海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > オーストリア名物、ガチョウ料理に初挑戦!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月29日

オーストリア名物、ガチョウ料理に初挑戦!


オーストリア名物、ガチョウ料理に初挑戦!

11月11日は「聖マルティンの日」と呼ばれ、この日を中心としてオーストリアでは11月にガチョウ料理を食べる習慣があります
ガチョウは得てして"脂っぽい!"との話を聞いていたので、著者は今まで食べてみたことがなかったのですが、今年遂に初挑戦してみました!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそも"聖マルティン"とは4世紀に生きた、元ローマ兵にして、後に司教となった人物。最も有名な伝説としては、


「ある雪の夜、Samarobriva(サマロブリーバ)という町の城門にて、他の兵たちと駐屯していたところ、襤褸を着た一人の乞食に出会う。彼は自分の軍服の外套を2つに裂き、半分を乞食に与えた。その夜夢の中で、乞食に与えた半分の外套をイエズス・キリストが身に纏いながら、天使たちに『このマルティンというローマ兵はまだ洗礼を受けていない。彼は私を(布で)覆ってくれた』と言った」


というもので、このエピソードから彼が慈悲深い人物であることが窺われます。
また、司教になることを拒んだマルティンがガチョウ小屋に隠れたこと、ガチョウが大声で喚いたためにマルティンが見つかってしまったこと、司教に就いた際の祝宴でガチョウ料理が出たことなどから、彼が弔われた日(11月11日)にガチョウ料理を食べるようになったのだとか。


Amons内装-a.jpgさて本題に戻り、著者はガチョウ料理を食べにオーストリア料理を振る舞うレストランへ。
金曜の夜だったせいか、夕方の5時半に行ったのに既にほぼ満席!
何とかバーコーナーに一席見付けて貰い、席につきました。


メニューを開くと、いつものトップにある"季節限定のスペシャル・メニュー・コーナー"には見開きでガチョウ料理がぎっしりと書かれていました。
 ・ガチョウ胸肉の燻製カルパッチョ
 ・ガチョウのレバー団子とカボチャの種の荒挽きのグリル
 ・ガチョウの特製クリームスープ
 ・ガチョウ鍋(といっても日本のカモ鍋のようなおつゆはなし)
 ・ガチョウのパスタ


・・・・・・迷ってしまう!
でもその中でも取り分け美味しそうなディッシュを見つけて注文。
それはこちら!!!
ガチョウ2-a.jpg紫キャベツ-a.jpg


Knusprig gebratene Martinigansl (カリカリに焼いたマルティン・ガチョウのグリル)、ジャガイモのお団子と紫キャベツ添えです!!!


食べてみたところ、カモ料理ほどのカリカリ感はなかったものの、身は全く脂っぽくなく、通常食べきるのに精いっぱいのサイズのように見えながらも、軽く完食してしまうほどの美味しさでした!添えられた紫キャベツは甘酸っぱく、メインに上手くマッチしているので、ガチョウ料理がついつい進んでしまいます。


シュタウビガー-a.jpg一緒にオーダーしたドリンクは、Staubiger(シュタウビガー/埃が舞っているもの)という、ワイン完成一歩手前の飲み物。シュタウビガーは、発酵段階としては以前紹介した「シュトゥルム」と「ワイン」の間に位置し、(記事、「葡萄発泡酒 シュトゥルムとモスト 」参照)
  葡萄ジュースモストシュトゥルムシュタウビガーワイン
の順番にワインが完成されるそうです。
主観的に比較してみると、
 ・モスト: 透明で甘く、アルコール入りの葡萄ジュース
 ・シュトゥルム: モストよりも不透明な液体で、酸味が強い
 ・シュタウビガー: 名の通り、埃が舞っているような見た目、味はほぼワイン
といった具合です。
シュタウビガーは味が殆どワインに近かったので、シュトゥルムやモストを飲んだ時の様な斬新さはなかったものの、ガチョウ料理をすっきりと食べるうえではやはり欠かせない存在でした。


ついでながら、連れが頼んだのがこちら。
牛肉-a.jpgシュペッツレ-a.jpg


ビーフのクリーム煮込み、シュペッツレ添え。
 ※シュペッツレはチロル地方の料理で、小麦粉と卵を捏ねて作ったパスタの様なもの。
味見させてもらったところ、ビーフは柔らかく煮込まれており、スパイスの利いたクリームソースも美味!シュペッツレはもちもちの食感で、これもオーストリア人には大人気のサイド・ディッシュ。


さて、メインに負けず劣らず素晴らしいのがデザート!
今回も数多くの新作デザートがひしめく中、選んだのがこちら。
シュタイラミス2-a.jpgKastanienreis-a.jpg


Steiramisu(シュタイラミス)カスタニエン・ライス
シュタイラミスとは、「シュタイヤマルク地方」と「ティラミス」をかけた造語。
マスカルポーネクリームとホワイトチョコレート、それにシュタイヤマルク地方特産の「カボチャの種オイル」とティラミス用のビスケットで作られた自家製デザートです。
カスタニエン・ライスは以前も紹介しましたが、ライス状にサーブされたマロンをホイップクリームとチョコレートのトッピングで頂くと言う、やはり秋限定の絶品デザート!
普段ならば、メインを食べた時点でお腹がはち切れそうなのですが、今回のガチョウ料理は案外あっさり目のお味でしたので、デザートまで辛うじて辿りつく余力がありました(笑)


ときどき日本食が恋しくてたまらないこともありますが、こんなに美味しいオーストリア料理が食べられるなら、ウィーン生活も全く捨てたものではありません。
また面白くて美味しい季節限定メニューにお目に掛った際には、こちらで紹介しますのでお楽しみに!
--------------------------------------------------------------------------
デコバナー藤子足跡-a.gif 今日のウィーンは雪が積もりました。
さっそく雪上を歩いた「藤子ちゃんの足跡」クリックにご協力お願いします!

人気ブログランキングへ もしくはこちら!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2010年11月29日
« 前の記事「ハート型の湯たんぽ♪」へ
»次の記事「ウィーンのペット見本市(キャット・ショー)とすごい発明品」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンっ子に大人気のグルメなフレンチカフェ
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集