海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ピカソとミケランジェロ ~アルベルティーナ美術館に...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月18日

ピカソとミケランジェロ ~アルベルティーナ美術館にて~


ピカソとミケランジェロ ~アルベルティーナ美術館にて~

昨日日曜日、ホーフブルク王宮横のアルベルティーナ美術館で開催されている以下2つの展覧会に行ってきました!


ピカソパンフレットの絵-b.jpgミケランジェロ見出しの絵a.jpg


◆PICASSO: PEACE AND FREEDOM(ピカソ: 平和と自由)
   2010年9月22日~2011年1月16日まで


◆MICHELANGELO: THE DRAWINGS OF A GENIUS(ミケランジェロ: 天才のデッサン)
   2010年10月8日~2011年1月9日まで

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

お店がことごとく閉まる日曜日。加えてピクニックも屋外スポーツもできない寒空、悪天候だったことに加え、何れも天才・巨匠の絵画展覧会とあり、普段はあまり込み合わないアルベルティーナ美術館も、昨日はチケットを購入するまでに20分待ちと言う、長蛇の列が珍しくできていました。


◆ピカソの展覧会 ~平和と自由~
パブロ・ピカソ: 1881年、スペインのマラガ生まれ。1900年以降パリに活躍の舞台を移し、ジョルジュ・ブラックと共にキュビズムを開拓する。1944年から1973年に没するまでフランス共産党員であり続け、スペイン内戦(1936~1939年)以降はファシズム及び、フランコ政権と激しく対立する。彼が生涯で描いた油絵・デッサンは凡そ13500点にも及び、その他版画、挿絵、彫刻、陶器製作を含め、最も多作な美術家としてギネスブックに記録を誇る。


キュビズム: 立体派とも呼ばれ、20世紀におけるアヴァンギャルドな美術動向。人間や生物を一点ではなく、様々な角度から捕えて1枚の絵画に納める手法。フォービズムが色彩の革命であるなら、キュビズムは形態の革命であり、物体を球体・円錐・円筒等の基本的形態に分解・単純化・抽象化し、幾何学的な再構築がなされた。


今回の展覧会ではピカソ初期の作品、「青の時代」、「バラ色の時代」といった写実的なものは見当たらず、1940年代以降のキュビズムの影響が濃いアート、それも戦争や平和と言った深いテーマを描いたものを中心に展示されていました。
全部で240点にものぼる作品は、何れも政治的意味合いを持つものが多く、彼の作品に触れて行くうちに、戦争の持つ残酷さ、ピカソの平和への渇望といった強いメッセージをまざまざと体感することができます。


ピカソ鳥とウニ-b.jpgピカソ猫の絵a.jpg

左:Still Life with Owl and Three Sea Urchins - フクロウと3つの雲丹の生物画(1946年)
右:Lobster and Cat - ザリガニと猫


ピカソ ゲルニカ系-b.jpg

The Charnel House - 遺体安置所、納骨堂(1944-45年)
1944年にピカソがフランス共産党に入党以降、平和と自由のために、そして人種差別に反対して生涯闘い続けました。そして、この作品やThe Rape of Sabine Woman(サビーネの凌辱/1962年)等、近代の暗い歴史を深く反映したものが多く制作されました。


ピカソ平和と自由鳩-a.jpgThe Dove with Olive Branch - オリーブの枝を持ったハト(1961年)
ピカソは生涯ハトを愛し、妻でさえ立ち入ることのできなかったアトリエでも、ハトだけは常に飼っていました。彼は平和と希望の象徴としてハトを度々モティーフとして用い、ヨーロッパじゅうで開催された平和会議にもこのモチーフの様々なヴァリエーションを提供し続けました。
ところで大学の「モダン・アート」の講義で教わったにも関わらず、すっかり忘れていたのですが、このハトはリトグラフ技法で制作されています!リトグラフは通常の版画とは正反対の技法で、「削っていない部分に色が乗り、逆に削った部分が印刷されずに白く残る」ため、この白が大半を占めるハトの絵画はピカソが版面を削りに削った結果の作品です!
クレヨンのひと筆描きではないので、お間違いなく(笑)


展覧会はこのようにキュビズムを感じさせる生物の抽象画から始まり、次第に戦争色・問題意識の高い「ゲルニカ」的なテーマ性を感じさせる作品へと移り、最後は晩年によく描かれたディエゴ・ベラスケスのLas Meninas(ラス・メニーナス/女官たちの意)のアレンジ作品の展示で終了しています。
このPICASSO ~Peace and Freedom~は、ピカソの中~後期作品の変遷を追うことができるので、大変興味深い展覧会でした。


本当は引き続きミケランジェロの展覧会の記事も書く予定だったのですが、ピカソの記事が少し長くなってしまったので、また近々に筆を執りたいと思います!お楽しみに☆

(アルベルティーナ美術館の詳細情報は、こちら !)

br_decobanner_20101019021103.gif

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年10月18日
« 前の記事「ウィーンのオモシロ野菜とハーブティー」へ
»次の記事「ザッハトルテ戦争、どちらに軍配?」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハロウィンよりもお墓参りが大事
    無料で楽しめるオーストリア建国記念日
    すでに冬の寒さ!? 要!防寒対策
    アラーム テスト中です

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集