海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 野生動物の跡を追ってみよう!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月20日

野生動物の跡を追ってみよう!


野生動物の跡を追ってみよう!

オーストリアはスイス国境付近やチロル地方の山岳地帯、ザルツブルク周辺のザルツカンマーグートを中心とした湖沼地帯をはじめとする、大自然が大変美しい国。
そのような素晴らしい大自然の環境において、オーストリア人の中では「夏はハイキング、冬はスキー」と、自然を存分に満喫する余暇の過ごし方が定着しています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日お部屋の整理整頓をしている際に、一冊の本が出てきました。


本の表紙-a.jpg
"Spuren und Faehrten unserer Tiere"
(動物の通った形跡と足跡)


夫が子供ころに愛読していたという古びた小さな本ながら、中を見てみると立派な図解事典。
読んでみると意外に面白かったので一部ここでご紹介しようと思います!


◆アルプスカモシカ・ノロカモシカの足跡(左)/クマ・家ネコ・オオヤマネコの足跡(右)

アルプスカモシカの足跡-a.jpg熊の足跡-a.jpg

これは何れも雪上での足跡。


◆キツネの足跡の特徴
動物の歩き方の特徴-a.jpg一番左のaが前脚の歩き方の特徴、bが後脚、そしてcは歩幅が65-80cmのケース。
cの足跡は、ゆっくり歩んでいる時(a,b)と比べるとかなり乱れたものになっています。


◆糞特集まで!
ウサギさんの糞全体-a.jpgこちらは野うさぎさんのう〇ち!
大きさは約14mm-20mmだそうです。
コロコロしていて、可愛い(笑)


◆黒キツツキの彫った木の洞

キツツキの穴全体-a.jpg日本では(少なくとも神戸では)キツツキを見掛けたことがない著者ですが、実は現在居住しているウィーンの向かいの建物にキツツキが住み着いています!!!
春になるといつも"prrrrrrrrrrrrrrrrrr!!!"という超高速ドリル音が中庭に響き渡り、「あぁ、今年もキツツキさん頑張っているなぁ」と春の到来を感じます。お陰さまで、お向かいの建物は穴だらけ・・・。それも自然をこよなく愛するオーストリアならでは許される行為なのかも知れませんね。


◆鳥の羽根と巣の種類
羽の種類全体-a.jpg鳥の巣の見分け方-a.jpg


◆野ウサギさんの巣
鳥の巣の見分け方-a.jpgウサギさんは夜行性なので、日の光のあるうちは藪の中や木の下に隠れて過ごしているそうです。また適当な隠れ場所が見つからない場合は、10-12cmほど自分で穴を掘り、巣をつくるんですって!(カワイイ!)

こんな感じで、他にも頭蓋骨の図や色々な動物の卵、木の実をかじった形跡(どの動物の歯の跡なのか割り出せる)など、実に沢山の情報が満載されていて、とても楽しみながら読み進めることのできる図鑑でした。


オーストリア人は、昔は山中で生き延びるための術として、こういった知識・情報を蓄えていたのでしょうが、今日ではこういった動物の形跡、足跡はハイキングやスキーの途中に見付けるお楽しみの一つとなっているようです。
日本からオーストリアには観光でいらっしゃる方が大半かと思われますが、もしハイキングやスキーをする機会に恵まれたなら、ぜひぜひ可愛らしい動物の跡を探索してみて下さい!
あ、でも熊さんやオオカミさんの後は追っちゃダメですよ~!?
----------------------------------------------------------------------------------------------------
デコバナー足跡-b.gif 今日の「動物の足跡特集」を気に入って頂けましたら、
左の「カワウソさんの足跡」のクリックにご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年11月20日
« 前の記事「クリムト傑作「この接吻を全世界に」2」へ
»次の記事「ウィーン王宮コンサート」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集