海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ブリューゲルのオモシロ絵画とバベルの塔

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月24日

ブリューゲルのオモシロ絵画とバベルの塔


ブリューゲルのオモシロ絵画とバベルの塔

美術史博物館正面階段-a.jpgウィーンのリンク外にある"Kunsthistorishes Museum"(美術史博物館)はパリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館と並ぶ、ヨーロッパの三大美術館の一つです。
今回は華麗な内装に加え、その中でも際立った絵画コレクションを、ヨーロッパ最大数を誇るブリューゲルの作品を中心に紹介していきたいと思います!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

まずはオランダ出身、16世紀のフランドル画家、ペーテル・ブリューゲルの作品から。


◆バベルの塔(1563年)
バベルの塔-b.jpgこれぞ有名な"Der Turmbau zu Babel"(ドイツ語で「バベルへの塔建設」)!
このテーマは旧約聖書・第11章から採られたもので、
「バビロニアの人々は天まで届く塔の建設を試みたものの、その傲慢さが神の怒りに触れ、神は人々の言葉を混乱させて意思疎通を不可能にした。そして塔建設は破綻した」というのがそのあらすじです。
2重のアーケードや2重の螺旋構造といった塔の特徴は、1553年にブリューゲルがローマ滞在した際にコロセウムから影響を受けたとされます。また螺旋状という不安定な構造や、崩れかけた外壁等が"破綻の予兆"として描きこまれているのにも注目!
余談ですが、タロットカードで最も悪いこと示す「塔」のカードは、このバベルの塔が由来との説も。


◆Der Kinderspiele/子供の遊戯(1560年)

Der Kinderspiele子供の遊び-b.jpgこちらは250人以上もの子供が遊ぶ様子を描いた「子供の遊戯」。
木片や骨、タイヤ、樽などで思い思いに遊ぶ様はとても興味深いもの。
あれ?でもよく見るとみんな大人???
ブリューゲルは単に民俗的な生活様式を記録したかったのではなく、「生活を子供の遊びと間違えないように」と大人に対する注意喚起を込めたとの説もあります。(Rose-Marie und Rainer Hagen著、"Bruegel"より)

Lulu-a.jpg
よく見ると、用を足している人も!?----------------->
梟(知恵の象徴)を捕まえようとする子供がいたり、青いマントを頭から被ったキリスト教の洗礼の儀式参列者が「嘘、自己欺瞞」を示している等、細部観察がとても楽しい絵です!


◆ブリュッセルにおけるレオポルト・ウィルヘルム大公のギャラリー(1651年ごろ)
レオポルド大公のギャラリー-a.jpgこちらも必ず美術の教科書に出てくるテニエルスの有名な絵画。
絵画の中の絵画」という技法は、後にシュールレアリズム画家のルネ・マグリットも踏襲していますが、当時としては斬新なアイディアだったことでしょう。数えてみると、50枚の絵画と5体の頭部彫刻が描かれています。
ハリー・ポッターに出てくるホグワーツに飾られている絵画のように、今にも中の人物が動きだしそうな、臨場感あふれる作品!


◆ラファエロの「草原の聖母」(1505/1506年)

著者と聖母子2-a.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ西洋絵画における3大巨匠の一人であり、聖母子像を数多く描いたことでも有名なラファエロ
(驚いたことに、ラファエロの名はオーストリア人には殆ど知られていませんが!)
ミーハーな著者も彼の作品と一緒に、一枚パチリ(笑)


◆クリムトのエジプトチックな壁画

階段とクリムト-a.jpg
美術史博物館クリムト壁画-a.jpg

向かって右が「エジプト」、左が「古代ギリシャ」で、芸術の発展するさまを表現しているのだとか。
天井壁画や大理石の柱など、豪華な室内装飾にも注目!


今日ご紹介したものはほんの一部に過ぎず、まだまだ見どころいっぱいの美術史博物館。
人生で一度は見ておきたい傑作ぞろいですので、皆さんも一度は足を運んでみて下さいね!

---------------------------------------------------------------------------------
デコバナー美術史博物館-a.gif 今日の記事は参考になりましたか?
参考になったようでしたら、左の「美術史博物館」クリックにご協力お願いします!

美術史博物館、詳細はこちら!

Kunsthistorisches Museum (KHM) /美術史博物館

行き方:路面電車(トラム)1、2、D番のBurgring(ブルクリンク)駅下車。もしくは王宮をコールマルクト通りとは反対側に、Heldenplatz(ヘルデンプラッツ/英雄広場)を抜け、リンクを越すと目の前、左手。
電話: (0)1 5252 44025
URL: http://www.khm.at/nocache/en/kunsthistorisches-museum/ (英語)
開館: 火~日曜(月曜休館)、10時~18時(木曜のみ絵画部門は21時まで)
料金: 一般10ユーロ、学生・シニア7.5ユーロ、車椅子でも見学可。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年11月24日
« 前の記事「アドベントカレンダー☆猫へのお土産」へ
»次の記事「初心者のためのクッキー作り講座 ~ウィーンより~」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集