海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > クリムト傑作「この接吻を全世界に」2

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月19日

クリムト傑作「この接吻を全世界に」2


クリムト傑作「この接吻を全世界に」2

浮遊する精霊たち-a.jpg昨日は、日本でも大人気のウィーン代表画家によるウィーン世紀末芸術の至宝、グスタフ・クリムトの捧げるベートーベンへのオマージュ作品(ベートーベンフリーズ )について書きましたが、今回はその中の最後の場面を紹介すると同時に、クリムトが日本美術から受けた影響についても少し触れて行きたいと思います。
(写真は「浮遊する精霊たち」のアップ画)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨日辿ったベートーベン・フリーズの道程を簡単に復習しますと、
精霊と完全武装の勇者小-c.jpg
最初は「浮遊する精霊たち」から始まり、
幸福探求に赴く「完全武装の勇者」(黄金の鎧の騎士)へ、
場面2敵対する力-a.jpg場面3詩小-a.jpg

そして迫力満点のテュフォーンとゴルゴン三姉妹に代表される「敵対する力」の場面(写真上左)を経て、「詩」に癒されるシーン(写真上右)に到達したのでした。
さて本日紹介するのは、一連のベートーベン・フリーズの中で迎える感動のクライマックスシーン!


◆ベートーベン・フリーズ最後の場面

合唱と接吻のシーン-b.jpg

ここでは遂にクリムトが芸術を神格化させます。
その様子は、「芸術」を象徴する女性たち(画像左)の祝福を受け、楽園の天使たちが合唱する前で互いに抱擁し、接吻する一組の男女の図、「Diesen Kuss der ganzen Welt/この接吻を全世界に」により表現されています。
(もしかするとこの接吻画こそが後のクリムト傑作"Der Kuss"(接吻/1907-08)の基礎となったのかも知れませんね)
また別の解釈によると、「この接吻を全世界に」は、英雄が旅を終えて母親のお腹(子宮)への帰還を果たすと同時に、「真実の勝利」を意味する女性との最後の抱擁において、原点・宇宙への回帰をも表しているのだとか。(Gilles Neret著、"KLIMT"より)


そしてこの場面こそが、かの有名なベートーベンの第九の最後の合唱、
"An die Freude"(歓喜の歌)に敬意を表したオマージュ作品
なのです!


Seid umschlungen, Millionen!
Diesen Kuß der ganzen Welt!
Brüder, über'm Sternenzelt
Muß ein lieber Vater wohnen.


抱擁を受けよ、もろびとよ。
全世界の接吻を受けよ!
兄弟よ!星の輝く天蓋の上に
愛する父がおわします。
 

(渡辺譲訳 「歓喜の歌」一節)


「歓喜の歌」にはこんなに素晴らしい意味が込められていたのですね。
著者も昔、小学校の学芸会で歌った記憶がありますが、当時は無理やりカタカナで覚えたのでチンプンカンプンでした。
ドイツ語を少し解するようになって、初めて意味をなしましたよ。
こうして見てみると、とても崇高な詩ですね。さすが、「欧州の歌」に採択されるだけあります。


ところでクリムトの作品は日本美術により絶大な影響を受けたとの話をよく耳にしますが、一体どのような部分でしょうか?
今回もまた長くなってしまったので、また次回そこを追跡してみたいと思います。お楽しみに! <続>
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
デコバナークリムト別の三女性-a.gif もし本日の記事を愉しんで頂けましたら、
左の「艶やか三姉妹」のクリックにご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年11月19日
« 前の記事「クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1」へ
»次の記事「野生動物の跡を追ってみよう!」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集