海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > リンツの街を歩けば3 ~リンツ城博物館への途次~

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月 8日

リンツの街を歩けば3 ~リンツ城博物館への途次~


メール プリント もっと見る

リンツの街を歩けば3 ~リンツ城博物館への途次~

さて、極甘のリンツァートルテの腹ごなしに著者は街見物に出掛けたのでした。
マロンのお菓子を横目に、新大聖堂を見物しつつ、著者が次に向かった先はSchlossmuseum(リンツ城博物館)!

これは新大聖堂からドナウ川の方まで20分程度歩く必要がありそうです。
道中のお店や建物、景色等を楽しみながらゆったり進んで行きましょう。


◆Bischofshof(ビショフスホフ/枢機卿の館)
ビショップの家-a.jpg 途中で早速印象的な彫刻の扉に遭遇。
人の身長の2倍以上はある、どっしりとした立派な木製の扉で、建物の名前は"Bishofshof"(枢機卿の屋敷・館)と言うのだそうです。
オーストリアの歴史的に重要な建造物には、2本から4本の赤白ストライプの旗が入口横に立っているのですが、この建物にも2本はためいているところをみると(写真、扉左手)、ちょっとした由緒があるようです。

旗下に説明が書いてあったので、読んでみると、
「この建造物はJakob Prandtauer(ヤコブ・プランドタウアー)の設計に依り、クレムス大聖堂に倣って1721~1726年に建立。今日では枢機卿の居住宅である」
のだそうです。
なるほど、それで安易に「枢機卿のお屋敷」なるネーミングになったのですね。


◆Linz City Express(リンツ・シティ・エクスプレス)
リンツ・シティ・エクスプレス-a.jpg

ほどなくすると、目の前を黄色い蒸気機関車風のバスが!
"リンツ・シティ・エスクスプレス"という観光バスだそうで、市内の見どころを6.5ユーロ(所要時間約25分)で回ってくれるのだとか。
そういえば、こういう文明の利器(園内移動・観光用の乗り物)を利用しなかったがために、ヴェルサイユ宮殿では真冬の庭園を5~6時間も独りで彷徨うはめになったという苦い経験が著者にはありました。
バスに乗っていれば、きっと半分以下の時間と労力で観光は終了したことでしょう。
(歩くのも情趣が味わえて良いのですけれどね)
でも今回はもうリンツ城の丘が眼前ですし、このまま引き続き目的地まで歩くことにします。


◆リンツ城への階段
リンツ城の階段-a.jpg ああ、やっぱり乗れば良かった・・・。
リンツ城へと連なる道は、未来永劫続くとも思えるような階段に次ぐ階段の連続!
フライト後の重い足に加え、極甘リンツァートルテが漬物石のように著者の胃に重くのしかかっています。もうホテルのお部屋に帰ろうかと若干弱気になりましたが、念のため、もう一度「地球の歩き方」本誌でリンツ城博物館の項目を読んでみました。
「(前略)・・・かつての皇帝フリードリヒ3世の居城。フロアごとに時代を区切って、前肢時代から中世のオーバーエスターライヒ州の発掘品や武器、工芸品、また絵画のコレクションなどが展示されている。かつての城壁跡に位置するテラスからの眺望もすばらしい」
やはり、これは行かなければ!!!


◆石段を登りきると・・・
リンツ城の門-a.jpg 満身創痍で石段を登りきったところには、"如何にもなヨーロッパのお城の風景"が著者を待ち受けていました!これは登った甲斐があるというものです。
この写真はフリードリヒ3世によるSteinwappen(石の紋章)の門。
このレリーフは15世紀後半に掘られたもので、上段から、「クローネ(冠)を頂いた帝国の紋章」を中央に、左右は「古オーストリアの盾形の紋章」と「カイザー(皇帝)のモノグラム(組み合わせ文字)」、下段はシュタイヤマルク州の紋章とオーバーエステライヒ州の紋章、それに挟まれて"AEIOU"の碑文が刻印されています。この"AEIOU"が指し示す内容とはラテン語で"Arcem extruxit in oriente versam Fridericus Romanorum Imperator"、訳すと、「東に向かってローマの皇帝フリードリヒによって建てられた城」です。
参考までに、15世紀後半と言えば、日本では戦国時代の幕開け、イングランドではヘンリー7世によるテューダー朝が始まり、他方ではイタリア人のクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した時代。広い世界では実に多様な出来事が同時進行していたのですね。


◆城壁からの景色
城壁からの景色-a.jpg 城壁から望める山の稜線も風光明媚。
リンツは歴史・文化・自然が上手い具合に融合しており、とても情緒ある街だと再認識しました。

さて次回はいよいよリンツ城博物館に入館し、中世リンツの歴史や文化との御対面です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年10月 8日
« 前の記事「「機内持ち込み」便利グッズ特集」へ
»次の記事「【ショッピングの掟】現地で役立つ・面白いものを買う」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハロウィンよりもお墓参りが大事
    無料で楽しめるオーストリア建国記念日
    すでに冬の寒さ!? 要!防寒対策
    アラーム テスト中です

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集