から4番目。


◆Desperados(デスペラードス):
1995年にフランスで誕生した、テキーラ・フレーバーのビール。アルコール含有量5.9%。
また、"Desperados"とはスペイン語で「絶望した者たち」の意。


上で紹介したもの以外にも、オーストリア産のビールはまだまだ沢山あります!例えば・・・


オーストリアのビール2-a.jpg◆Stiegler(シュティーグラー):
1492年にザルツブルク発祥のビール。
アルコール含有量4.9%。僅かに辛口テイスト。
◆Zipfer(ツィプファー):
1858年、オーバーエステライヒ州のZipferにて誕生。アルコール含有量5.0%。
◆Wieselburger Bier(ヴィーゼルブルガービア):
ニーダーエステライヒ州の大醸造所、Wieselburg(ヴィーゼルブルク)にて、1770年に誕生。
アルコール含有量5.0%。


お味についてはちょっと書き切れませんので、皆様がお口にした時のお楽しみとしておいて下さいね☆
オーストリアではホットワインやプンシュが美味しくなってくる季節ですが、ビールもまだまだ健在。
ウィンナーシュニッツェル等に合わせて、色々な銘柄のビールを心ゆくまで楽しんで下さいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2010年10月13日
« 前の記事「【マジョルカ】穴場のショッピングセンター」へ
»次の記事「あのハリウッドスターは今 ~シンディ・クロフォードとジェームズ・ボンド~」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハロウィンよりもお墓参りが大事
    無料で楽しめるオーストリア建国記念日
    すでに冬の寒さ!? 要!防寒対策
    アラーム テスト中です

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集