海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 鎧ファン熱狂!の武器庫博物館 1

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月16日

鎧ファン熱狂!の武器庫博物館 1


メール プリント もっと見る

鎧ファン熱狂!の武器庫博物館 1

グラーツ武器博物館ポスター-b.jpg随分以前のグラーツに関する記事 で、「次回は"世界一の数を誇る"と名高い州立武器博物館を紹介します!」と大見え切ったものの、未だに手つかずのレポートがありました。
整然と並んだ数々の武器と鎧の圧倒感をお伝えしたかったのですが、何分写真撮影禁止の厳然たる博物館でしたので、あの鬼気迫るコレクションの臨場感を読者の皆さんとどう共有したものかと・・・。
すっと頭を悩ませ続けていました。
ところが何と、先日ウィーンでも同様の博物館を発見してしまいました!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その博物館の名前は、"Hofjagd und Ruestkammer"(狩猟の館と武器庫)。
場所はHofburg(王宮)横にあるNeue Burg(新王宮)内で、1枚のチケット(大人12ユーロ)で併設のSammlung alter Muskinstrumente(古楽器コレクション)とEphesosmuseum(エフェソス美術館)も同時に見学することができます。


武器博物館階段-a.jpg流石に「世界最大」と謳われ、映画撮影にも武器や鎧を貸与、中世の雰囲気をそのまま留めたグラーツの武器博物館と比較すれば迫力や展示数は劣るものの、こちらは新王宮内という、血生臭い戦場とは無縁且つ、この上なく優雅なロケーションで武器や鎧を見学できるのが最大の魅力となっています。
飛び抜けるように高い天井に、美しく施された壁の装飾の数々、シャンデリア等を愛でながら、王族になった気分で歩を進めてみましょう。


◆トーナメント(馬上槍試合)用の鎧
トーナメント一人-a.jpgトーナメント一人2-a.jpg

長い階段の上で、「ようこそ!」とばかりに待ち受けていたのがこの騎士!
これは典型的なトーナメント(馬上槍試合)用の鎧で、賑やかな装束と驚くほど長い槍、衝撃軽減・保身用の丸々としたクッションを首に付けたお馬さんが特徴です。


鎧三人-a.jpgさて、ここからいよいよ武器と鎧の展示が開始します!
ロビンマスクさながらの甲冑姿のお兄さんがずらりと並んでいらっしゃいますが、
ち、ち・・・小さい!!!
噂には聞いていましたが、昔の男性はとっても背が低かったのですね!
現代日本人女性の平均身長並みです。
ヴェルサイユ宮殿やシェーンブルン宮殿に展示されている当時のベッドを見ても、如何に昔の人間が小さかったか垣間見ることができますが、こうして改めて実寸の鎧と御対面してみると、更に理解が深まります。
(あ、でも中世の貴族は夜半も臨戦態勢でいるため、武器を抱えてベッドに座って寝ていたんでしたっけ?飽食の結果、胃が圧迫されるため、上半身を起して寝ていたという話も聞いたことがありますが、それにしても現代のベッドと比べると格段にスモール・サイズです)


◆Lance Rest(ランス・レスト/槍置き)
槍置き、腕固定-a.jpg槍置き、腕固定2-b.jpg槍置き、腕固定3-b.jpg

こちらもトーナメント用の鎧。
右腕にご注目頂くとよくわかるかと思いますが、右腕が曲げられたまま固定されています。
また漏斗型の部分や、後ろに伸びたネジのようなものは、長い長い槍を固定するための器具、重い槍に対する思い遣りです。
トーナメント中に図らずも槍を落としてしまうと、その瞬間に敗北が決定してしまいますし、それ以外にも、正面から猛然と突っ込んで来る相手に対し、揺れる馬上で常に正眼に構えていられるようにとの目的もありました。


◆馬上槍試合の様子
一騎討ち-a.jpg

さてこちらが馬上槍試合(一騎打ち)の様子。
互いに遠方から駆け寄り、馳せ違うので、これはぶつかる寸前の正念場、非常に緊迫した状況だと思われます。


羊の角とバラの花-a.jpgその手に汗握る状況に水を差すようで申し訳ないのですが、左手のお兄さんの兜が実はすごいことになっています
ゴールドのヒツジさんの巻き巻き角に、バラの花三輪、極めつけに薄汚れたガーゼが上にだらりと掛けられています。
大の大人の男性がこのような代物をこれ見よがしに兜に付けるのは、イケているのかイケていないのか、格好いいのかダサいのか、可愛いのか気持ち悪いのか・・・。
判断に苦しむので、キモカワと言う見解で臨みたいと思います。


記事が長くなりそうなので、2-3回に分けて掲載しますね! <続>

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
デコバナー鎧_20101116182929.gif もし今回の記事を愉しんで読んで頂けましたら、
左の鎧アイコンのクリックにぜひご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年11月16日
« 前の記事「スワロフスキーの贈り物☆」へ
»次の記事「へんてこ兜満載!の武器庫博物館 2」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集